ワークショップ

下記にてワークショップの事前申込を受付いたします。
今回は、ZOOMを使ったオンラインでのワークショップを開催いたします。
概要をご確認のうえ、「オンライン申込み」ボタンよりお申込みください。
なお、年会の参加登録がお済みの方を対象としております。
本年会の参加登録をお済ませのうえ、ワークショップの事前申込みを行ってください。

募集期間

募集を締め切りました

2020年9月25日(金)12:00~ 10月2日(金)17:00

10月5日(月)18:00

申込数が100名に達した時点で早期に締め切る可能性があります。

定員

60人

※申込数が100名に達した時点で早期に締め切る可能性があります。

※経験年数、地域性、志望動機を考慮し、参加者を決定いたします(先着順ではありません)。

開催日時

10月24日(土) 13:30~17:30 Web Live Workshop

※受付事前確認を行いますので、13:00より参加出来ることが条件です。

※ 参加者以外は視聴出来ません。

プログラム概要

薬物療法専門薬剤師ワークショップ
「~ジェネラリストとしての薬剤師力を磨く(2)
~実践!複合疾患を有する患者への薬学的アプローチ」

オーガナイザー・座長

望月 眞弓 (慶応義塾大学)

四方 敬介 (京都府立医科大学附属病院 薬剤部)

コーディネーター

北原 加奈之 (昭和大学病院 薬剤部)

ファシリテーター

小川  敦 (岡山大学病院 薬剤部)

門村 将太 (JCHO札幌北辰病院 薬剤部)

嘉屋 道裕 (静岡県立総合病院 薬剤部)

北原 加奈之(昭和大学病院)

楠本 将裕 (熊本市立熊本市民病院 薬剤部)

菅原 隆文 (広島市立広島市民病院 薬剤部)

鈴木 正論 (医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 薬剤部)

田中 紀章 (浜松医科大学医学部附属病院 薬剤部)

田中 雅幸 (関西医科大学附属病院 薬剤部)

中出 順也 (金沢大学附属病院 薬剤部)

宮津 大輔 (福岡徳洲会病院)

村田 龍宣 (地方独立行政法人京都市立病院機構京都市立病院)

森  智子 (名古屋大学医学部附属病院 薬剤部)

山本 晴菜 (神戸市立医療センター中央市民病院 薬剤部)

多様かつ複合的な疾患を有する患者に対応できる高度なジェネラリストの認定制度として2012年に薬物療法専門薬剤師制度が発足した。研修ガイドラインには、薬物療法専門薬剤師に求められる能力として「薬学的問題点を解決する臨床能力」、「EBMの知識・技能」、「疾患別薬物療法の知識」の3つが規定されている。「疾患別薬物療法の知識」については、薬物療法専門薬剤師集中講義が規定されているが、「薬学的問題点を解決する臨床能力」に関する学びとして体系立てられた研修会は少ない。そこで、本ワークショップでは昨年に引き続き、ジェネラリストに求められる臨床能力の修得を目的として、複合疾患を有する患者の病態把握から薬物療法の設計までの一連のプロセスを実践形式で演習する。ワークショップはスモールディスカッション形式で、ファシリテーターは薬物療法専門薬剤師である。薬物療法専門薬剤師を目指す多くの薬剤師にご参加いただきたい。

参加費

無料

参加資格

年会の参加登録をお済みの方、かつ実務経験3年以上の方

経験年数、地域性、志望動機を考慮し、参加者を決定いたします(先着順ではありません)。
また、今回は動画・録音をさせていただき、「活動記録」として使用する予定です。

ワークショップ事前申込

下記ボタンをクリックのうえ、お申し込みください。
直前のキャンセルは会の運営に支障を与えますので、必ず参加される方の登録をお願いいたします。

本件に関するお問い合わせ先

第30回日本医療薬学会年会 運営事務局

株式会社コングレ 中部支社内

E-mail:30jsphcs@congre.co.jp

TEL:052-950-3369

FAX:052-950-3370

※新型コロナウイルス感染症の感染防止対策のため、運営事務局はテレワークを実施しております。
当面の間、お問合せはEメールのみでお願いいたします。

ページトップ