大会事務局

愛知県整形外科医会
〒460-0008 名古屋市中区栄 4-14-28 愛知県医師会館内

運営事務局

株式会社コングレ 中部支社
〒460-0004 愛知県名古屋市中区新栄町2-13 栄第一生命ビルディング
FAX:052-950-3370
E-mail:33jcoa@congre.co.jp

新型コロナウイルス感染症の感染防止徹底のため、 運営事務局は、テレワークを実施しております。
当面の間、原則E-mailでお問合せいただきますようお願いいたします。

演題登録(指定)

第33回日本臨床整形外科学会学術集会における指定演題(演者指定)の登録は、本ページよりご登録いただけます。

登録セッション(指定)

本ページのセッションは指定演者となります。
公募は行っておりませんのであらかじめご了承ください。

  • 特別講演
  • 教育講演
  • 学術賞受賞講演
  • シンポジウム
  • 共催セミナー

※演題登録の際に、座長にお渡しするためのご略歴(10行程度)をご入力いただく欄がございます。

利益相反(COI)申告について

演題登録する際に、COIの「あり」「なし」について申告してください。
また、「あり」の場合には演題登録と同時期に、以下の【様式第1】を下記のCOI提出先にメール添付又は郵送で提出してください(【様式第1】の提出がない場合は、発表できませんのでご注意ください)。

共同演者の利益相反自己申告書については、筆頭演者が取りまとめて事務局へ提出してください。

利益相反管理委員会注記

令和元年10月1日から、COI指針及び規則は日本医学会のガイドラインに沿って改正されました。
特に、対象が筆頭演者だけでなく、共同演者にも拡大されていること、申告期間が1年間から3年間となりましたのでご注意ください。

一般社団法人日本臨床整形外科学会における事業活動の利益相反(COI)に関する指針(抜粋)

Ⅲ.対象者

本指針は、利益相反状態が生じる可能性がある以下の対象者に対し、適用される。

(1)本法人主催の学術集会等での筆頭演者及び共同演者(会員以外の筆頭演者及び共同演者を含む。)(以下「発表者」という。)

(2)日臨整誌、JCOA会報等に論文を投稿する者(会員以外の著者、共著者を含む。)(以下「投稿者」という。)及び診療ガイドライン関連の執筆者(非会員を含む。)

一般社団法人日本臨床整形外科学会における事業活動の利益相反に関する規則(抜粋)

(本法人が主催する講演会における発表者の自己申告書の提出)

第4条 指針Ⅲ.(1)に掲げる発表者による申告は、抄録提出時に、抄録提出時の前年から過去3年分、及び抄録提出時までを、「発表者の利益相反自己申告書」(様式第1)(以下「自己申告書様式1」という。)の提出により、行わなければならない。また、筆頭演者は、発表スライドのはじめ又はポスターの最後に、該当する利益相反の状態を様式1A又は様式1Bを参照して開示しなければならない。

  2 前項の利益相反状態の自己申告は、発表・講演を行う臨床研究に関連する営利団体等との経済的な関係に関わるものに限定する。

筆頭演者の利益相反自己申告書【様式第1】

一般社団法人日本臨床整形外科学会における事業活動の利益相反(COI)に関する指針

一般社団法人日本臨床整形外科学会における事業活動の利益相反に関する規則

JCOA利益相反QA集より(抜粋)

3)自己申告の方法

Q17 発表者が若手医師(例えば研修医)やコメディカルであっても開示が必要でしょうか?また、内容が症例報告であっても同じでしょうか?
A 必要です。開示する必要がある状況であれば、発表者や発表内容の如何にかかわらず自己申告による開示が必要です。
Q19 規則第4条第1項にある学術集会発表者の「過去3年間」の具体的な期間は?
A 抄録提出時の前年から過去3年分、及び抄録提出時までとします。
具体的には抄録提出日が2019年12月1日の場合、その前年から過去3年分及び抄録提出日までとは2016年1月1日~2019年12月1日となります。
Q20 日臨整誌に投稿論文で開示するCOI状態の期間は、いつからいつまでですか?(規則5条に関連)
A 投稿日が2019年3月10日の場合は、前年から過去3年分、つまり2016年1月1日から2019年3月10日までの間に発生した事項について自己申告してください。論文がreviseとなった場合は、投稿日の3年前の1月1日から、最終版の投稿論文を送付した日までに発生した事項について自己申告書を修正して自己申告してください。

COI提出先

日本臨床整形外科学会(JCOA)事務局

〒110-0016 東京都台東区台東4-26-8 御徒町台東ビル6階
E-mail:office@jcoa.sakura.ne.jp
FAX:03-3839-5366

また、発表の際は、下記スライドを参照のうえ、利益相反の開示をお願いいたします。

利益相反なしの場合(様式第1-A)

利益相反ありの場合(様式第1-B)

演題応募方法

インターネットでのご応募のみとなります。
演題名・演者名・所属・抄録等をオンライン登録画面よりご登録ください。

  • 演題タイトルは全角換算60文字、抄録本文は全角800文字以内となります。文字装飾に使用するタグも制限文字数に含まれ、超過の場合にはご登録ができませんのでご了承ください。
  • 抄録本文には【目的】【対象と方法】【結果】【考察】【結論】をご記入ください。
  • その際、< > や [ ] ではなく、【 】をご使用ください。
  • Microsoft Edge・Internet Explorer・Safari・Firefox・Google Chromeの最新バージョン(推奨)を使用してください。ご不明な点がございましたら運営事務局(33jcoa@congre.co.jp)までお問い合わせください。
  • 図表は登録できません。
  • 締切日間際はアクセスが集中し、演題登録に支障をきたす恐れがありますので、余裕をもって登録を行ってください。
  • ご投稿いただいた演題の内容は、確認画面で必ずご確認いただきますようお願いいたします。ご投稿いただいた内容に誤りや誤字があった場合、事務局では一切の責任を負いかねますので、ご了承ください。

※演題を登録する際に、登録IDが自動的に割り当てられます。同時に登録者本人に任意のパスワードを決めていただきます。登録IDおよびパスワードはご登録いただきました演題の確認・修正・削除に必要ですので、大切に保管してください。パスワードを紛失された場合の対応は一切できません。

※正常に登録が完了すると登録IDが自動発行されます。登録IDが画面上に表示されない場合は、演題応募が受け付けられていませんのでご注意ください。

演題登録/確認・修正・削除

※指定演題は、演者として指定された先生(指定演者)のみ登録いただけます。
本ページのセッションについては公募はございません。

指定演者以外の先生は、演題登録(公募)ページより演題をご登録ください。

演題登録

※登録後の確認・修正・削除にはパスワードが必要となります。

ご登録確認メール

演題登録完了後、確認のメールがご登録いただきましたメールアドレスに配信されます。届かない場合はメールアドレスが間違っている可能性がありますので、上のボタンからご確認いただき、間違っている場合はご自身にて、登録期間中に修正をお願いします。

登録された演題の確認・修正・削除

演題締切日時までは、ご登録いただいた演題の確認・修正・削除が可能です。
上のボタンからアクセスしてください。

発表方法

  • 口演発表はPC(パソコン)による発表のみで、一面映写となります。
  • 作成データはUSBメモリ、CD-R、PC本体持ち込みによる発表が可能です。MO、FD、ZIP等での発表はお受けできません。また、DVDやスライドプロジェクターでの発表はできませんのでご注意ください。詳細は後日発行するプログラム・抄録集でご確認ください。

個人情報保護について

演題登録にて収集いたしました個人情報は、事務局よりのお問い合わせ・ご通知、抄録集作成に使用いたします。学術集会運営目的以外に使用することはございません。登録された一切の情報は事務局にて管理いたします。

お問い合わせ先

演題登録・プログラムに関するお問い合わせ

第33回日本臨床整形外科学会学術集会 運営事務局
株式会社コングレ 中部支社
〒4600-0004 愛知県名古屋市中区新栄町2-13
FAX:052-950-3370
E-mail:33jcoa@congre.co.jp
お問い合わせ時間:土・日・祝日を除く 9:30~17:30

新型コロナウイルス感染症の感染防止徹底のため、運営事務局は、テレワークを実施しております。
当面の間、原則E-mailでお問合せいただきますようお願いいたします。

利益相反に関するお問合せ

日本臨床整形外科学会(JCOA)事務局
〒110-0016 東京都台東区台東4-26-8 御徒町台東ビル6階
E-mail:office@jcoa.sakura.ne.jp
FAX:03-3839-5366

ページトップ