■ 50周年記念事業

50周年記念講演 / 50周年記念誌 / 50周年特別展示

50周年記念講演   2月16日(木)13:35~13:55 第1会場

変革する日本臨床腎移植学会 ‐次の半世紀を目指して‐
司会:星長 清隆(藤田保健衛生大学 学長)
演者:吉村 了勇(京都府立医科大学 副学長、病院長/移植・再生外科学)

50周年記念誌

 このたび、日本臨床腎移植学会設立50周年記念誌を発刊する運びとなりました。理事会にて、吉村了勇理事長を委員長とし、副委員長に本学会の副理事長である田邉一成先生と私、委員を理事の先生方とする「50周年記念事業・特別委員会」が組織されました。本誌の発刊については、さらに「50周年記念誌刊行事業委員会」が組織され、進めてまいりました。
 1969年1月17日に京都府立医科大学第二外科の四方統男教授により開催された第一回の本学会(腎移植臨床検討会)では、演題10題、参加者数45名という規模でスタートしましたが、現在では演題も400題以上、参加者も1,200~1,600名に達し、目覚ましい発展を遂げています。
 本誌では、本学会の発足、歴代学会の足跡など本学会の歴史を振り返るとともに、現在そして未来につながるトピックスを掲載しました。本誌が本学会の未来、次の50年に示唆を与える資料として読んでいただければ編集者としてこの上ない喜びです。
 本誌は会員宛に郵送でお届けいたしますが、非会員の皆様には第50回日本臨床腎移植学会会場にて¥3,000にて販売する予定です。

日本臨床腎移植学会50周年記念誌刊行事業委員会
委員長 剣持 敬(藤田保健衛生大学医学部 移植・再生医学)

50周年特別展示   2月15日(水)~17日(金) ラウンジ(4F)

この度、日本臨床腎移植学会は2017年2月に第50回大会を迎えることとなりました。
これを記念し、これまでの大会各回に関するポスターを作成し、第50回本大会会場に展示するべく、本委員会では企画・構成に関する議論を重ね、各回の主題や開催状況に関する資料を収集し、本日ようやく皆様に御披露できる運びとなりました。
皆様方には、どうか時間をかけて、第1回から順を追って50枚のポスターをご覧いただきたいと存じます。そうすれば、きっとわが国における腎移植医療の進歩を目の当たりにすることが出来ることでしょう。収集した資料の中には大会長や学会の様子を撮った貴重な写真も多数含まれております。思い出の1枚に巡り合えれば、当時の様子を懐かしく回想していただけるのではないでしょうか。また、本委員会委員のアイデアで、当時の移植医療や時事に関するニュースを併せて載せています。懐かしい事件を思い起こせば、時代の移り変わりや本学会50回の歴史の長さを実感していただけるものと思います。
今回の展示は、若い会員の皆様にとっては、日本の腎移植医療の歩んできた道を知る、絶好の機会と存じます。先人達の苦労や困難等を伺い、それを解決するための叡智や努力、そしてそれらが新しい医療技術として具現化した成果を知ることで、これからの腎移植医療に必要な新しい医療技術や研究のヒントを見つけていただければ、本企画に加わった一員としてこれに勝る喜びはありません。
最後になりますが、資料収集等で御助力いただきました1回から50回までの主幹施設の関係者、ならびにこの企画に携わっていただきました本委員会の皆様方に心からのお礼を申し上げます。

日本臨床腎移植学会50周年特別展示企画委員会
委員長 仲谷達也(大阪市立大学 泌尿器科)