ご挨拶

道免 和久

第56回日本リハビリテーション医学会学術集会
大会長 道免 和久
(兵庫医科大学 リハビリテーション医学教室)

『すべてが学べるリハビリ医学会』〜『最先端』をテーマに開催準備中

第56回日本リハビリテーション医学会学術集会の大会長を仰せつかりました兵庫医科大学 リハビリテーション医学教室の道免和久でございます

第56回大会は、2019年6月12日(水曜日)から16日(日曜日)に、神戸コンベンションセンターでの開催を予定しており、ISPRM2019(6月9日〜13日)と並列・連続開催となります。開催テーマは『最先端リハビリテーション医学の今とこれから』(Cutting-edge Trends of Rehabilitation Medicine)として、最先端のリハビリテーション医学研究、医療技術の総結集を予定しており、ロボット・最先端リハビリテーション機器普及元年にしたいと考えております。さらに、最先端の分野は機器に限らず、再生医療、ニューロリハビリテーション、運動器疾患、チーム医療、医療制度、地域医療、災害対応、心理、パラスポーツなど多岐に渡ります。広がり続けるリハビリテーション医療の今の最先端を知り、これからの最先端を築くきっかけになれば幸いです。

また、この7月よりリハビリテーション関連専門職が本学会の会員になれる制度(専門職会員制度)が整備されたことと、ISPRM2019が並列連続開催されることを記念する特別企画として『専門職教育講演50』や『療法士の未来を切り開く合同シンポジウム』のほか、『再生医療とリハビリテーション医学』 、『リハビリテーション医学の国際化に向けて』 などの特別企画を準備しております。

プログラム全体は、あらゆる分野での最先端を意識した企画【最先端シリーズ】、教育的内容を充実させた【学べるシリーズ】、教育する方法論などをあつかう【育てるシリーズ】、関連専門職とのチーム医療や共通テーマについて議論する【繋がるシリーズ】等で構成します。

また、指定パネルセッションでは、テーマ毎に募集する一般演題について優秀演題を教育講演の直後に発表する機会を作り、その中で最優秀演題を選出する企画も考えています。

本学会会員はもちろん、すべての関連診療科の医師、関連専門職などが一同に会する『すべてを学べる日本リハビリテーション医学会学術集会』をめざして、毎日深夜まで開催準備に邁進しております。最新情報は順次このサイトなどで発表してまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。

ページトップ