ご挨拶

道免 和久

第56回日本リハビリテーション医学会学術集会
大会長 道免 和久
(兵庫医科大学リハビリテーション医学教室主任教授)

第56回日本リハビリテーション医学会学術集会開催にあたって

第56回日本リハビリテーション医学会学術集会(以下JARM2019)の大会長を拝命しております兵庫医科大学リハビリテーション医学教室の道免和久です。

JARM2019は神戸コンベンションセンターで2019年6月12日(水)から16日(日)の5日間にわたって開催されます。並列・連続開催される第13回国際リハビリテーション医学会世界会議(ISPRM2019)は、6月9日(日)から13日(木)までの開催となっており、日程が重なる12日(水)と13日(木)には、両学会の共通プログラムが企画されています。

JARM2019の開催テーマは『最先端リハビリテーション医学の今とこれから』(Cutting-edge Trends of Rehabilitation Medicine)としました。最先端のリハビリテーション医学研究、医療技術の総結集を予定しており、ロボット・最先端リハビリテーション機器普及元年にしたいと考えております。また、『最先端』の分野は、機器や再生医療に限らず、ニューロリハビリテーション、運動器リハビリテーション、チーム医療、医療制度、地域医療、災害対応、心理、パラスポーツなど、多岐にわたります。広がり続けるリハビリテーション医療の今の最先端を知り、これからの最先端を築くきっかけになれば幸いです。

すでに約1,500題の演題登録を頂戴しており、半数弱が関連専門職からの登録となっています。最先端を意識した水準の高い研究が多数発表されることと思いますので、一般口演やポスター発表でもホットな議論を期待したいと思います。なお、ISPRM2019の演題登録は約1,800題ですので、合計3,300題もの学術成果がこの1週間に発表されます。したがいまして、JARM2019だけでなくISPRM2019にも参加登録されることを強くお勧めします。

プログラム全体は、あらゆる分野での最先端を意識した企画【最先端シリーズ】、教育的内容を充実させた【学べるシリーズ】、教育の方法論などをあつかう【育てるシリーズ】、関連専門職とのチーム医療や共通テーマについて議論する【繋がるシリーズ】等で構成します。プログラム自体は12日(水)よりスタートしますが、ISPRM2019が終了する13日(木)午後より、開会式に引き続き、久保俊一理事長による基調講演『日本リハビリテーション医学会が果たすべき役割』、私の会長講演『最先端リハビリテーション医学の進むべき道』等のJARM2019単独プログラムが動き始めます。特別講演としましては、それぞれの分野の最先端を代表するリハビリテーション科医師や基礎研究の先生方20名によりご講演いただきます。また、基本から最先端まで学べる教育講演は約100講演を予定し、リハビリテーション医学とその関連領域をほぼ全てカバーするようにしました。海外招待講演はISPRMとの合同開催日を中心に17人の先生方が講演されます。

2018年7月よりリハビリテーション関連専門職が本学会の会員になれる制度(専門職会員制度)が整備されたこと、およびISPRM2019の並列・連続開催を記念する特別企画として『療法士の未来を切り開く合同シンポジウム』のほか、『再生医療とリハビリテーション医学』、『リハビリテーション医学の国際化と国際協力』などを準備しております。また、著名な専門職の研究者を中心に『専門職特別講演』や『専門職教育講演』合わせて約50講演を特別プログラムとして組み込みました。

各関連学会との合同企画として、関連する医学会、療法士協会等合わせて約30のシンポジウム等を予定しておりますので、関連する学会等に所属される方々にとってもリハビリテーション医学のトピックに触れる絶好の機会になると確信しております。合同企画の学術団体等は以下の通りです(五十音順)。大規模災害リハビリテーション支援関連団体協議会、日本運動器科学会、日本運動器理学療法学会、日本がんサポーティブケア学会、日本緩和医療学会、日本義肢装具士協会、日本義肢装具学会、日本急性期リハビリテーション医学会、日本言語聴覚士協会、日本呼吸ケア・リハビリテーション学会、日本作業療法士協会、日本集中治療医学会、日本障がい者スポーツ協会、日本静脈経腸栄養学会、日本褥瘡学会、日本神経学会、日本神経理学療法学会、日本心臓リハビリテーション学会、日本生活期リハビリテーション医学会、日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会、日本脊髄障害医学会、日本摂食嚥下リハビリテーション学会、日本ニューロリハビリテーション学会、日本脳性麻痺研究会、日本脳卒中学会、日本リウマチリハビリテーション研究会、日本理学療法士協会、日本リハビリテーション看護学会、日本リンパ浮腫学会、日本臨床整形外科学会、日本老年歯科医学会、リハビリテーション先端機器研究会。

文化講演として、著名な経済学者・森永卓郎先生に『日本経済から見た医療の動向とリハビリテーション医療への期待』と題してご講演いただきます。また、『QOLを支えるリハビリテーション医学』と題した市民公開講座では、日本のフレンチ界を代表する髙山英紀シェフによる嚥下食などを取り上げます。

このように、ISPRM2019の会期と合わせたこの1週間(2019年6月9日~16日)は、リハビリテーション医学とその関連分野の最先端が結集する充実した期間となるでしょう。サブタイトルを付けるとしますと『リハビリテーション医学~学術の祭典~』と呼んでも良いと思います。本学会会員はもちろん、すべての関連診療科の医師あるいは関連専門職など、異分野・多職種の幅広く深い交流が期待されます。皆様にとって『すべてを学べる日本リハビリテーション医学会学術集会』を目指しておりますので、1週間どっぷりと学術の祭典に浸っていただきたいと思います。

神戸は震災からの復興の街という点がまさに“rehabilitation”の理念に合致することから、ISPRM2019の開催地として選ばれた経緯があります。是非とも、JARM2019に先行して実施されますISPRM2019の両方にご参加頂き、国際交流も合わせて深めていただければ幸いです。学術以外の楽しみとして、兵庫・神戸には、ハーバーランド、異人館、相楽園、六甲山、有馬温泉、明石海峡大橋、北淡震災記念公園、淡路島、姫路城などの魅力的なスポットが満載です。グルメ系では、神戸牛はもちろん、灘の酒蔵や神戸南京町(中華街)もお楽しみいただけます。

多くの方々のご参加を心よりお待ち申し上げております。