JARM 2021

 

第58回 日本リハビリテーション医学会学術集会

The 58th Annual Meeting of the Japanese Association of Rehabilitation Medicine

田中 裕子「梅咲く頃」

活動を育む リハビリテーション医学

元紀の国 和歌山

2021年6月10日[木]~ 13日[日]

国立京都国際会館

6月10日(木)~12日(土):現地開催+Web開催
6月13日(日):Web開催
※Webのみの参加・発表も可能です。
※会期終了後、オンデマンド配信を予定(配信期間は調整中)。

会長田島 文博 和歌山県立医科大学医学部リハビリテーション医学講座

 

一般演題の募集を9月15日(火)より開始いたしました!

活動を育むためにも、様々な症例に対して施行したリハビリテーション診療を検証していくことが第一歩だと考えます。成功した症例、期待した結果が得られなかった症例、様々な症例を通じて最良の結果を得るための知見の積み重ねが「活動を育むリハビリテーション医学」の礎になると考えます。
そこで、本学術集会では症例報告を奨励し、以下のセッションを企画しています。
・チャンピオン症例報告セッション
・不本意な結果になった症例報告セッション
・権威にコメンテーターとして入っていただく相談症例セッション

もちろん権威ある学術集会ですので、発表の質を担保していただくことにはなります。
どうぞ皆様、奮ってご応募いただきますようお願い申しあげます。

※採択通知をお送りする際に、現地参加かweb参加かお伺いいたします。

新着情報

2020/11/25
一般演題募集関連専門職演題募集期間を延長しました。
2020/11/20
指定演題登録案内をアップいたしました
2020/10/6
「一般演題登録、確認・修正・削除」の一時停止のお知らせ
2020年10月24日土曜日 11:00~21:00(10時間停止予定)
理由:東京大学の定期電源設備保守作業に伴う停電
2020/9/15
一般演題募集関連専門職演題募集を開始いたしました。
2020/7/22
ホームページを公開しました。