• Contents
  • Home
  • ご挨拶
  • 開催概要
  • 演題募集
  • プログラム
  • 採択演題一覧
  • 発表者へのご案内
  • 参加者へのご案内
  • 認定講習のご案内
  • 事前参加登録
  • 宿泊案内
  • 会場・交通案内
  • リンク
AOSRA-PM 2019

日本区域麻酔学会第6回学術集会

ご挨拶

日本区域麻酔学会 第6回学術集会
The 15th Asian and Oceanic Society of Regional Anesthesia and
Pain Medicine Congress
会長 横山 正尚
(高知大学医学部 麻酔科学・集中治療医学講座 教授)

 高知市において2019年4月、The 15th Asian and Oceanic Society of Regional Anesthesia and Pain Medicine Congress (AOSRA-PM 2019)を日本区域麻酔学会第6回学術集会と合同開催させて頂きます。

 日本区域麻酔学会の会員数は1,500名を超え、学会としても黎明期から躍動期を迎えることができました。この時期にアジア・オセアニア地区の国際学会と合同開催できることは、日本区域麻酔学会の発展にとっても大きな意味を持ち、このような機会を与えて頂いたことは、大変光栄なことです。

 今回の学会のテーマは「地域、そして世界へ向けた周術期管理」といたしました。超高齢社会を迎えた地域医療における臨床を意識しながら、国際的な拡がりを持つ学際的な科学として周術期管理と絡めながらプログラムを組みます。2018年世界区域麻酔学会、米国区域麻酔学会、欧州区域麻酔学会の各会長をはじめ、区域麻酔・疼痛治療分野における国際的に著明な研究者だけでなく、麻酔科学全般におけるトップランナーを世界各国より大勢招聘いたします。また、国際学会にふさわしいオープニングセレモニーを予定し、今後の学会としての方向性を示したいと考えています。

 区域麻酔の領域は、今まさにエビデンスの集積が花開き、多くの論文が発表されています。臨床での今後の展開や最新研究にスポットを当てた教育講演、シンポジウムを充実させ、多数の参加希望があるハンズオンセミナーなどのプログラムも工夫を凝らす予定です。一般演題はポスター発表を中心とし、十分に討論ができる形で組む予定です。

 学会が開催される4月下旬の高知市は、1年のうちで最も過ごしやすい新緑の季節です。初鰹をはじめとする海の幸、そして山の幸が一気に出そろう時期となり、人気の土佐酒とともに舌鼓を打って頂ければ幸いです。高知市の郊外にも観光地は沢山あります。是非、自然の王国「土佐路」を国際学会の合間に訪ねてみてください。龍馬の故郷で皆様をお待ちしております。