第67回 日本泌尿器科学会中部総会

エンドウロロジー ハンズ・オン・コース

お申込みが定員に達しましたので締切りました。

日本泌尿器内視鏡学会会員各位

エンドウロロジー ハンズ・オン・コースのご案内

日本泌尿器内視鏡学会国際委員会
委員長 松田公志

 日本泌尿器内視鏡学会とThe Endourological Societyの共催で、下記のハンズ・オン・コースが開催されます。コースでは、TULとPNLのシミュレーショントレーニングとともに、これらの手技に関するあらゆる側面から見た技術的かつ実際的な講義も行われます。The Endourological Societyから、この分野の世界のエキスパートであるDr. John Denstedtが講師として来日しますが、同時に、わが国が誇るエキスパートの4人の先生方が講師として、講義およびハンズ・オン・コースのインストラクターを担当します。Dr. Denstedt以外の講義は日本語で行われます。
 このハンズ・オン・コースは、The Endourological SocietyのGlobal Educational Initiativeの一貫として開催されるもので、参加料は25,000円(225USD)ですが、日本泌尿器内視鏡学会から15,000円の支援があり、先生方のご負担はおひとり90USD(約10,000円)です。多数の先生方のお申し込みをお待ちします。
 なお、第67回日本泌尿器科学会中部総会は、本ハンズ・オン・コースと日程が近く、一部協力をしていることから、ハンズ・オン・ コースについて本Websiteでもお知らせしています。


エンドウロロジー ハンズ・オン・コース イン 大阪

1. 期日

2017年11月23日午前8時~24日午後4時15分

2. 場所

千里ライフサイエンスセンター 701号室、801-2号室
〒560-0082 大阪府豊中市新千里東町1丁目4-2
TEL:06-4706-1006

3. コース内容

TULおよびPNL、講義とハンズ・オン・トレーニング

4. 講師

Dr. John Denstedt(Western University, Canada)
三浦浩康先生(八戸平和病院)
濱本周造先生(名古屋市立大学)
岡田真介先生(行徳総合病院)
井上貴昭先生(関西医科大学)

5. 内容の詳細

<23日>
・尿路結石症のわが国における疫学
・再発尿路結石症の病因診断
・尿路結石再発予防法
・TULの適応、機器
・放射線被爆予防
・内視鏡損傷予防法
・軟性および硬性尿管鏡操作法
・TULの合併症
・TULのハンズ・オン・コース

<24日>
・PNLとECIRSの適応
・出血しない腎瘻作成法
・PNLの実施法
・珊瑚状結石対処法
・腎杯憩室結石治療法
・PNLとECIRSの合併症
・PNLのハンズ・オン・コース

6. 定員

25名(先着順)

7. 参加資格

日本泌尿器内視鏡学会会員であること

8. 参加費

90USD(約10,000円)個人負担、不足の15,000円をJSEから補助

9. 共催

Cook Medical Co., Ltd、オリンパス株式会社

10. 申し込み:Endourological SocietyのWebsite

(http://endourology.courses/registration-4).から申し込んでください。日本泌尿器内視鏡学会の会員番号が必要です。

11. 申し込み受付期間

8月7日から9月7日まで(定員になりましたら締め切ります。)  定員に達しましたので締切りました。

Endourological ScietyのRegistration siteのOpen日時は確定していませんので、適宜確認してください

12. その他

(1)宿泊及び交通費は自己負担となります。各々個人でご手配ください。
(2)The Endourological Societyから修了証書が発行されます。