フォーサム2017大阪 2017年7月14日(金)~16日(日) 大阪国際会議場

演題募集

演題募集期間:

指定演題(一般演題以外)は、こちらよりご登録ください。一般演題募集を締め切りました。
多数ご応募いただき、ありがとうございました。

1. 発表形式

演題の採否および区分、発表形式については各学会長にご一任ください。プログラムの都合上、お申し込みと異なる区分で発表していただくこともありますので、予めご了承ください。

■  講演区分について
デジタルプレゼンテーションもしくはポスターセッションでの発表となります。スライド、ビデオでの発表はありません。
※登録の際には、応募学会名を選択してください。
一般講演の合同セッションについて
今年度も、講演内容がまたがる演題があった場合は、合同一般講演セッションとして、4学会それぞれの組合せによる合同セッションを設ける予定です。お申し込みいただいた一般講演は、合同一般講演としてご発表いただく可能性がありますので、予めご承知おきください。

2. 応募方法

インターネットによるオンラインでの受付のみとさせていただきます。
本ページ下部の「登録画面はこちら」のリンクボタンよりお進みください。

3. 発表資格

会則により、筆頭演者は、発表時にそれぞれの学会の会員であることを原則とします。
未入会の方は、入会手続きをしてください。
<入会に関する問い合わせ先>
●  日本眼感染症学会事務局
〒567-0047 大阪府茨木市美穂ケ丘3-6-302
TEL:072-623-7878 FAX:072-623-6060
E-mail:folia@hcn.zaq.ne.jp
  ●  日本コンタクトレンズ学会事務局
〒567-0047 大阪府茨木市美穂ケ丘3-6-302
TEL:072-623-7878 FAX:072-623-6060
E-mail:contact@rose.zaq.jp
日本眼炎症学会事務局
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-4-7
スタッフルームタケムラ(有)内
TEL:03-5287-3801 FAX:03-5287-3802
E-mail:jois_sec@staffroom.jp
  日本涙道・涙液学会事務局
〒530-0001 大阪市北区梅田3-3-10
梅田ダイビル4階
(株)JTBコミュニケーションデザイン
ミーティング&コンベンション事業部内
TEL:06-6348-1391 FAX:06-6456-4105
E-mai:lacrimal-tear@jtbcom.co.jp

4. <オンライン>演題登録の流れ

(1) 登録番号とパスワード

最初に演題を登録する際に、任意のパスワードを設定していただきます。
このパスワードと登録の際に自動的に発行される登録番号がなければ、演題の確認・修正・削除はできません。この登録番号とパスワードは忘れないように管理いただきますようお願いいたします。
パスワードと登録番号は、必ず書き留めるか、その画面をプリントアウトして保存することをお勧めします。
なお、パスワードと登録番号の記録及び機密保持は、登録者ご本人に依存します。
パスワードに関するお問い合わせには、セキュリティの関係からお答えできませんのでご了承ください。

(2) ご注意
(1) 使用ブラウザについて
Internet Explorer、Netscape、Safari [ver.2.0.3(417.9.2)以降]、FireFoxにて動作確認を行っております。それ以外のブラウザはご利用にならないようお願いいたします。
(2) 通信方法について
暗号通信をお勧めします。平文通信では、オンライン登録の登録番号やパスワードが、インターネット上をそのまま流れ、思わぬ事態を招く恐れがありますので、セキュリティ面から暗号通信を強くお勧めします。なお、暗号通信が使えない場合は、平文通信でも登録可能です。
(3) 早めの登録について
締め切り当日はアクセスが集中し、登録に支障をきたす恐れが考えられますので、余裕を持って登録を行ってください。
(4) 内容の確認について
登録ボタンを押す前に、必ず内容に間違いがないか確認してください。

(3) 演題の確認・修正・削除
演題登録締切日までは、ホームページの演題登録画面より何度でも一度登録した演題を、確認・修正・削除することが可能です。

◆登録演題の修正と削除
(1) ホームページの演題登録画面の「確認・修正」ボタンをクリックしてください。
(2) 登録番号(初回登録時に発行されたもの)と、パスワード(ご自身で入力されたもの)を入力してください。
(3) 画面上で修正し、最後に更新ボタンをクリックして下さい。これで修正は完了です。
※修正は必ず上記の方法で行ってください。重複登録は出来ません。
(4) 削除も同様の方法で可能ですが、一旦削除しますと元には戻りませんので、「修正・削除」のボタンの押し間違いには、くれぐれもご注意ください。

5. 演題受領通知

(1) 演題登録時に入力されたE-mailアドレスに受領通知が届きます。または、ホームページの演題登録「確認・修正」画面にて登録番号、パスワードを入力の上ご確認ください。郵送文書での改めてのご案内は致しませんので、予めご承知おきください。
(2) 受領通知が届かない場合
登録完了時、画面に登録番号が表示されない場合や、登録完了より1日経過しても受領メールがお手元に届かない場合は、登録が完了していない可能性がございます。受領通知メールが届かない場合、必ず演題申込締切日までに以下のアドレスまでメールにて登録の有無をご確認ください。
<E-mail:fs2017@congre.co.jp

6. 演題採否

演題の採否・発表日時通知は、2017年5月中(予定)にE-mailにてご連絡いたします。
発表形式は会長に一任ください。

7. 抄録原稿作成要領

(1) 抄録は、未発表のものに限ります。
(2) セッションを選択してください。

「セッション選択」
1-1-1.一般演題_眼感染症
1-2-1.一般演題_眼炎症
1-3-1.一般演題_コンタクトレンズ
1-4-1.一般演題_涙道涙液

(3) 希望の「応募区分」を選択してください。

第54回日本眼感染症学会
①対象分類
01-01-01:細菌 01-01-02:ウイルス 01-01-03:真菌・アメーバ
01-01-04:耐性変異 01-01-05:その他
②診療分類
01-02-01:診断・治療 01-02-02:病態・基礎研究
01-02-03:滅菌・消毒 01-02-04:その他
※対象分類と診療分類のいずれも1つずつ選択してください。

第51回日本眼炎症学会
02-01:角結膜  02-02:強膜  02-03:感染性内眼炎  02-04:非感染性内眼炎
02-05:網膜・硝子体  02-06:基礎実験  02-07:疫学・統計  02-08:病理・診断
02-09:治療・薬物  02-10:その他

第60回日本コンタクトレンズ学会総会
03-01:ハード系CLのデザイン・素材 03-02:ソフト系CLのデザイン・素材
03-03:カラー CL 03-04:乱視用CL 03-05:老視用CL 03-06:オルソケラトロジー
03-07:消毒・ケア 03-08:角膜形状・視機能 03-09:CLと点眼薬
03-10:CLと涙液・アレルギー・感染 03-11:CLの治験・臨床統計
03-12:その他(CL関連)

第6回日本涙道・涙液学会総会
04-01:疫学・統計  04-02:検査・診断  04-03:病理・解剖  04-04:視機能
04-05:涙液  04-06:DCR  04-07:涙管チューブ挿入術  04-08:治療
04-09:小児  04-10:腫瘍  04-11:その他

(4) 共同著者は最大8名(筆頭著者を除く)、所属機関は最大5施設(筆頭著者の所属を含む)としてください。
 著者の所属略号は、略号表「眼科関係所属略語一覧」 をご参照ください。略語一覧に記載のない診療、研究機関は略号一覧に準じ、10文字以内で簡略化してください。
※所属機関が複数にまたがる場合は、所属機関名に入力の上、該当する番号のチェックボックスに必ずチェックしてください。
(5) 演題名は、全角40字以内で簡潔にまとめて作成してください。
(6) ショートタイトル用の演題名は全角15字以内としてください。
(7) 抄録本文は全角600字以内とし、【目的】、【方法】、【結果】、【結論】の順に必ず、項目を立てて記述してください。症例報告、手技や器具の創案改良などに関しても項目名を適宜変更して(例えば症例報告なら緒言、症例、考察、必要なら結論)記載してください。
(8) 方法、結果などは具体的に記述してください。数値で示せるものは数値化し、統計解析が可能であれば行ってください。
(9) 結論や考按は記載した結果に即したものにしてください。
(10) 菌を学名で記載する場合はイタリック体で書いてください。
例)Staphylococcus aureus 、S.epidermidis 、Corynebacterium spp.
(11) 略語は原則として使用できません。但し、演題名及び本文中に3箇所以上記載する場合に限り使用できます。略語を使用する場合は、pars plana vitrectomy(PPV)のように初出の時に元語(略語)を記載してください。なお、演題名およびショートタイトルに使用すると制限字数を超える場合、初出であっても略語を使用することができますが、必ず本文初出時に元語(略語)を記載してください。
付記
本文は「である」体を使ってください。
学術論文に不適切な接頭語(例えば御遺体)あるいは接尾語(例えば様や先生)など、無意味な修辞はさけてください。
「検討する予定である」「~について述べる」などの予告編調のものは不採用の対象になります。
結果に記載されていない内容を結論に記述しないでください。
「更なる検討が必要である」のような結論は、意味ある文脈中でない限り避けてください。
(12) 一般演題の方は略歴・顔写真の登録は不要です。

8. 利益相反について

今回の学会発表の内容に関する利益相反の有無につき、記載してください。
また、発表時にはスライド(2枚目)にて開示していただきます。
ポスター発表の場合も、発表ポスターとともに掲示していただきます。
なお、利益相反の詳細は、日本眼科学会ホームページを参照してください。

9. 個人情報の取扱いについて

本学会の演題登録の際にお預かりいたしました内容は、事務局からのお問合せやプログラム・講演抄録集及びホームページに掲載することを目的として利用いたします。他の目的には使用いたしません。

10. 演題登録に関するお問合せ

フォーサム2017大阪 運営事務局
株式会社コングレ内
TEL:06-6229-2561  FAX:06-6229-2556
E-mail:fs2017@congre.co.jp
演題登録

下記演題登録ボタンより演題登録ページへお進みいただき、演題登録を行ってください。
※演題登録は、ホームページからの登録のみとさせていただきます。

【暗号通信(推奨)】

新規登録(暗号通信[推奨])  確認・修正(暗号通信[推奨])

上記応募サイトは、セキュリティの確保のために暗号化技術を利用しております。下のボタン(平文通信)は、暗号通信が使えない場合(施設やプロバイダーの設定に問題があるか、ブラウザが古い)に限ってご利用ください。

【平文通信】

新規登録(平文通信)  確認・修正(平文通信)