ハッピーマンマって何?

HOME

こころの詩受賞作品
選考の結果、受賞作品が決定いたしました。
皆様方よりたくさんの作品のご応募をいただき、
誠にありがとうございました。
心より感謝申し上げます。
 
2016年ハッピーマンマこころの詩大賞
「卒寿の母 がん退治して 15年」
実名:住野 次郎・男性 70歳
2016年ハッピーマンマこころの詩優秀賞
「がん告知 十年日記 書き始め」
ペンネーム:きなこ・女性 65歳
ジュニア部門大賞
「心温まる 声を 届けたい」
ペンネーム:ゆき・女性 17歳
ジュニア部門優秀賞
「こほろぎや靴をそろへて癌かすか」
実名:才守 有紀・女性 17歳
男性部門大賞
「がん病める妻労われば鳥渡る」
ペンネーム:岩田 遊泉・男性 72歳
男性部門優秀賞
「直腸を 切ってねぎらう 汚れ役」
実名:鈴木 賢治・男性 61歳
ピンクリボン賞(3作品)
「三人の 赤児が吸った この乳房
  よくがんばったね 別れを告ぐる」
ペンネーム:川本 綾乃・女性 45歳
「今日消えぬ傷とて明日は桜舞う」
実名:善本 智有・女性 22歳
その他の応募作品(31作品)
 
「でくっしっこ」乳がんりかんし無理はせず
わからない 病は気からと 言われるが強気に
なれば 治るものかな
大丈夫 その一言で 生きられる
辛くても 笑顔を絶やさぬ 母の顔
人相が変わり心は変わらない
早目のね 癌治療が 一番だ
胸痛む 闘う覚悟 死ぬ覚悟 後悔しない
日々送りたい
がん友と一喜一憂共にある
ガンだよと.言われて知って.妻涙
連れてって 独りになるの 慣れてない
病窓の開け来る風の涼しさよ
日記帳 義父のベッドに 差し入れる
心に栄養、薬よりも、良く効くよ
がんになり小さな愛に気づく日々
好物を 胃もたれ理由に 勧められ

何気なく 今日の出来事 語り合う
あきらめず 生き抜く姿 たたえたい
がん告知テレビドラマと大違い
これ癌よ!いつまで居るんだ別れよう
吾が癌は内視で削り退治せり
がん取りて輝き始めた我が命
涙より 与えてくれた 試練の絆
夏木立ガンと闘う父静か
手術受く妻に持たせし薬師札
癌の子へ 「ハグ」のなかりし 戦時なり
大丈夫 笑顔振りまき 今日も生く
余命聞く白骨の湯へ夫婦旅
99% ダメながんから 生き還る
憎んでも 足りないがんが 無二の友
負けはせぬ俺が死ぬ時やガンも死ぬ
癌だけど 家族の絆 深くなる