プログラム・日程表

会長講演

10月23日(金)12:45~13:05 第1会場

座長:杉山  肇(神奈川リハビリテーション病院)

「COVID-19 時代における股関節手術」

演者:湏藤 啓広(三重大学整形外科)

特別講演

10月23日(金)15:40~16:40 第2会場

座長:湏藤 啓広(三重大学整形外科)

「股関節外科医に必要なリハビリテーション医学の基本」

演者:久保 俊一(日本リハビリテーション医学会)

招待講演

招待講演1

10月23日(金)10:10~11:10 第2会場

座長:菅野 伸彦(大阪大学大学院医学研究科運動器医工学治療学)

「Anterior Approach Hip Resurfacing: Best of both of Worlds?」

演者:PaulE. Beaule(University of Ottawa and The Ottawa Hospital)

招待講演2

10月24日(土)13:20~14:20 第2会場

座長:山本 謙吾(東京医科大学整形外科)

「Using nitrogen surface chemistry to design self-disinfecting and self-healing artificial hip joints」

演者:Giuseppe Pezzotti(Ceramic Physics Laboratory, Kyoto Institute of Technology)

招待講演3 ※ビデオ講演

10月24日(土)8:30~9:30 第4会場

「20-year Experience of MIS-Total Hip Arthroplasty」

演者:Taek Rim Yoon(Dept. of Orthopedic Surgery, Chonnam National University Bitgoeul Hospital)

教育研修講演

教育研修講演1

10月23日(金)8:30~9:30 第4会場

「骨切り術」

座長:山本 卓明(福岡大学医学部整形外科)

「Chiari骨盤骨切り術の適応と術式コンセプトの考え方」

演者:大川 孝浩(久留米大学医療センター整形外科・関節外科センター)

「寛骨臼移動術の実際」

演者:馬渡 正明(佐賀大学医学部整形外科)

教育研修講演2

10月23日(金)10:00~11:00 第4会場

「股関節疾患の診断・治療」

座長:安永 裕司(広島県立障害者リハビリテーションセンター)

「股関節疾患の画像診断の基礎」

演者:帖佐 悦男(宮崎大学医学部整形外科)

「股関節疾患の治療における診療ガイドラインの活用」

演者:上島圭一郎(京都地域医療学際研究所がくさい病院整形外科)

教育研修講演3

10月23日(金)13:50~14:50 第4会場

「THA の機種選択」

座長:伊藤  浩(旭川医科大学整形外科学講座)

「人工股関節機種選択の要点」

演者:川手 健次(奈良県総合リハビリテーションセンター整形外科)

「人工股関節におけるセメントレス・ステムのコンセプト」

演者:中村 琢哉(富山県立中央病院整形外科)

教育研修講演4

10月24日(土)10:10~11:10 第4会場

「THA 術後合併症対策」

座長:山田 治基(日進おりど病院整形外科)

「材料学から考えるTHA術後合併症対策」

演者:山本 謙吾(東京医科大学整形外科)

「骨代謝学から考えるTHA術後合併症対策」

演者:斎藤  充(東京慈恵会医科大学整形外科学講座)

教育研修講演5

10月24日(土)13:30~14:30 第4会場

「股関節症・鏡視下手術」

座長:加谷 光規(足立外科・整形外科クリニック)

「股関節症と骨形態異常」

演者:神野 哲也(獨協医科大学埼玉医療センター第二整形外科)

「Humanityにより発展してきた股関節鏡視下手術と今後の展望」

演者:内田 宗志(産業医科大学若松病院整形外科)

教育研修講演6

10月24日(土)15:10~16:10 第4会場

「医療AI」

座長:加畑 多文(金沢大学大学院医薬保健学総合研究科整形外科)

「医療AIの現状と股関節外科」

演者:高尾  正樹(大阪大学大学院医学系研究科器官制御外科学整形外科学)

シンポジウム

シンポジウム1

10月23日(金)8:30~9:45 第1会場

「股関節疾患のリハビリテーション診療」

座長:久保 俊一(日本リハビリテーション医学会)
高平 尚伸(北里大学医療衛生学部リハビリテーション学科)

「股関節外科医がしっておくべきリハビリテーション医学・医療の概要」

演者:上島圭一郎(京都地域医療学際研究所がくさい病院整形外科)

「THA、骨切り術後のリハビリテーション診療の要点」

演者:神野 哲也(獨協医大埼玉医療センター第二整形外科)

「FAIに対するリハビリテーション診療の要点」

演者:加谷 光規(足立外科・整形外科クリニック)

「THA術後のスポーツ活動の現状と課題」

演者:高尾 正樹(大阪大学大学院医学系研究科器官制御外科学整形外科学)

シンポジウム2

10月23日(金)9:55~11:10 第1会場

「大腿骨近位部骨折の予防と治療における新たな知見と進歩を目指して」

座長:澤口  毅(新百合ヶ丘総合病院外傷再建センター骨盤・関節再建部)
稲葉  裕(横浜市立大学医学部整形外科)

「大腿骨近位部骨折回避のための転倒予防の重要性と具体策
-サルコペニアとフレイルからのアプローチを含む-」

演者:高田信二郎(国立病院機構徳島病院総合リハセンター・ロボットリハセンター)

「大腿骨近位部の骨強度評価」

演者:千葉  恒(長崎大学医歯薬学総合研究科整形外科)

「人生百年時代の大腿骨近位部骨折予防を目指した骨粗鬆症治療」

演者:萩野  浩(鳥取大学医学部保健学科)

「二次骨折の重要性と骨粗鬆症リエゾンサービス」

演者:石橋 英明(医療法人社団愛友会伊奈病院整形外科)

シンポジウム3

10月23日(金)13:50~15:20 第1会場

「股関節超音波診断の実際と有用性(新生児から成人まで)」

座長:大谷 卓也(東京慈恵会医科大学附属第三病院整形外科)
藤原 憲太(土居整形外科)

「新生児・乳児股関節における超音波診断の実際(Graf法)」

演者:青木  清(旭川荘療育・医療センター整形外科)

「乳児股関節検診における超音波診断の有用性(新潟市の取り組み)」

演者:村上 玲子(新潟大学大学院医歯学総合研究科機能再建医学講座 整形外科学分野)

「超音波診断を利用した学童寛骨臼形成不全スクリーニングの試み」

演者:星野弘太郎(西部島根医療福祉センター整形外科)

「成人の股関節外来診療における超音波利用」

演者:渡邉  信(医療法人愛仁会亀田第一病院)

「FAIなど成人股関節疾患に対する超音波診断の有用性」

演者:渡邊 宣之(公立陶生病院整形外科)

シンポジウム4

10月23日(金)15:25~16:55 第1会場

「ペルテス病-疾患の基礎知識と最新の治療法-」

座長:金  郁喆(宇治武田病院小児運動器・イリザロフセンター)
稲葉  裕(横浜市立大学医学部整形外科)

「ペルテス病における最近の疫学と病態」

演者:岡  佳伸(京都府立医科大学大学院医学研究科運動器機能再生外科学小児整形外科学部門)

「診断と病期分類」

演者:伊藤 順一(心身障害児総合医療療育センター整肢療護園整形外科)

「ペルテス病の保存治療」

演者:中村 直行(神奈川県立こども医療センター整形外科)

「ペルテス病に対する手術療法」

演者:金子 浩史(あいち小児保健医療総合センター整形外科)

「ペルテス病に対するインターロイキン6を標的とした骨免疫学からの新規治療戦略」

演者:神谷 宣広(天理大学大学院スポーツ医学)

シンポジウム5

10月23日(金)17:00~18:30 第1会場

「大腿骨頸部骨折に対する最新の医療」

座長:帖佐 悦男(宮崎大学医学部整形外科)
渡部 欣忍(帝京大学医学部附属病院整形外科)

「大腿骨頸部骨折に対する内固定材の選択」

演者:正田 悦朗(兵庫県立西宮病院整形外科/四肢外傷センター)

「大腿骨頚部骨折骨接合術 -整復手技のポイント-」

演者:野々宮廣章(日本赤十字社静岡赤十字病院)

「大腿骨頚部骨折に対する人工股関節置換術」

演者:馬場 智規(順天堂大学医学部整形外科)

「合併症対策」

演者:塩田 直史(国立病院機構岡山医療センター整形外科・リハビリテーション科)

「大腿骨頸部/転子部骨折診療ガイドライン第3版-第6章大腿骨頸部骨折-」

演者:井上 尚美(医療法人徳洲会仙台徳洲会病院整形外科)

シンポジウム6

10月24日(土)8:30~9:45 第1会場

「Hip-spine syndrome 治療の効率性をもとめて」

座長:園畑 素樹(佐賀大学医学部付属病院整形外科)

「股関節を中心とした三次元アライメント Hip-Spine-Knee」

演者:宮城 正行(北里大学医学部整形外科学)

「変形性股関節症患者の腰(下肢)痛」

演者:森本 忠嗣(佐賀大学医学部整形外科)

「成人脊柱変形矯正固定術後のTHA脱臼リスク評価」

演者:西山 大介(和歌山県立医科大学整形外科学講座)

「3次元筋骨格モデルを用いたHip-Spine syndromeの病態解析の現状と課題」

演者:三浦 隆徳(市立角館総合病院整形外科)

シンポジウム7

10月24日(土)10:10~11:25 第1会場

「股関節周囲の骨・軟部腫瘍に対する手術治療」

座長:山本 憲男(金沢大学附属病院整形外科)
矢澤 康男(埼玉医科大学国際医療センター骨軟部組織腫瘍科・整形外科)

「股関節外科医にぜひ知ってほしい腫瘍用人工関節の手術手技と術後機能」

演者:筑紫  聡(愛知県がんセンター整形外科)

「骨盤腫瘍の治療成績 ―当科に於ける小経験―」

演者:富田 雅人(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科整形外科)

「大腿骨骨頭に生じた腫瘍の治療」

演者:綿貫 宗則(東北大学大学院医学系研究科医科学専攻外科病態学講座整形外科学分野)

「股関節周囲の骨軟部腫瘍切除後の機能予後 -その意義を再考する-」

演者:中谷 文彦(国立がん研究センター中央病院骨軟部腫瘍・リハビリテーション科)

シンポジウム8

10月24日(土)13:20~14:35 第1会場

「大腿骨頭すべり症-診断と治療の基礎知識-」

座長:大谷 卓也(東京慈恵会医科大学附属第三病院整形外科)
小林 大介(兵庫県立こども病院整形外科)

「大腿骨頭すべり症 -疫学と病態-」

演者:北野 利夫(大阪市立総合医療センター小児整形外科)

「大腿骨頭すべり症の診断と病型分類」

演者:入江 太一(仙台市立病院整形外科)

「安定型大腿骨頭すべり症 重症度にもとづく治療法の選択」

演者:川口 泰彦(東京慈恵会医科大学附属第三病院整形外科)

「不安定型大腿骨頭すべり症の治療」

演者:柿崎  潤(千葉県こども病院整形外科)

シンポジウム9

10月24日(土)14:50~16:20 第1会場

「大腿骨転子部骨折に対する最新の医療」

座長:澤口  毅(新百合ヶ丘総合病院外傷再建センター骨盤・関節再建部)
野田 知之(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科運動器外傷学講座)

「大腿骨転子部骨折治療における分類法と内固定インプラントの変遷」

演者:櫻井 敦志(兵庫県立淡路医療センター整形外科)

「整復と骨性支持の重要性」

演者:前原  孝(香川労災病院整形外科)

「人工関節、髄内釘の限界」

演者:伊藤 雅之(福島県立医科大学外傷再建学講座)

「多職種で取り組む大腿骨近位部骨折治療」

演者:重本 顕史(富山市立富山市民病院整形外科/高齢者骨折センター)

「新ガイドラインのポイント」

演者:松村 福広(自治医科大学救急医学講座)

パネルディスカッション

パネルディスカッション1

10月23日(金)8:30~10:00 第2会場

「THAのアプローチ」

座長:星野 裕信(浜松医科大学整形外科学教室)
相原 雅治(啓明会相原病院人工関節センター)

「ALSAの安全性と有効性について」

演者:縄田 昌司(丸の内病院整形外科)

「筋非切離前外側進入法(OCM)を用いた人工股関節銭菅術の中期成績と問題点」

演者:松原 正明(日産厚生会玉川病院整形外科・股関節センター)

「仰臥位前方進入法によるTHA-重度の臼蓋形成不全股に対する手術手技-」

演者:老沼 和弘(船橋整形外科病院)

「Leg positionerを使用した低侵襲組織間温存前方進入法(AMIS)」

演者:西脇  徹(静岡赤十字病院整形外科股関節・人工関節センター)

「筋腱温存後方アプローチ」

演者:青田 恵郎(福島県立医科大学医学部整形外科学講座)

「THAにおける上方アプローチの臨床成績」

演者:刀根 慎恵(三重大学大学院医学系研究科整形外科)

パネルディスカッション2

10月23日(金)13:50~15:20 第2会場

「ナビゲーション・ロボット」

座長:西井  孝(大阪府立病院機構大阪急性期・総合医療センター整形外科)
金治 有彦(慶應義塾大学医学部整形外科学教室)

「当科におけるCTナビゲーション人工股関節全置換術の成績」

演者:三木 秀宣(国立病院機構大阪医療センター)

「イメージフリーナビゲーションを用いた初回セメントレスTHAにおけるカップ設置精度」

演者:内藤 陽平(三重大学大学院医学系研究科腫瘍集学治療学運動器外科学)

「人工股関節全置換術におけるポータブルナビゲーションシステム:多施設共同研究の成績」

演者:箕田 行秀(大阪市立大学大学院医学研究科整形外科学教室)

「人工股関節のロボット支援手術」

演者:柴沼  均(神戸海星病院整形外科)

パネルディスカッション3

10月23日(金)17:00~18:30 第2会場

「真の骨頭中心とは」

座長:馬渡 正明(佐賀大学医学部整形外科)
高尾 正樹(大阪大学大学院医学系研究科器官制御外科学整形外科学)

「THAにおける関節中心・オフセットの3次元的解析」

演者:中田 活也(地域医療機能推進機構大阪病院人工関節センター)

「バイオメカニクスから見た骨頭中心」

演者:稲葉  裕(横浜市立大学医学部整形外科)

「大腿骨頭中心は股関節static instabilityにより偏位する」

演者:星野 裕信(浜松医科大学整形外科学教室)

「人工股関節置換術後のオフセット計測 -2D計測と3D計測の比較検討-」

演者:刀根 慎恵(三重大学大学院医学系研究科整形外科)

パネルディスカッション4

10月24日(土)8:30~10:00 第2会場

「THAにおけるステム側の骨反応」

座長:中田 活也(地域医療機能推進機構大阪病院人工関節センター)
森田 充浩(藤田医科大学医学部整形外科)

「セメントレスステムにおける術後の骨反応」

演者:加畑 多文(金沢大学大学院医薬保健学総合研究科整形外科)

「Rectangular curved-short stem (Fitmore stem)を用いた人工股関節置換術の中期成績と大腿骨変化」

演者:名越  智(札幌医大生体工学運動器治療開発講座)

「セメントレスステムを使用した仰臥位関節包靭帯温存の臨床成績と骨反応
-Tapered wedge stemを中心に-」

演者:金治 有彦(慶應義塾大学医学部整形外科学教室)

「Full HA compaction stem の短期成績と骨反応
-圧縮された海綿骨の果たす役割は?-」

演者:藤井 英紀(東京慈恵会医科大学整形外科学講座)

「Cemented polished tapered stem(Exeter stem)周囲の骨反応」

演者:岩瀬 敏樹(浜松医療センター整形外科)

パネルディスカッション5

10月24日(土)10:10~11:40 第2会場

「大腿骨頭壊死症に対する術後長期成績」

座長:川手 健次(奈良県総合リハビリテーションセンター整形外科)
名越  智(札幌医大生体工学運動器治療開発講座)

「大腿骨頭壊死症に対する大腿骨頭回転骨切り術の術後長期成績」

演者:本村 悟朗(九州大学大学院医学研究院臨床医学部門外科学講座整形外科学分野)

「大腿骨頭壊死症に対する内反骨切り術の長期成績」

演者:関  泰輔(名古屋大学整形外科)

「大腿骨頭壊死症に対するTHAの術後長期成績」

演者:西井  孝(大阪急性期・総合医療センター整形外科)

「大腿骨頭壊死症に対するbipolar型人工骨頭置換術の術後成績」

演者:加来 信広(大分大学医学部整形外科学)

「大腿骨頭壊死症に対するhemi-resurfacing・hip resurfacingの中・長期成績」

演者:長谷川正裕(三重大学大学院医学系研究科腫瘍集学治療学運動器外科学)

パネルディスカッション6

10月24日(土)14:50~16:20 第2会場

「THAの脱臼回避」

座長:中村 琢哉(富山県立中央病院整形外科)
大川 孝浩(久留米大学医療センター整形外科/関節外科センター)

「THAにおける術後脱臼予防対策」

演者:宍戸 孝明(東京医科大学整形外科学分野)

「人工股関節置換術における脱臼回避のコツ ~DAAを用いて~」

演者:森田 充浩(藤田医科大学医学部整形外科)

「脱臼回避の3S:Soft tissue・Spino-pelvic assessment・Selection of Implant」

演者:本間 康弘(順天堂大学医学部整形外科学講座)

「人工股関節全置換術後脱臼回避にむけての基本方針」

演者:安藤  渉(大阪大学大学院医学系研究科運動器医工学治療学)

ランチョンセミナー

※現地でもご視聴いただけます。

ランチョンセミナー1

10月23日(金)11:30~12:30

座長:高平 尚伸(北里大学医療衛生学部リハビリテーション学科)

「Metaphyseal anchoring short stemのコンセプトと臨床における再現性」

演者:福西 成男(医療法人社団西宮回生病院整形外科)

共催:ビー・ブラウンエースクラップ株式会社

ランチョンセミナー2

10月23日(金)11:30~12:30

座長:後藤 公志(京都大学)

「PALACOS骨セメントの歴史と成績」

演者:おおえ賢一(関西医科大学整形外科学教室)

共催:京セラ株式会社

ランチョンセミナー3

10月23日(金)11:30~12:30

座長:赤木 將男(近畿大学医学部整形外科学教室)

「寛骨臼高度骨欠損に対する再建術 –同種骨を使う再建と使わない再建–」

演者:間島 直彦(愛媛大学大学院医学系研究科地域医療再生学講座)

共催:日本イーライリリー株式会社・塩野義製薬株式会社

ランチョンセミナー4

10月23日(金)11:30~12:30

座長:高木 理彰(山形大学医学部整形外科学講座)

「Personalized THA Optimizing Outcomes with 3D Preoperative Planning and Intra-Operative Verification」

演者:Lachlan Milne(Hollywood Private Hospital)

「AMIS Approach & Patient Specific Instruments for THA
一人でもTHAに立ち向かえる武器を共有しよう」

演者:横山 徳一(大室整形外科脊椎関節クリニック)

共催:メダクタジャパン株式会社

ランチョンセミナー5

10月23日(金)11:30~12:30

座長:中島 康晴(九州大学大学院医学研究院整形外科教室)

「THAにおいて脱臼という合併症は克服されたのか?THAにおける前方アプローチの魅力(ADLの向上とスポーツ復帰を目指して)」

演者:森田 充浩(藤田医科大学医学部整形外科)

「THAにおいて脱臼という合併症は克服されたのか?筋腱完全温存によるAL-Supine THA ~その脱臼対策と現状~」

演者:久留 隆史(板橋中央総合病院整形外科)

共催:コリン・ジャパン株式会社

ランチョンセミナー6

10月23日(金)11:30~12:30

座長:帖佐 悦男(宮崎大学医学部整形外科)

「骨粗鬆症と脊柱アライメントを考慮した股関節診療の実際」

演者:星野 裕信(浜松医科大学医学部附属病院整形外科)

共催:旭化成ファーマ株式会社

ランチョンセミナー7

10月23日(金)11:30~12:30

座長:若林 弘樹(三重大学整形外科)

「こんなときこそ使いたい - Modulus stem の適応とピットフォール」

演者:中村 正樹(虎の門病院整形外科)

共催:日本リマ株式会社

ランチョンセミナー8

10月23日(金)11:30~12:30

座長:松原 正明(日産厚生会玉川病院整形外科・股関節センター)

「股関節外科医が知っておくべき股関節と下肢アライメント・膝関節との関係」

演者:箕田 行秀(大阪市立大学大学院医学研究科整形外科)

共催:マイクロポート・オーソペディックス・ジャパン株式会社

ランチョンセミナー9

10月23日(金)11:30~12:30

座長:老沼 和弘(船橋整形外科病院)

「HAコーティングステムの歴史」

演者:川崎 雅史(愛知厚生連江南厚生病院整形外科)

「脱力系レトラクターホルダー "Gripper"の使用法とその有効性」

演者:岩切健太郎(白庭病院整形外科関節センター)

共催:株式会社日本エム・ディ・エム

ランチョンセミナー10

10月24日(土)12:00~13:00

座長:三谷  茂(川崎医科大学股関節外科)

「Hip-Spine Relationship ~立位、座位での骨盤の動きを科学する~」

演者:金  永優(京都市立病院整形外科)

共催:ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

ランチョンセミナー11

10月24日(土)12:00~13:00

座長:稲葉  裕(横浜市立大学医学部整形外科)

「変形性膝関節症の疼痛の病態と治療のアップデート」

演者:石島 旨章(順天堂大学大学院医学研究科整形外科・運動器医学)

共催:ファイザー製薬株式会社

ランチョンセミナー12

10月24日(土)12:00~13:00

座長:加来 信広(大分大学医学部整形外科学)

「新しく開発された日本人向けテーパーウェッジ型ステムの術後ステム周囲骨反応」

演者:岡上 裕介(高知大学医学部整形外科)

「解剖学を熟知し「Respect Soft Tissue」を目指したTHA
∽MIZUHO AvanseraとHana SSXT leg positionerを用いた前方アプローチ∽」

演者:中村 嘉宏(宮崎大学医学部感覚運動医学講座整形外科学分野)

共催:ミズホ株式会社

ランチョンセミナー13

10月24日(土)12:00~13:00

座長:金  光成(医療法人錦秀会阪和第二泉北病院阪和人工関節センター)

「当院のセメントレスステムの新たな選択肢
-Full HA Compaction Stemの適応と短期臨床成績-」

演者:三原 政彦(湘南鎌倉人工関節センター整形外科)

「Full HA compactionステムの適応や手技からみた今後のセメントレスステム選択」

演者:藤井 英紀(東京慈恵会医科大学整形外科学講座)

共催:スミス・アンド・ネフュー株式会社

ランチョンセミナー14

10月24日(土)12:00~13:00

「French ConceptはCementless THAの新しいスタンダードになり得るか?」

座長:兼氏  歩(金沢医科大学整形外科学)

「Avenir Complete : Full HA coated stemのデザインコンセプトと臨床経験」

演者:福島 健介(北里大学医学部整形外科学)

「Dual Mobility Cup: Old and Local becomes New and Global.」

演者:本間 康弘(順天堂大学医学部整形外科)

共催:ジンマー・バイオメット合同会社

ランチョンセミナー15

10月24日(土)12:00~13:00

座長:秋山 治彦(岐阜大学整形外科)

「変形性股関節症の痛みのメカニズムと治療」

演者:菅野 伸彦(大阪大学大学院医学系研究科運動器医工学治療学)

共催:久光製薬株式会社

ランチョンセミナー16

10月24日(土)12:00~13:00

座長:山川  徹(伊勢赤十字病院整形外科)

「運動器疼痛の病態と治療」

演者:長谷川正裕(三重大学大学院医学系研究科腫瘍集学治療学運動器外科学)

共催:第一三共株式会社

ランチョンセミナー17

10月24日(土)12:00~13:00

座長:坂井 孝司(山口大学医学部整形外科)

「仰臥位アプローチにおけるCT-Based Navigationの有用性とPit Falls」

演者:宮坂  大(新潟万代病院関節再建センター)

「側臥位THAにおけるNavigationの有用性及びTips & Pitfalls」

演者:高尾 正樹(大阪大学大学院医学系研究科器官制御外科学整形外科学)

共催:日本ストライカー株式会社

イブニングセミナー

※現地でもご視聴いただけます

イブニングセミナー1

10月23日(金)17:00~18:00

座長:湏藤 啓広(三重大学整形外科)

「鎮痛剤と下行性疼痛抑制系」

演者:園畑 素樹(佐賀大学医学部附属病院整形外科)

共催:エーザイ株式会社

イブニングセミナー2

10月23日(金)17:00~18:00

座長:小久保安朗(福井大学医学部附属病院手術部)

「股関節後方アプローチの臨床解剖」

演者:関  泰輔(名古屋大学整形外科)

「CPPアプローチによる人工股関節置換術
-関節包靭帯の温存・修復がもたらすメリットについて-」

演者:坂越 大悟(厚生連高岡病院人工関節センター)

共催:ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社

ハンズオンセミナー

※現地でもご視聴いただけます

10月24日(土)10:00~11:00

「セメントの基礎知識・安全使用・Hip手技」

講師:飯田  哲(松戸市立総合医療センター) 
牧田 浩行(神奈川県立足柄上病院)

時間 演題 講師
10:00 10:05 イントロダクション ZIMMERBIOMET
10:05 10:25 セメントの基礎知識と安全使用 牧田 浩行
(神奈川県立足柄上病院)
10:25 10:50 セメントステムコンセプトとセメントTHAの実践 飯田 哲
(松戸市立総合医療センター)
10:50 11:00 ハンズオンワークショップ 牧田 浩行
(神奈川県立足柄上病院)

共催:ジンマーバイオメット合同会社

セミナーの内容を踏まえ、後日セメントワークショップの実施を予定しています。
下記URLよりお申込みをお願いいたします。(10月24日~27日まで受付)
https://sec.tobutoptours.co.jp/web/evt/cement-ws-jhs/

一般演題

ポスター

ページトップ