The 30th Congress of Japan Association for Clinical Engineers
						第30回日本臨床工学会
						2020年度 公益社団法人 日本臨床工学技士会総会 知識・技術の伝承と
						臨床工学技士が果たす創造的未来

感染症対策について

第30回日本臨床工学会 現地開催に伴う感染対策について

第30回日本臨床工学会では開催にあたり、感染防止のため以下の取組みをおこないます。

  • 現地参加できないことを考慮し、WEB配信の実施
  • 施設エントランス・受付にてサーマルカメラによる参加者体温の確認
  • 会場内各所への手指消毒液の設置
  • 運営スタッフのマスクの着用および定期的な手洗い・手指消毒・検温の実施
  • 口演会場・展示会場におけるソーシャルディスタンスを考慮したレイアウトと飛沫感染防止策の実施
  • 施設ガイドラインに基づき口演会場の席数削減
  • 口演会場の入退場口の分離による、すれ違い頻度の削減
  • 展示会場内人数の整理券等による制限
  • 口演会場・展示会場の換気徹底
  • マイク等共有で利用する物品・備品のこまめな消毒や交換
  • 共催学術セミナー、企業展示等における配布物の提供方法の調整
  • トイレおよび共用設備の定期的な消毒
  • 厚生労働省新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)  の導入(参加者への登録義務付)による、感染者発生時の追跡対策
  • 懇親会、交流会等の中止
  • 参加者への感染症対策のお願い
    • 来場前の検温をし、体調の異常がないかご確認ください。
    • 以下の場合本会への参加をお控えください。
      発熱・咳・咽頭痛がある場合
      過去 14 日以内に感染が継続拡大している国・地域への訪問歴がある場合
      新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者であることが判明した場合
      過去 14 日以内に入国制限等のある国・地域からの渡航者・在住者との濃厚接触がある場合
    • 来場時マスクの着用、こまめな手洗い・手指消毒をお願いします。
    • 暑さが厳しい上、各会場では換気を行いますので、会場内の室温が高くなることがあります。さらに、マスク着用を義務付けておりますので、熱中症等予防のため、ご参加いただく皆様(演者、座長も同様)にはノーネクタイ・ ノージャケット・半袖などのクールビスでご参加ください。
    • 各日、ご来場時に名古屋国際会議場エントランスにて検温をさせていただきます。
    • 事前参加登録者、当日参加登録者ともに来場時に連絡先の提出をお願いします。
    • 感染者発生時には、感染経路特定等の理由により政府機関・自治体の要請により個人情報を開示することをあらかじめご了承ください。
    • 当日参加登録の方は現金で参加費をお支払いいただく予定です。できる限りお釣りのないよう予めご用意ください。
    • 会場内にクロークは設置しますが、ご自身の手荷物はできるだけ宿泊先に預ける等、感染症対策にご協力ください。
    • 口演会場では、聴講者数により入場制限をおこなう場合がございます。聴講の際は着席のうえ他の参加者との適切な身体的距離を保ってください(立ち見はお控えください)。
    • 口演会場の空気循環・換気のため扉を開放し、プログラムを実施します。ロビーでは静粛に待機ください。
    • ランチョンセミナー等飲食や資料提供の際は参加者ご自身でお取りいただき、ご入場ください。
    • 参加受付・口演会場での待ち列、ロビー・展示会場内で人と人との距離を保つようご協力ください。
    • プログラム終了後会場を離れてからも感染症対策を各自おこなってください。
      接待を伴う飲食店の利用、5人以上の飲酒を伴う会食、および2時間以上の会食等は自粛ください。
      学会ご参加前から普段の生活においても感染症対策をとった行動を心掛けてください。

ページトップ