2017年6月8日(木)〜10日(土) 第54回 日本リハビリテーション医学会学術集会 「エビデンスに基づく地域包括ケアシステムの推進」

English

企画セミナー

A型ボツリヌス毒素製剤ボツリヌス療法セミナー(上肢痙縮・下肢痙縮)
(本セミナーは事前申し込みは不要です)

<企画セミナー> A型ボツリヌス毒素製剤ボツリヌス療法セミナー(上肢痙縮・下肢痙縮)

日程:
6月9日(金)
時間:
13:50-15:20(90分)
会場名:
第2会場(岡山コンベンションセンター 301会議室)
セミナー内容:
  • 上肢痙縮・下肢痙縮に対するボツリヌス療法の施注資格を取得する為のセミナーです。
  • セミナー開始後30分の時点で資格登録票の配布を終了させていただきます。遅れて入室された場合や途中退室の場合は、資格をご取得いただけません。あらかじめご了承ください。
事前申し込み:
不要(医師のみ参加可能)
定員:
160名
講師・インストラクター:
  • 【疾患編】大田 哲生(旭川医科大学病院 リハビリテーション科)
  • 【製剤編】苅田 幸生(グラクソ・スミスクライン株式会社開発本部メディカル・アフェアーズ部門)
担当企業名:
グラクソ・スミスクライン株式会社

ハンズオンセミナー開催概要

学術集会期間中ハンズオンセミナーを7コース開催いたします。お申し込みは各コースの受付方法に従い、お申し込みください。
参加人数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。

※ハンズオンセミナーへの参加は、第54回日本リハビリテーション医学会学術集会への事前もしくは当日の参加登録が必要です。

ハンズオンセミナー 申込み期間

2017年5月11日(木)〜31日(水)正午

※ハンズオンセミナーへのお申込みは本ページ最下部のボタンからお入りください。
※ハンズオンセミナーの5・6は、別サイトからのお申込みとなりますのでご注意ください。

ハンズオンセミナー

  1. Ultrasound guided botulinum toxin injections to upper and lower limbs (超音波を使用したボツリヌス毒素注射を学ぶセミナー(通訳付))
  2. 筋電図・臨床神経生理SIG企画 『第5回 リハビリテーション科医に必要な筋電図、臨床神経生理学』―実践!神経伝導検査−
  3. 排痰メカニズムと排痰補助のための機器
  4. CPX(Cardio Pulmonary Exercise test, 心肺運動負荷試験)の意義と実際(本セミナーは事前申し込みは不要です)
  5. 痙縮のボツリヌス治療における投与筋の選定・同定
  6. ITB療法ハンズオンセミナー
  7. 嚥下内視鏡検査 初級コース

ハンズオンセミナー1 : Ultrasound guided botulinum toxin injections to upper and lower limbs
(超音波を使用したボツリヌス毒素注射を学ぶセミナー(通訳付))

日程:
6月8日(木)
時間:
16:30-18:30(120分)
会場名:
第2会場(岡山コンベンションセンター 301会議室)
セミナー内容:
超音波を使用した四肢筋へのボツリヌス毒素注射手技を詳細に解説し、その実際について学んでいただくセミナーです。
事前申し込み:
要(医師のみ参加可能)
募集人数:
30名
定員に達しましたので事前登録を締め切らせていただきました。
司会・オブザーバー:
八幡 徹太郎(金沢大学)
講師・インストラクター:
  1. Kim Heakyung(Department of Pediatric Physical Medicine & Rehabilitation, Columbia University Medical Center, USA)
  2. 松本 葉子(社会福祉法人 芳友 にこにこハウス医療福祉センター(通訳兼務))
担当企業名:
シーメンスヘルスケア株式会社
グラクソ・スミスクライン株式会社

ハンズオンセミナー2 : 筋電図・臨床神経生理SIG企画『第5回 リハビリテーション科医に必要な筋電図、臨床神経生理学』―実践!神経伝導検査−

日程:
6月8日(木)
時間:
16:10-18:10(120分)
会場名:
第5会場(岡山県医師会館 401会議室)
セミナー内容:
スモールグループ別にインストラクターによる基本的な神経伝導検査のデモ・説明の後、参加者同士で実際に神経伝導検査を施行する実習を中心としたハンズオンを企画しました。
今回、冒頭にて米国筋電図学会の重鎮であるRobinson教授にCommon diseaseであり電気診断が非常に有用であるCarpal Tunnel Syndrome (CTS)の電気診断についてKeynote lectureをしていただきます。
事前申し込み:
要(医師のみ参加可能、聴講・見学は事前申し込み不要)
募集人数:
24名
定員に達しましたので事前登録を締め切らせていただきました。
司会:
藤原 俊之 (順天堂大学大学院医学研究科リハビリテーション医学)
オブザーバー:
Larry Robinson(Professor and division director, Physical Medicine and Rehabilitation, Department of Medicine, University of Toronto)
講師・インストラクター:
  1. 藤原 俊之(順天堂大学大学院医学研究科リハビリテーション医学)
  2. 長谷 公隆(関西医科大学リハビリテーション科)
  3. 児玉 三彦(東海大学医学部専門診療学系リハビリテーション科学)
担当企業名:
日本光電工業株式会社

ハンズオンセミナー3 : 排痰メカニズムと排痰補助のための機器

日程:
6月9日(金)
時間:
17:10-18:10(60分)
会場名:
第6会場(ANAクラウンプラザホテル岡山 曲水東)
セミナー内容:
神経筋疾患や頸髄損傷にみられる呼吸筋力低下による排痰困難に使用される機器について体験いただくセミナーです。
事前申し込み:
要(職種不問)
募集人数:
30名
定員に達しましたので事前登録を締め切らせていただきました。
講師・インストラクター:
  1. 宮川 哲夫(昭和大学大学院 保健医療学研究科 呼吸ケア領域)
  2. 三浦 利彦(国立病院機構八雲病院 理学療法士)
担当企業名:
株式会社スカイネット
フィリップス・レスピロニクス合同会社
株式会社東機貿

ハンズオンセミナー4 : CPX(Cardio Pulmonary Exercise test, 心肺運動負荷試験)の意義と実際

日程:
6月9日(金)
時間:
16:40-18:10(90分)
会場名:
第7会場(ANAクラウンプラザホテル岡山 曲水西)
セミナー内容:
心臓リハビリテーションのみならず呼吸やそのほかのリハビリテーションでもCPXは有用で有意義な情報を与えてくれます。
本セミナーではCPXの理論的な背景を解説したのちに、デモンストレーションで実際の検査の様子を見ながら学んでいただく予定です。
事前申し込み:
不要(職種不問)
定員:
200名
講師・インストラクター:
  1. 牧田 茂(埼玉医科大学国際医療センター 心臓リハビリテーション科)
  2. 白石 裕一(京都府立医科大学 循環器内科・リハビリテーション部)
担当企業名:
ミナト医科学株式会社
フクダ電子株式会社

ハンズオンセミナー5 : 痙縮のボツリヌス治療における投与筋の選定・同定

日程:
6月10日(土)
時間:
8:50-10:50(120分)
会場名:
第2会場(岡山コンベンションセンター 301会議室)
セミナー内容:
痙縮に対してボツリヌス治療を施行する際の治療対象筋の選び方、および同定法についてノウハウをご紹介するセミナーです。
事前申し込み:
要(医師のみ参加可能)
募集人数:
40名
定員に達しましたので事前登録を締め切らせていただきました。
申込みは、以下のURLの画面からとなります。
https://www.healthgsk.jp/products-info/botox/seminar/botox-live-seminar.html
講師・インストラクター:
銭 亮(Liang Qian, MD,PhD)
徐 海雁(Haiyan Xu, MD,PhD)
(グラクソ・スミスクライン株式会社開発本部メディカル・アフェアーズ部門)
担当企業名:
グラクソ・スミスクライン株式会社

ハンズオンセミナー 6: ITB療法ハンズオンセミナー

日程:
6月10日(土)
時間:
13:50-15:00(70分)
会場名:
第2会場(岡山コンベンションセンター 301会議室)
セミナー内容:
ITB療法ハンズオンセミナーでは、講師の先生からポンプ植込み手術手技とリフィル(薬剤充填) 手技を解説して頂き、人体模型やカテーテルなどを用いて受講する先生に演習して頂きます。
事前申し込み:
要(医師のみ参加可能)(以下のページからのお申し込みとなります)
募集人数:
14名
定員に達しましたので事前登録を締め切らせていただきました。
講師・インストラクター:
森下 暁二(兵庫県立加古川医療センター 脳神経外科)
担当企業名:
第一三共株式会社

ハンズオンセミナー7 : 嚥下内視鏡検査 初級コース

日程:
6月10日(土)
時間:
16:30-17:30(60分)
会場名:
第2会場(岡山コンベンションセンター 301会議室)
セミナー内容:
主に、これから嚥下内視鏡検査をしようと考えている医師(嚥下内視鏡検査の経験の無い医師)を対象としております。人形を使用した模擬実習があります。
事前申し込み:
要(医師のみ参加可能)
募集人数:
8名
定員に達しましたので事前登録を締め切らせていただきました。
司会・オブザーバー:
阿部 泰昌(川崎医科大学リハビリテーション医学教室)ほか
講師・インストラクター:
太田 喜久夫(国際医療福祉大学 リハビリテーション科)
ハンズオンセミナー登録画面へ(学会への事前もしくは当日の登録必須)