プログラム

日程表ダウンロード(PDF)

会長講演

2014年6月5日(木)10:40~11:40 第1会場 1号館2階 センチュリーホール

活動の臨床としてのリハビリテーション医学

司会:
里宇 明元 慶應義塾大学医学部 リハビリテーション医学教室 教授
演者:
才藤 栄一 藤田保健衛生大学医学部 リハビリテーション医学 I 講座 教授

ページの先頭へ

特別講演

2014年6月5日(木)13:10~14:10 第1会場 1号館2階 センチュリーホール

1.
回復期リハビリテーション病棟の歴史と展望
司会:
高木 邦格 一般社団法人全国リハビリテーション学校協会/学校法人国際医療福祉大学 理事長
演者:
石川  誠 医療法人社団輝生会 理事長

2014年6月5日(木)14:15~15:15 第1会場 1号館2階 センチュリーホール

2.
Novel Control Strategies for Arm Prostheses
- a Partnership between Man and Machine
司会:
浅見 豊子 佐賀大学医学部附属病院 リハビリテーション科 診療教授
演者:
K. Ming Chan Professor, 5005C Katz Group Centre, University of Alberta, Canada

2014年6月5日(木)15:20~16:20 第1会場 1号館2階 センチュリーホール

3.
Rehabilitation Medicine in the United States: Current Trends
司会:
椿原 彰夫 川崎医療福祉大学 学長
演者:
Jeffrey B. Palmer Professor, Johns Hopkins University, USA

2014年6月6日(金)10:35~11:35 第1会場 1号館2階 センチュリーホール

4.
Future of Rehabilitation medicine in Korea: controversial points
司会:
出江 紳一 東北大学大学院医工学研究科 リハビリテーション医工学分野 教授
演者:
Tai Ryoon Han Emeritus Professor, Seoul National University College of Medicine, South Korea

2014年6月6日(金)10:35~11:35 第4会場 3号館3階 国際会議室

5.
Present and Future of Rehabilitation Robotics
司会:
千野 直一 永生会永生病院 名誉院長/永生会研究開発センター センター長/
NPO法人東京多摩リハビリ・ネット 理事長
演者:
Hermano Igo Krebs
  Professor, Massachusetts Institute of Technology, USA

2014年6月6日(金)13:00~14:00 第1会場 1号館2階 センチュリーホール

6.
The Status and Prospects of Rehabilitation in China
司会:
平澤 泰介 明治国際医療大学 特任教授/京都府立医科大学整形外科 名誉教授
演者:
Jianjun Li Professor, China Rehabilitation Research Center, China

2014年6月7日(土)11:45~12:45 第1会場 1号館2階 センチュリーホール

7.
Pharmacology in Neurorehabilitation
司会:
水間 正澄 昭和大学医学部 リハビリテーション医学講座 教授
演者:
Volker Hömberg SRH Gesundheitszentrum Bad Wimpfen, Germany

ページの先頭へ

教育講演

2014年6月5日(木)8:30~9:30 第3会場 1号館4階 レセプションホール

1.
運動と力の統一的学習・制御モデルとその応用
司会:
岡島 康友 杏林大学医学部 リハビリテーション医学教室 教授
演者:
小池 康晴 東京工業大学 ソリューション研究機構 教授

2014年6月5日(木)9:35~10:35 第3会場 1号館4階 レセプションホール

2.
Neurorehabilitation of stroke
司会:
安保 雅博 東京慈恵会医科大学附属病院 リハビリテーション医学講座 主任教授
演者:
Nam-Jong Paik Professor, Department of Rehabilitation Medicine,
Seoul National University College of Medicine,
Seoul National University Bundang Hospital, South Korea

2014年6月5日(木)13:10~14:10 第3会場 1号館4階 レセプションホール

3.
フレイルの概念と予防
司会:
海老原 覚 東邦大学大学医学部 リハビリテーション医学研究室 教授
演者:
鳥羽 研二 独立行政法人国立長寿医療研究センター 総長

2014年6月5日(木)14:15~15:15 第3会場 1号館4階 レセプションホール

4.
変形性関節症を理解する
司会:
木村 彰男 慶應義塾大学 リハビリテーション医学医工連携 教授
演者:
久保 俊一 京都府立医科大学大学院 運動器機能再生外科学(整形外科) 教授

2014年6月5日(木)16:30~17:30 第3会場 1号館4階 レセプションホール

5.
避難弱者のための防災デザイン
司会:
野村 忠雄 富山県高志リハビリテーション病院 リハビリテーション科 病院長
演者:
長谷見 雄二 早稲田大学理工学術院 建築学科 教授

2014年6月5日(木)17:35~18:35 第3会場 1号館4階 レセプションホール

6.
リハビリテーション医学の統計解析Q&A
司会:
加賀谷 斉 藤田保健衛生大学医学部 リハビリテーション医学 I 講座 准教授
演者:
橋本 修二 藤田保健衛生大学医学部 衛生学講座 教授

2014年6月6日(金)8:30~9:30 第3会場 1号館4階 レセプションホール

7.
ICF update ~リハビリテーション臨床に活かすICF~
司会:
志波 直人 久留米大学医学部 整形外科・リハビリテーション部 教授
演者:
出江 紳一 東北大学大学院医工学研究科 リハビリテーション医工学分野 教授

2014年6月6日(金)9:35~10:35 第3会場 1号館4階 レセプションホール

8.
Rehabilitation Psychology: Contributions to Caring for People with Disabilities
司会:
蜂須賀 研二 門司メディカルセンター 院長/産業医科大学 名誉教授
演者:
Sara Palmer Assistant Professor, Johns Hopkins University, USA

2014年6月6日(金)13:00~14:00 第2会場 4号館1階 白鳥ホール(南)

9.
心疾患のリハビリテーション -臨床現場の課題-
司会:
上月 正博 東北大学大学院医学系研究科 内部障害学分野 教授
演者:
牧田  茂 埼玉医科大学国際医療センター 心臓リハビリテーション科 教授

2014年6月6日(金)13:00~14:00 第3会場 1号館4階 セプションホール

10.
Rehabilitation Treatment of Cerebral Palsy; Art or Science?
司会:
赤居 正美 国立障害者リハビリテーションセンター病院 病院長
演者:
Moon Suk Bang Professor, Department of Rehabilitation Medicine,
Seoul National University College of Medicine, South Korea

2014年6月6日(金)14:10~15:10 第1会場 1号館2階 センチュリーホール

11.
不動・廃用症候群
司会:
川平 和美 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 リハビリテーション医学 名誉教授
演者:
園田  茂 藤田保健衛生大学七栗サナトリウム 病院長

2014年6月6日(金)15:15~16:15 第1会場 1号館2階 センチュリーホール

12.
リハビリテーション医に必要な医療経済・政策学の視点と基礎知識
-効果的・効率的で公平なリハビリテーションのために
司会:
田中 信行 鹿児島大学 名誉教授
演者:
二木  立 日本福祉大学 学長

2014年6月7日(土)8:30~9:30 第3会場 1号館4階 レセプションホール

13.
在宅障害者のリハビリテーション -活動性の向上を目指して-
司会:
水落 和也 横浜市立大学附属病院 リハビリテーション科 准教授
演者:
川手 信行 昭和大学保健医療学部 リハビリテーション医学 准教授

2014年6月7日(土)9:35~10:35 第3会場 1号館4階 レセプションホール

14.
遺体科学、身体の来歴を読む
司会:
菅本 一臣 大阪大学大学院医学系研究科 運動器バイオマテリアル学 教授
演者:
遠藤 秀紀 東京大学総合研究博物館 遺体科学研究室 教授

2014年6月7日(土)10:40~11:40 第3会場 1号館4階 レセプションホール

15.
古病理学が語る病気と障害
司会:
白倉 賢二 群馬大学大学院医学系研究科 リハビリテーション医学分野 教授
演者:
鈴木 隆雄 国立長寿医療研究センター 研究所長

2014年6月7日(土)11:45~12:45 第3会場 1号館4階 レセプションホール

16.
大規模災害時におけるリハビリテーション医療の役割
司会:
渡邉 裕志 東北薬科大学病院 リハビリテーション科 主任部長
演者:
水尻 強志 宮城厚生協会長町病院 リハビリテーション科 院長

ページの先頭へ

構造教育講演

2014年6月5日(木)8:30~10:30 第2会場 4号館1階 白鳥ホール(南)

1.
高次脳機能障害対応
司会:
石合 純夫 札幌医科大学医学部 リハビリテーション医学講座 教授
前島 伸一郎 藤田保健衛生大学医学部 リハビリテーション医学 II 講座 教授

概説/高次脳機能障害の定義

演者:
石合 純夫 札幌医科大学医学部 リハビリテーション医学講座 教授

脳出血による高次脳機能障害

演者:
前島 伸一郎 藤田保健衛生大学医学部 リハビリテーション医学 II 講座 教授

脳梗塞による高次脳機能障害とその対応

演者:
平岡  崇 川崎医科大学医学部 リハビリテーション医学教室 准教授

くも膜下出血による高次脳機能障害

演者:
大沢 愛子 国立長寿医療研究センター 機能回復診療部 リハビリテーション科

脳炎・脳症による高次脳機能障害

演者:
岡崎 哲也 産業医科大学医学部 リハビリテーション医学講座 講師

頭部外傷による高次脳機能障害

演者:
渡邉  修 東京慈恵会医科大学附属第三病院 リハビリテーション科 教授

2014年6月7日(土)10:35~12:35 第4会場 3号館3階 国際会議室

2.
入門リハビリテーション医学
司会:
藤谷 順子 独立行政法人国立国際医療研究センター病院 リハビリテーション科 科長・診療科長
片岡 晶志 大分大学医学部附属病院 リハビリテーション部 准教授

実用リハビリテーション入門

演者:
才藤 栄一 藤田保健衛生大学医学部 リハビリテーション医学 I 講座 教授

脳卒中のリハビリテーション

演者:
藤原 俊之 慶應義塾大学医学部 リハビリテーション医学教室 講師

運動器疾患のリハビリテーション

演者:
片岡 晶志 大分大学医学部附属病院 リハビリテーション部 准教授

寿命も延ばせる内科疾患のリハビリテーション

演者:
上月 正博 東北大学大学院医学系研究科 内部障害学分野 教授

急性期から地域まで

演者:
藤谷 順子 独立行政法人国立国際医療研究センター病院 リハビリテーション科 科長・診療科長

ページの先頭へ

シンポジウム

2014年6月5日(木)8:30~10:30 第1会場 1号館2階 センチュリーホール

1.
最新の活動計測 -活動を測る-
司会:
大高 洋平 慶應義塾大学医学部 リハビリテーション医学教室 助教
富田  豊 藤田記念七栗研究所 リハビリテーション研究部門 教授

関節運動を測る:生きた人間の骨関節3次元動態を計測する

演者:
菅本 一臣 大阪大学大学院医学系研究科 運動器バイオマテリアル学 教授

食べるを測る:嚥下CTを用いた新しい嚥下機能評価

演者:
稲本 陽子 藤田保健衛生大学医療科学部 リハビリテーション学科 講師

歩くを測る:歩行分析の臨床応用

演者:
山本 澄子 国際医療福祉大学大学院 教授

活発を測る:活動計を用いた日常生活の身体活動計測(中之条研究)

演者:
青柳 幸利 東京都健康長寿医療センター研究所 老化制御研究チーム 専門副部長

2014年6月5日(木)13:10~15:10 第2会場 4号館1階 白鳥ホール(南)

2.
練習支援ロボット展開 -活動を変える-
司会:
島田 洋一 秋田大学大学院医学研究科 整形外科学講座 教授
田島 文博 和歌山県立医科大学 リハビリテーション科 教授

脳卒中後上肢麻痺に対するReoGo therapy systemを用いた治療介入

演者:
竹林  崇 兵庫医科大学病院 リハビリテーション部 作業療法士

Submovements, Oscillations, and Impedances: MIT-Manus Experience

演者:
Hermano Igo Krebs
  Professor, Massachusetts Institute of Technology, USA

歩行リハビリテーションにおけるロボティクスの活用

演者:
河島 則天 国立障害者リハビリテーションセンター研究所 運動機能系障害研究部 
神経筋機能障害研究室長

バランス練習アシストの効果と可能性

演者:
平野  哲 藤田保健衛生大学医学部 リハビリテーション医学 I 講座 助教

2014年6月5日(木)16:30~18:30 第1会場 1号館2階 センチュリーホール

3.
活動機能構造連関 -活動が変える-
司会:
池田  聡 北海道大学病院 リハビリテーション科 准教授
向野 雅彦 藤田保健衛生大学医学部 リハビリテーション医学 I 講座 講師

リハビリテーションにおける活動機能構造連関

演者:
向野 雅彦 藤田保健衛生大学医学部 リハビリテーション医学 I 講座 講師

筋力増強の分子生物学的検討と脳梗塞モデルを用いた機能回復の検討

演者:
池田  聡 北海道大学病院 リハビリテーション科 准教授

競合的な小脳神経回路の発達・維持の分子細胞基盤

演者:
渡辺 雅彦 北海道大学大学院医学研究科・医学部 生理系解剖学講座 教授

感覚入力によって制御されるニューロン再生機構

演者:
澤本 和延 名古屋市立大学大学院医学研究科 再生医学分野 教授

2014年6月5日(木)16:30~18:30 第2会場 4号館1階 白鳥ホール(南)

4.
長寿社会への挑戦 -活動が支える-
司会:
小林 一成 東京慈恵会医科大学附属病院 リハビリテーション医学講座 准教授
影近 謙治 金沢医科大学医学部 運動機能病態学 リハビリテーション科 教授

虚弱サイクルからの脱出 -活動が支える長寿-

演者:
近藤 和泉 独立行政法人国立長寿医療研究センター 機能回復診療部長

転倒を防ぐリハビリテーション -活動が転倒を予防する-

演者:
大高 洋平 慶應義塾大学医学部 リハビリテーション医学教室 助教

活動で認知症に介入する -脳活性化リハで予防と進行遅延-

演者:
山口 晴保 群馬大学大学院 保健学研究科 リハビリテーション講座 教授

ロコモティブシンドロームへの挑戦 -活動が守る運動器機能-

演者:
原田  敦 独立行政法人 国立長寿医療研究センター 病院長

2014年6月6日(金)8:30~10:30 第1会場 1号館2階 センチュリーホール

5.
活動再建を考える -活動が変わる-
司会:
伊勢 眞樹 倉敷中央病院 リハビリテーション科 主任部長
大田 哲生 旭川医科大学病院 リハビリテーション科 教授

運動学的視点から見た活動再建の考え方

演者:
伊勢 眞樹 倉敷中央病院 リハビリテーション科 主任部長

立位・歩行の機能再建

演者:
長谷 公隆 関西医科大学附属枚方病院 リハビリテーション科 診療教授

ロボットによる対麻痺者の歩行再建

演者:
田辺 茂雄 藤田保健衛生大学 医療科学部 リハビリテーション学科 准教授

上肢機能再建から活動へ

演者:
道免 和久 兵庫医科大学 リハビリテーション医学 主任教授

2014年6月6日(金)16:25~18:25 第1会場 1号館2階 センチュリーホール

6.
社会・環境への対応-活動を支える-
司会:
大田 仁史 茨城県立健康プラザ 管理者/茨城県立医療大学 名誉教授
内山  靖 名古屋大学大学院医学系研究科・医学部 保健学科 教授

住民のボランティア活動とリハ専門職のプロボノ活動の協働

演者:
大田 仁史 茨城県立健康プラザ 管理者/茨城県立医療大学 名誉教授

ソーシャルワークと「人間:環境の視点」の具体化

演者:
村上  信 淑徳大学 総合福祉学部 社会福祉学科 教授

地域包括ケアシステムの構築と機能化 -和光市のマクロ政策とミクロのケアマネジメント支援を中心に

演者:
東内 京一 和光市保健福祉部長

障害者総合支援法に基づく難病患者等の支援について

演者:
森岡 久尚 厚生労働省 社会・援護局障害保健福祉部 企画課 課長補佐

ページの先頭へ

サテライトシンポジウム(共催:帝人ファーマ株式会社)

2014年6月6日(金)14:10~16:10 第2会場 4号館1階 白鳥ホール(南)

司会:
蜂須賀 研二 門司メディカルセンター 院長/産業医科大学 名誉教授
生駒 一憲 北海道大学病院 リハビリテーション科 教授

機能的電気刺激(ウォークエイド®)による脳卒中リハビリテーションの展開

演者:
越智 光宏 産業医科大学医学部 リハビリテーション医学講座 助教

脳卒中に対するNESS FES SYSTEMの臨床応用

演者:
島田 洋一 秋田大学大学院医学研究科 整形外科学講座 教授

運動誘発型機能的電気刺激(IVES)と脳神経機能的再構築

演者:
原  行弘 日本医科大学大学院医学研究科 リハビリテーション学分野 教授

振動刺激や電気刺激を併用した促通反復療法による脳卒中片麻痺治療の展開

演者:
下堂薗 恵 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 リハビリテーション医学 教授

ページの先頭へ

パネルディスカッション

2014年6月5日(木)8:30~10:30 第4会場 3号館3階 国際会議室

1.
リハビリテーション医学評価としての電気生理学
司会:
正門 由久 東海大学医学部付属病院 リハビリテーション科 教授
中馬 孝容 滋賀県立成人病センター リハビリテーション科 部長

リハビリテーション医学評価としての電気神経生理学 -神経伝導検査、針筋電図など-

演者:
正門 由久 東海大学医学部付属病院 リハビリテーション科 教授

脳血管障害片麻痺患者の痙縮のリハビリテーション評価としてのF波、H波の応用

演者:
鈴木 俊明 関西医療大学大学院 保健医療学研究科 教授

経頭蓋磁気刺激を用いた脳卒中後運動麻痺の可塑性評価

演者:
竹内 直行 東北大学大学院医学系研究科 肢体不自由学分野 助教

電気生理学的の摂食嚥下障害領域への応用

演者:
青柳 陽一郎 藤田保健衛生大学医学部 リハビリテーション医学 I 講座 准教授

2014年6月6日(金)8:30~10:30 第2会場 4号館1階 白鳥ホール(南)

2.
日常生活活動
司会:
園田  茂 藤田保健衛生大学七栗サナトリウム 病院長
根本 明宜 横浜市立大学附属病院 医療情報部 准教授

患者層の違いを考慮したADLデータ処理

演者:
徳永  誠 熊本機能病院 リハビリテーション科

外傷性脊髄損傷患者の日常生活活動(ADL):排泄動作を中心に

演者:
田中 宏太佳 中部労災病院 リハビリテーション科 部長

客観的にADLを捉える -動作分析

演者:
渕  雅子 誠愛リハビリテーション病院 リハビリテーション部 副院長

ADL(日常生活活動)のFollow up研究

演者:
澤  俊二 藤田保健衛生大学医療科学部 リハビリテーション学科 教授

2014年6月6日(金)8:30~10:30 第4会場 3号館3階 国際会議室

3.
摂食嚥下チームワーク
司会:
藤島 一郎 浜松市リハビリテーション病院 病院長
柴田 斉子 藤田保健衛生大学医学部 リハビリテーション医学 I 講座 講師

当院における摂食嚥下障害に対するチームアプローチ -急性期リハビリテーション介入システムを通じて-

演者:
目谷 浩通 川崎医科大学 リハビリテーション医学教室 講師

摂食嚥下チームワークに必要なこと -言語聴覚士(ST)の役割とリハ医との連携を中心に-

演者:
小島 千枝子 聖隷クリストファー大学 リハビリテーション学部 言語聴覚学科 教授

口腔からみた摂食嚥下チームワークに必要なこと

演者:
植田 耕一郎 日本大学歯学部 摂食機能療法学講座 教授

チームワークの鍵は摂食嚥下障害看護認定看護師

演者:
鎌倉 やよい 愛知県立大学 看護学部 副学長・教授

摂食嚥下リハビリテーションチームにおける作業療法士の役割 -食事動作の再獲得に向けた支援-

演者:
黒住 千春 川崎医療福祉大学医療技術学部 リハビリテーション学科 講師

2014年6月6日(金)16:25~18:25 第2会場 4号館1階 白鳥ホール(南)

4.
回復期リハビリテーション病棟モデルズ
司会:
石川  誠 医療法人社団輝生会 理事長
豊倉  穣 東海大学医学部付属大磯病院 リハビリテーション科 教授

リハビリを見せる・見わたす回復期

演者:
小口 和代 刈谷豊田総合病院 リハビリテーション科 部長

日本唯一の地方自治体直営回復期リハビリテーション病棟単独病院とレジデント教育

演者:
赤星 和人 市川市リハビリテーション病院 リハビリテーション科 部長

当院の回復期リハビリテーション病棟のかたち-大学病院分院としての回復期リハ病棟-

演者:
緒方 敦子 鹿児島大学病院霧島リハビリテーションセンター リハビリテーション科 助教

回復期リハ病棟における医師教育のあり方 中途入職の医師を誰がリハ医に育て上げるのか?

演者:
菅原 英和 初台リハビリテーション病院 診療部長

回復期リハ病棟の医師のあり方:私見

演者:
福田  直 千葉徳洲会病院 脳神経外科 部長

2014年6月7日(土)8:30~10:30 第1会場 1号館2階 センチュリーホール

5.
外傷性脳損傷のリハビリテーション
司会:
渡邉  修 東京慈恵会医科大学附属第三病院 リハビリテーション科 教授
美津島 隆 浜松医科大学附属病院 リハビリテーション部 病院教授

外傷性脳損傷の病態生理とその管理

演者:
前田  剛 日本大学医学部 脳神経外科 准教授

急性期頭部外傷患者に対する治療とリハビリテーション

演者:
中  大輔 日本赤十字社和歌山医療センター 神経救急部 部長

脳外傷後亜急性期のリハビリテーション:社会参加の向上に関する諸問題と高次脳機能障害

演者:
豊倉  穣 東海大学医学部付属大磯病院 リハビリテーション科 教授

生活期とリハビリテーション

演者:
武居 光雄 諏訪の杜病院 病院長

2014年6月7日(土)8:30~10:30 第2会場 4号館1階 白鳥ホール(南)

6.
リハビリテーション科医開業
司会:
服部 文忠 長尾病院 理事長/院長
太田 喜久夫 国際医療福祉大学病院 リハビリテーション科 部長

リハビリテーション科を基盤とし、地域に密着して活動する無床診療所の一つのあり方

演者:
今井 稔也 医療法人南の風 みなみの風診療所 リハビリテーション科 院長

リハビリテーション科医としての開業~在宅医療に特化したクリニックという選択~

演者:
神山 一行 医療法人社団神星会 港北ニュータウン診療所 理事長

地域で小さく始まり、進化・存続するリハビリ、クリニックへ

演者:
森  英二 医療法人社団涓泉会 山王リハビリ・クリニック 院長

リハビリテーション科単科である当院の歩みと現状

演者:
水野 雅康 みずのリハビリクリニック 院長

2014年6月7日(土)8:30~10:30 第4会場 3号館3階 国際会議室

7.
小児リハビリテーションの展開
司会:
朝貝 芳美 信濃医療福祉センター 所長
高橋 秀寿 埼玉医科大学国際医療センター 運動・呼吸リハビリテーション科 診療科長/教授

オーバービューおよび運動学習の効率化を目指したFunctional Therapy

演者:
近藤 和泉 独立行政法人国立長寿医療研究センター 機能回復診療部 部長

脳性麻痺リハとニューロリハ治療のハイブリッド化について

演者:
朝貝 芳美 信濃医療福祉センター リハビリテーション科 所長

自閉症の医学的リハビリテーション

演者:
髙橋  脩 豊田市こども発達センター のぞみ診療所児童精神科 センター長

小児専門病院における発達障害児に対する取り組み

演者:
橋本 圭司 国立成育医療研究センター リハビリテーション科/発達評価センター 医長

2014年6月7日(土)10:35~12:35 第2会場 4号館1階 白鳥ホール(南)

8.
ポストポリオ症候群(PPS)と社会
司会:
佐伯  覚 産業医科大学若松病院 リハビリテーション科 診療教授
沢田 光思郎 京都府リハビリテーション教育センター

PPSと医療 概観

演者:
沢田 光思郎 京都府リハビリテーション教育センター

PPSと運動 -特に下肢筋力の予防方法について-

演者:
明日  徹 産業医科大学病院 リハビリテーション部 副技師長

PPS装具製作における工夫

演者:
宇野 秋人 株式会社東名ブレース 営業部長

「全国ポリオ会連絡会」の歩みと今後の活動

演者:
柴田 多恵 全国ポリオ会連絡会

ポストポリオと社会

演者:
佐橋  大 中日新聞 編集局生活部

ページの先頭へ

Asian symposium

2014年6月6日(金)14:10~16:10 第3会場 1号館4階 レセプションホール

Rehabilitation team perspective in Asia

Chairpersons:
Ryuichi Saura Professor, Osaka Medical College, Japan
Tetsuya Tsuji Associate Professor, Keio University, Japan

The interdisciplinary rehabilitation team model in China Rehabilitation Research Center

Speaker:
Huang Fubiao China Rehabilitation Research Center, China

Rehabilitation team in Thailand

Speaker:
Chompunut Pongakkasira
  Sirindhorn National Medical Rehabilitation Centre, Thailand

The Ultimate Teamwork in Rehabilitation Practice: A Malaysian Experience

Speaker:
Zaliha Omar Professor, Albukhary International University, Malaysia

Collaboration and teamwork in rehabilitation medicine based on health care system in Korea

Speaker:
Jae-Young Lim Associate professor, Seoul National University, South Korea

Rehabilitation teamwork in Japan

Speaker:
Kozo Hanayama Professor, Kawasaki Medical School, Japan

ページの先頭へ

医療倫理・安全研修講演

2014年6月7日(土)10:40~11:40 第1会場 1号館2階 センチュリーホール

臨床研究と倫理委員会

司会:
山田  深 杏林大学医学部 リハビリテーション医学教室 講師
演者:
松浦 晃洋 藤田保健衛生大学大学院医学研究科 分子病理 教授

ページの先頭へ

指導医講習会

2014年6月6日(金)16:25~18:25 第4会場 3号館3階 国際会議室

司会:
芳賀 信彦 東京大学医学部附属病院 リハビリテーション科 教授

新専門医制度と研修施設の在り方

演者:
浅見 豊子 佐賀大学医学部附属病院 リハビリテーション科 診療教授

ADL構造

演者:
園田  茂 藤田保健衛生大学七栗サナトリウム 病院長

ページの先頭へ

市民公開シンポジウム

2014年6月7日(土)14:10~16:40 第1会場 1号館2階 センチュリーホール

ロボットが変えるだろうリハビリテーションの未来

司会:
大島 伸一 独立行政法人国立長寿医療研究センター 名誉総長
島田 洋一 秋田大学大学院医学研究科 整形外科学講座 教授

ロボットリハビリテーションの概要と今後の展開

演者:
島田 洋一 秋田大学大学院医学研究科 整形外科学講座 教授

リハビリロボット市場の展開

演者:
森永 一郎 株式会社プランテックコンサルティング 代表取締役社長

Rehabilitation Robotics in the World

演者:
Hermano Igo Krebs
  Professor, Massachusetts Institute of Technology, USA

日本のリハビリテーションロボット

演者:
才藤 栄一 藤田保健衛生大学医学部 リハビリテーション医学 I 講座 教授

ページの先頭へ