日本放射線腫瘍学会第31回学術大会

利益相反(演題登録をされる先生へ)

日本放射線腫瘍学会では、臨床研究の成果を学術大会等で発表する場合、当該研究の実施に関わる利益相反状態の開示を義務付けております。
過去3年間における発表内容に関連する企業や営利を目的とする団体に関わる利益相反の有無を開示ください。詳細は利益相反に関する指針と細則は以下よりご参照ください。

■施行細則

第1号 本学会学術集会などでの発表

https://www.jastro.or.jp/medicalpersonnel/aboutus/cat5/post-54.html

当日は口演セッションで発表の方はタイトルスライドの後(2枚目)に、ポスターセッションで発表の方はポスターパネルの右下等にて、下記サンプルを参考に利益相反状態を開示ください。