会長挨拶

〜第75回日本循環器学会総会・学術集会の夏期開催について〜

第75回日本循環器学会総会・学術集会
会長 小川  聡

会長:小川  聡

去る3月11日に発生した東日本大震災で被災された皆様へ心からお見舞い申し上げます。亡くなられた方々のご冥福と被災された地域の一日も早い復興をお祈りしております。

第75回日本循環器学会総会・学術集会会長として3月18日〜20日開催に向けて万全の準備を進めて参りましたが、予期しない未曾有の大惨事に鑑み、我が国の救急医療の一翼を担う日本循環器学会として、被災者の方々への救援活動を最優先するために学術集会の中止を決断させて頂きました。しかし一方では、我が国の循環器領域の学術研究と診療の向上を目指し、将来の循環器医療を担うべき若手医師、コメデイカルの育成、という使命を持つ日本循環器学会としては、学術研究発表の場を放棄すべきではないというご意見も多数寄せられました。特に今回一般演題として応募された4,096題の中から、厳しい査読の結果採択された2,362題につきましては、発表予定の先生方の学術集会に向けた日々の努力を無にすることに対し、会長の責任を強く感じて参りました。一般演題以外にもLate Breaking Clinical Trial セッション、プレナリー、シンポジウム等でも最先端の臨床研究、基礎研究成果を御発表頂く予定でしたので、中止に伴う学術活動の停滞を懸念しておりました。

4月9日開催の日本循環器学会理事会において以上のことを審議頂いた結果、被災地の復興は未だ緒についたばかりで、福島第一原子力発電所事故の行く末も全く予断を許さない状況ではありますが、かかる社会情勢へ十分配慮した上での第75回学術集会の夏期開催を決定して頂きました。それを受けて、会長校スタッフ一同、再度力を結集して準備を進めさせて頂きました。会期を二日間に短縮し、規模を縮小しての開催となるために、3月に予定しておりました学術プログラムの大幅な変更が必要でした。若い先生方の研究発表を最優先とし、2,362題全ての一般演題を組み込むことを大前提にプログラム再編を図りました。この中、口述発表予定の852題については約75%の先生方から発表のご了承を頂きました。ポスター発表については、一部moderated poster sessionとし、残りはWeb登録しE-ポスターとして会場内で閲覧頂きます。一方、プレナリーセッション、シンポジウム、会長企画については大幅に削除せざるを得ず、座長をお願いしておりました先生方、またその中の公募演題の演者の方々には申し訳なく、この場をお借りして深くお詫び申し上げます。また原発事故後の不安定な状況で、Mikamo Lectureにお呼びするSchneider先生を除き、海外からの先生方の招聘を取りやめることといたしました。その結果、特別招請講演11題は全て中止となり、またFeatured Research SessionでのKeynote Lectureも残念ながら実現できませんでした。

一方、大災害時の救急医療支援の在り方などについての緊急シンポジウム「東日本大震災から学ぶ−災害医療の在り方−」を、被災地での救援活動に率先して携わっていられる東北大学下川宏明教授に新たに企画していただきました。復興支援への学会からのメッセージとなると期待しております。

今なお被災地での医療に専念されている会員諸氏、あるいは自ら被災されたためにご参加頂けない会員もいられるかと存じますが、可能な限り多くの会員にご参集頂き、この学術集会を復興への第一歩を踏み出す機会にして頂けますことを祈念致します。

平成23年8月吉日