• やまとぢから
  • Home
  • ご挨拶
  • 開催概要
  • 演題登録
  • 指定演題登録
  • プログラム
  • 参加者・座長・発表者へのご案内
  • 会場へのアクセス
  • 宿泊案内
  • 利益相反について
  • 蹴鞠大会
  • 東大寺大仏殿夜間拝観
  • リンク
  • 関連会合のお申込み
  • ポスター・チラシ設置の申込み

第33回日本整形外科学会基礎学術集会

演題登録

1. 演題申込み方法

インターネットによるオンライン登録にて受付いたします。メールや郵送では受け付けておりませんのでご注意ください。一度登録した演題に修正を加えることや演題全体を削除することは、締め切り前(2018年3月15日(木)以前)であれば何度でも可能です。締め切り後の修正は一切受け付けいたしかねますので、予めご了承ください。締め切り間際には、登録が殺到してアクセスすることが困難になることが予想されますので、なるべく早めに登録されることをお勧めします。

2. 一般演題募集期間

2018年1月11日(木)15時~2018年 3月15日(木)正午まで
3月22日(木)正午まで延長しました。
一般演題募集を締め切りました。

※演題応募期間中の修正・削除は可能です。その際には、登録者が本システムに登録したID(メールアドレス)及びパスワードが必要になります。申込締切日以後の修正・削除等は一切受け付けませんのでご注意ください。

3. 募集内容

A. 一般演題(口演・ポスター)
B. 基礎学術集会優秀演題賞(優秀ポスター賞)応募演題(ポスターのみ)
  優れた研究発表を示した若手研究者に、その発展を推奨するために授与されます。
   1)  応募資格
ポスター発表を希望し、優秀ポスター賞に応募する演題の筆頭発表者。応募者は発表を行う年度の6月30日現在、45歳未満とします。
   2)  選考方法
1次選考を査読委員による審査で行い、会期中に2次選考を行います。上位1名を最優秀ポスター賞、2~4位を優秀ポスター賞とします。各年度の優秀ポスター賞の上位者は、The International Combined Orthopaedic Research Societies (ICORS) のBest Poster候補に推薦されます。
   3)  発表および表彰
学術集会2日目に発表し、閉会式において表彰を行います。
C. 主題・パネルディスカッション・シンポジウム
   1)  整形外科領域におけるゲノム医療:現状と臨床への展開
   2)  運動器疾患に対するiPS細胞研究の進歩
   3)  スポーツ医学における基礎研究:障害の予防・治療から競技力向上まで
   4)  超音波診療の進歩のための基礎研究
   5)  細胞シートによる治療の基礎技術
   6)  骨免疫学からみた骨と他臓器の連環
   7)  アナトミーラボの基礎研究への活用
   8)  骨軟部腫瘍における新規分子・細胞標的
   9)  軟骨再生の最近の進歩
  10)  骨折治療の基礎研究
  11)  骨形成促進のための整形外科バイオマテリアル
  12)  組織再生における血管新生
  13)  痛みの機序の解明と臨床への展開
  14)  人工関節周囲感染対策の現状と展望
  15)  人工関節のバイオメカニクス
  16)  末梢神経再生への挑戦
  17)  脊髄モニタリングの基礎と臨床
  18)  ここまできた脊髄損傷治療 その基礎と臨床応用
  19)  脊椎外科における医工連携
  20)  関節不安定症のバイオメカニクス
  21)  問題解決に向けた膝前十字靭帯の基礎研究
  22)  腱板断裂に対する再生医療
  23)  腱のバイオロジー
  24)  運動器疾患のイメージングの進歩
  25)  骨粗鬆症制圧に向けての骨代謝研究
  26)  関節リウマチの関節破壊のメカニズム
  27)  足部足関節の靭帯解剖

4. 演題登録の注意事項

(1)著者名・所属について

筆頭著者は必ず発表者としてください。
著者は筆頭著者含め最大11名、所属機関は最大11施設まで登録可能です。

(2)抄録本文について

日本語全角 800文字以内

※演題名は日本語・英語両方の入力が必須となります。(日本語全角60文字以内、英語半角20word以内)
空白も文字数に含まれます。
文字装飾に使用するタグも制限文字数に含まれ、超過の場合にはご登録ができませんのでご了承ください。
抄録本文には原則として<目的><方法><結果><考察および結論>をご記入ください。

(3)図表、使用文字について

図表や写真の添付はできません。
JIS規格第1・2水準にて設定する文字および半角英数字とし、外字(作った文字)や機種依存文字は使用不可となっておりますが、特殊文字として上付き・下付き文字など、一部登録可能な文字もあります。詳細は演題登録の本文入力画面の説明をご確認ください。

(4)段落について

段落の文頭では字下げ(1文字空ける)をしないでください。

(5)ローマ数字について

英半角文字(アルファベット)を組み合わせて使用してください。
(例)ローマ数字の4は「I(アイ)」と「V(ヴィー)」で「IV」になります。

(6)個人や施設情報に関する注意について

抄録を作成の際には「患者さん個人や、他の施設を特定できる可能性の高い、あるいはそのおそれがある表現」がないようにご留意ください。プライバシー保護の観点より、ご登録いただいた抄録を事務局にて修正させていただく場合がありますので予めご了承ください。

(7)その他

スペースは1文字の扱いとなります。半角文字は1/2文字として数えます。
アルファベットは半角英数の扱いとなります。

(8)優秀演題賞について

一般演題口演の中から、最優秀演題賞と優秀演題賞を選出いたします。また、優秀ポスター賞に応募された演題の中から、最優秀ポスター賞と優秀ポスター賞を選出いたします。

※優秀ポスター賞に応募される場合は、必ず、演題登録画面の「希望発表形式」選択の際に、「基礎学術集会優秀演題賞(優秀ポスター賞)応募演題」を選択ください。

(9)演題の登録、確認・修正

演題登録

確認・修正

※指定演題のご案内は4月上旬頃にメールにてご案内いたします。

※暗号通信利用のお願い
オンライン登録および修正は、原則として暗号通信の使用をお願いします。
暗号通信の使用により、第三者がパスワードを盗用して、演題・抄録を無断削除したり、改竄したりすることを防ぐことができます。
暗号通信が使えない場合(施設やプロバイダーの設定に問題があるか、ブラウザが古い)は、平文通信をご利用ください。平文通信においては、パスワード等の盗用が可能ですので、セキュリティや個人情報の保護の点で危険だということを十分に考慮してください。

5. ご登録確認メール

演題登録完了後、確認のメールがご登録いただきましたメールアドレスに配信されます。届かない場合はメールアドレスが間違っている可能性がありますので【確認・修正】画面よりご確認いただくか、事務局(joakiso2018@congre.co.jp)までご連絡ください。

6. 個人情報保護

演題登録にて収集いたしました個人情報は、事務局よりのお問い合わせ・ご通知、抄録集作成に使用いたします。学術集会運営目的以外に使用することはございません。登録された一切の情報は事務局にて管理いたします。

7. 演題採用通知

演題の採択は、ご提出いただいた抄録をもとに学術集会プログラム委員会において決定いたします。演題の採否のご連絡は2018年6月頃に、ご登録いただきましたメールアドレスにお知らせいたします。

8. 演題に関するお問合わせ先

株式会社コングレ大阪本社内
TEL:06-6229-2555(月~金 10:00~17:30)
FAX:06-6229-2556
E-mail:joakiso2018@congre.co.jp