第44回日本整形外科スポーツ医学会学術集会

  • HOME
  • ご挨拶
  • 開催概要
  • プログラム
  • 参加者へのご案内
  • 全員懇親会へのご案内
  • ハンズオンセミナー
  • SUPサーフィン大会
  • 演題募集
  • 学生と若手医師が語るスポーツ整形外科
  • 会場へのご案内
  • 宿泊予約
  • 企業・団体の皆様へ
  • 広報チラシ・ポスター設置お申込み
  • リンク
  • The 16th JOSSM-KOSSM Combined Meeting

ご挨拶

会長画像

第44回日本整形外科スポーツ医学会学術集会
会長 西良 浩一
徳島大学大学院医歯薬学研究部運動機能外科学(整形外科)教授

このたび、2018年9月7日~9日、徳島市において第44回日本整形外科スポーツ医学会学術集会を開催させていただきます。また、第16回日韓整形外科スポーツ医学会も同時開催させていただきます。学会のテーマを「情熱と覚悟~100%を超える復帰」とさせていただきました。

スポーツ医学においてアスリートを治療する場合、治療成績が80%では引退です。術前の100%の状態としてフィールド復帰を行うことが、治療における大前提です。従いまして、スポーツドクターが治療を行うには「情熱」が必要です。さらに、治療成績によっては引退となるアスリートを、責任を持って治療するには「覚悟」を求められます。スポーツドクターは、常々、「情熱と覚悟」を持って診断と治療に当たっているのです。

近年の手術療法の特に低侵襲内視鏡治療の進歩に加え、コンディショニングやリハビリテーションの発展により、アスリートの治療成績が飛躍的に向上しております。現在では、受傷前の状態以上にしてフィールド復帰が可能となる時代です。従いまして、サブタイトルを「100%以上に復帰」としました。二度と再発しない状態で復帰させるという意味も持ちます。

今回のメインの企画は、「100%を超える復帰・パネルディスカッション」です。各部位毎にパネルを用意いたします。このパネルを聞くことで、復帰までには100%を超える状態に引き上げる治療法、リハビリテーション、コンディショニングの知識を会員全体で共有し、アスリートのnext decadesにおける根本的ストラテジーに出来ればと思っています。もう一つの特別企画は、「女子アスリートの身体は女性スペシャリストが守る(仮)」です。ジュニアアスリート、トップアスリート、シニアアスリートの3つのセッションとします。各5名、総勢15名の女性スペシャリストにより各世代の女子アスリート特有の障害とその対策について討論していただきます。その他、多彩なシンポジウムも用意しております。さらに本年は日韓スポーツが併会の年となります。多くの方々の英語での演題登録をお願いします。二日目は、全会場で一日中英語での討論。今からとても楽しみにしております。

文化講演にはアルピニストの野口健氏をお招きいたします。野口氏は1999年にエベレストの登頂に成功し、7大陸最高峰世界最年少登頂記録を25歳で樹立した方です。現在、徳島大学運動機能外科学教室の非常勤講師をお勤めです。8000メートルを超える高地での人間の身体の変化と適応など、大変興味深いご講演が聴けると思います。

全員懇親会では、徳島県に所縁のある「何も言えなくて・・・夏」で有名なThe JAYWALKの皆様にミニ・コンサートを依頼しました。私が30歳の頃の1993年に大ヒットした曲です。現在の30歳代から60歳代までの幅広い年齢層には懐かしい曲と思います。現在も非常にアクティブに活動中です。懐かしい曲、新しい曲など楽しみながらのGala dinner、お楽しみ下さい。

さて、徳島県は恵まれた自然環境の下、多種多様な農林水産物が生産されております。当県は、現在ミシュラン11年連続三ツ星受賞の「元麻布・かんだ」神田裕行氏の故郷でもあります。「食」にこだわりの県民性です。すだち、カリフラワー、生しいたけ、レンコン、サツマイモなどは高い品質で生産量も日本トップレベルです。また、味に自慢の徳島産のハモや川魚の女王・鮎もお楽しみ下さい。徳島の阿波牛は、血統に強いこだわりをもって飼育されたきれいな霜降り・やわらかい肉質が特徴です。毎年、高い評価を受けております。そして、何と言っても徳島の地鶏・阿波尾鶏。出荷数、シェアともに名古屋コーチン、比内地鶏、薩摩地鶏を抑えて日本一のブランドです。もちろん、味も最高です。

会期中、日中の学会は勿論のこと、夜は徳島の郷土料理をお楽しみ下さい。秋の徳島。教室員、同門会一同、お待ちいたしております。