第51回日本薬剤師会学術大会 金沢

プログラム一覧

特別記念講演 | 特別講演 | 分科会 | 教育セミナー

※演題名には仮題を含みます。

特別記念講演  9月23日(日) 11:00-12:00 第1会場 (石川県立音楽堂 2F コンサートホール)

(仮)「生物と無生物のあいだ」

座長: 中森 慶滋 公益社団法人石川県薬剤師会 会長
演者: 福岡 伸一 青山学院大学総合文化政策学部 教授

特別講演

特別講演 19月23日(日) 13:40-14:40 第1会場 (石川県立音楽堂 2F コンサートホール)

高齢者のポリファーマシー対策

座長: 河原 昌美 金沢市立病院 薬剤室長
演者: 秋下 雅弘 東京大学大学院医学系研究科 老年病学 教授

特別講演 29月23日(日) 14:50-15:50 第1会場 (石川県立音楽堂 2F コンサートホール)

ここまできた薬によるがん治療

座長: 宮本 謙一 金沢大学名誉教授
演者: 矢野 聖二 金沢大学がん進展制御研究所腫瘍内科 教授

特別講演 39月23日(日) 16:00-17:00 第1会場 (石川県立音楽堂 2F コンサートホール)

人生の最終段階における医療と薬剤師の役割

座長: 石川 和宏 北陸大学薬学部 教授
演者: 長尾 和宏 医療法人社団裕和会 理事長

特別講演 49月24日(月・祝) 9:00-10:00 第1会場 (石川県立音楽堂 2F コンサートホール)

 

座長: 崔 吉道 金沢大学附属病院 教授・薬剤部長
演者: 中山 健夫 京都大学大学院医学研究科健康情報学 教授

特別講演 59月24日(月・祝) 10:10-11:10 第1会場 (石川県立音楽堂 2F コンサートホール)

薬剤師行動規範の意味するところファーマシューティカル・ケア 薬剤師の目的とは

座長: 中森 慶滋 公益社団法人石川県薬剤師会 会長
演者: 山本 信夫 公益社団法人日本薬剤師会 会長

特別講演 69月23日(日) 17:10-18:10 第1会場 (石川県立音楽堂 2F コンサートホール)

ゴルトベルク変奏曲 Goldberg-Variationen 抜粋 Johann Sebastian Bach  月の光 Clair de Lune Suite bergamasque Claude Achille Debussy (他)

座長: 中森 慶滋 公益社団法人石川県薬剤師会 会長
演者: 平野 加奈 ピアニスト

分科会

分科会 19月23日(日) 13:40-15:40 第2会場 (ANAクラウンプラザホテル金沢 3F 鳳の間西)

目に見える学校薬剤師活動

座長: 村松 章伊 公益社団法人日本薬剤師会 常務理事
  村田 世里子 公益社団法人石川県薬剤師会 常務理事
【基調講演】
(仮)学校環境衛生基準一部改正の趣旨と解説
  小出 彰宏 文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課  健康教育調査官
平成29年度全国学校保健調査結果について
  清水 大 公益社団法人日本薬剤師会 理事
(仮)学校環境衛生基準に基づいた活動について
  渡邉 隆 岐阜県学校薬剤師会  理事
(仮)くすり教育について
  藤波 美津子 大阪市学校薬剤師会 副会長

分科会 29月23日(日) 13:40-15:40 第3会場 (ANAクラウンプラザホテル金沢 3F 鳳の間中・東)

保険薬局でできる高齢者の腎臓病対策

座長: 竹内 裕紀 東京薬科大学 薬学部 医療実務薬学教室 准教授
  松本 有右 公益社団法人 東京都薬剤師会 常務理事
【基調講演】
腎機能低下時に気をつける薬
  平田 純生 熊本大学薬学部附属
育薬フロンティアセンター臨床薬理学分野 教授
腎臓病療養指導士がなぜ必要なのか?
  伊藤 譲 レモン薬局三方原店 薬局長
腎機能低下患者の薬の簡単な減量法
  島 祐子 イオン薬局登美ヶ丘店
保険薬局でできる腎機能把握
  添石 遼平 八王子薬剤センター薬局 薬局長
糖尿病性腎症を防ぐ
  杉本 悠花 医療法人 光晴会病院 薬剤科 主任
腎機能を守るための服薬指導
  近藤 悠希 熊本大学大学院生命科学研究部・薬学部 薬剤情報分析学部分野 助教

分科会 39月23日(日)13:40-15:40 第7会場 (ホテル日航金沢3F 孔雀の間BC)

医療ビッグデータの薬局での利活用と今後の展望

座長: 崔 吉道 金沢大学附属病院 教授・薬剤部長
  森戸 敏志 石川県済生会金沢病院 薬剤部長
【基調講演】
薬局のビッグデータ、AUT構想
  吉田 易範 内閣府 食品安全委員会 事務局 評価第一課長
(仮)AI技術概論とNEC健康シミュレーションのご紹介
  上條 憲一 日本電気株式会社 医療ソリューション事業部 システム主幹
KDB・行政データ AI分析の社会実装例の紹介
  寒河江 雅彦 金沢大学人間社会研究域 経済学経営学系 教授
産学官連携アポテカプロジェクトと地域薬局の今後の展望について
  長基 健人 株式会社コメヤ薬局 常務取締役

分科会 49月23日(日) 13:40-15:40 第8会場 (ホテル日航金沢 4F 鶴の間AB)

妊婦・授乳婦と胎児・乳児の安全と安心を支える薬剤師業務
~ 添付文書プラスαの臨床能力 ~

座長: 澤野 和彦 公益社団法人石川県薬剤師会 専務理事
  地野 幹子 国家公務員共済組合連合会 北陸病院薬剤科 薬局長
【基調講演】
添付文書プラスαの知識と技術で妊婦・授乳婦の安全と安心を支える
  林 昌洋 国家公務員共済組合連合会虎の門病院 薬剤部 薬剤部長
「禁忌」であってもI.Cを得て妊娠中に投与されうる医薬品
  鈴木 典子 共立習志野台病院 薬剤科
「禁忌」薬服用後の妊婦相談でリスク増加なしと判断できる医薬品
  伏見 友里 社会福祉法人恩賜財団母子愛育会総合母子保健センター愛育病院 
薬剤科 主任
授乳中の医薬品が児に及ぼす影響に関する相談の進め方
  手島 慶子 高槻病院 薬剤部 主任

分科会 59月23日(日) 13:40-15:40 第9会場 (ホテル日航金沢 4F 鶴の間C)

薬学的知識を緩和医療にどう活かすか

座長: 山田 千代子 石川県立中央病院 薬剤部長
  高橋 喜統 金沢医科大学病院薬剤部 薬物療法課 課長
【基調講演】
がん性疼痛と副作用
  鈴木 勉 星薬科大学薬物依存研究室 特任教授・名誉教授
NSAIDSとオピオイド 外来がん治療認定薬剤師
  角 佳亮 七尾らいふ薬局 管理薬剤師
がんサバイバーへの対応
  神林 祐子 大阪薬科大学 臨床実践薬学教育研究室 教授(特任)
(京都府立医科大学附属病院 化学療法部)
慢性疼痛への対応
  山口 重樹 獨協医科大学医学部麻酔学講座 主任教授

分科会 69月23日(日) 13:40-15:40 第10会場 (ポルテ金沢 6F 金沢市アートホール)

地域で看取るということ

座長: 橋本 昌子 公益社団法人石川県薬剤師会  副会長
  森田 映司 公益社団法人石川県薬剤師会
【基調講演】
「家庭のような病院を」「ナラティブホームの物語」
  佐藤 伸彦 医療法人社団ナラティブホーム  理事長
心をささえる在宅ケア
  秋山 正子 株式会社ケアーズ 白十字訪問看護ステーション 代表取締役 統括所長
その人らしく生き、その人らしく死ぬために
  加藤 忠相 株式会社あおいけあ 代表取締役
地域での看取りを支える薬剤師の役割とは
  大澤 光司 一般社団法人全国薬剤師・在宅療養支援連絡会 会長

分科会 79月23日(日) 13:40-15:40 第11会場 (ホテル金沢 4F エメラルドA)

薬局薬剤師の研究のエビデンス化(論文作成)に向けた第一歩

座長: 亀井 美和子 公益社団法人日本薬剤師会 常務理事
  出石 啓治 岡山県薬剤師会 副会長
(仮)研究テーマの見つけ方
  宮﨑 長一郎 公益社団法人日本薬剤師会 常務理事
(仮)研究計画書の作成について
  飯嶋 久志 一般社団法人千葉県薬剤師会 薬事情報センター長
(仮)データ処理の方法
  波多江 崇 神戸薬科大学薬学臨床教育・研究センター 准教授
(仮)学術論文の執筆のポイント
  武田 泰生 鹿児島大学病院薬剤部 薬剤部長

分科会 89月23日(日) 13:40-15:40 第13会場 (ホテル金沢 5F アプローズ)

人を救うということ、命を救うということ

座長: 中森 慶滋 公益社団法人石川県薬剤師会 会長
  角野 雅之 福井県薬剤師会 副会長
学生から研修医になりたてだからこそ気付けること
~命を救う現場で忘れてはならないこと~
  白崎 加純 沖縄県立中部病院 初期研修医
人生にピリオドを打つかの選択において
医療者側からの情報の伝えかた
  亀谷 航平 沖縄県立中部病院 後期研修医
生活から学び、生活へと還元する地域医療をめざして
  高山 義浩 沖縄県立中部病院 感染症内科 医師
延命のためだけに使用される薬剤の是非について
  中出 順也 金沢大学附属病院薬剤部 薬剤主任

分科会 99月23日(日) 16:00-18:00 第3会場 (ANAクラウンプラザホテル金沢 3F 鳳の間中・東)

老化は病気か
~認知症やフレイルの早期発見における薬剤師の役割

座長: 吉田 力久 公益社団法人日本薬剤師会 常務理事
  直田 弥丈 公益社団法人石川県薬剤師会
フレイル対策からの認知症予防
  荒井 秀典 国立長寿医療研究センター 病院長
現場で気づく加齢に伴う機能の低下と対応
  根本 ひろ美 ねもと薬局グループ 代表
認知症高齢者の「食べる」をサポートする
~摂食機能療法と薬剤師の関り~
  長谷 剛志 公立能登総合病院  歯科口腔外科部長
認知症高齢者ご本人の思いを大切にした関わり
  後藤 惠子 東京理科大学薬学部 教授

分科会 109月23日(日) 16:00-18:00 第10会場 (ポルテ金沢 6F 金沢市アートホール)

人生の最終段階をどこで過ごすか

座長: 大澤 光司 公益社団法人日本薬剤師会 地域医療・保健委員会 委員
  小林 星太 公益社団法人石川県薬剤師会
【基調講演】
(仮)超高齢社会における地域医療とあり方と薬剤師の役割
  佐々木 淳 医療法人社団悠翔会   理事長
街中におけるがん患者さん等の支援
  綿谷 修一 NPO法人 がんとむきあう会 副理事長
最期の時まで私の日常を生きるを支えたい
  西田 まち子 一般社団法人 凪の家 代表理事
人生の最終段階において、リハビリ職が(非薬物的に)お手伝いできること
  神野 俊介 なないろ訪問看護ステーション 理学療法士
あなたには、地域に居場所がありますか?
  大石 和美 有限会社丸山薬局 代表取締役

分科会 119月23日(日) 16:00-18:00 第11会場 (ホテル金沢 4F エメラルドA)

アスリートにとって大切なものは

座長: 亀井 美和子 公益社団法人日本薬剤師会 常務理事
  高山 成明 公益社団法人石川県薬剤師会
アンチ・ドーピングの最新動向(仮)
  浅川 伸 公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構 専務理事
医療者に望むこと~選手・指導者の立場から~(仮)
  杉林 孝法 金沢星稜大学人間科学部スポーツ学科 准教授
アンチ・ドーピングへの関わり方(2017年度国体開催県)(仮)
  足永 貴義 愛媛県薬剤師会 アンチ・ドーピング特別委員会 副委員長
アンチ・ドーピングへの関わり方(TOKYO2020開催地)(仮)
  小林 百代 東京都薬剤師会アンチ・ドーピング活動推進ワーキンググループ 委員長

分科会 129月24日(月・祝) 9:00-11:00 第3会場 (ANAクラウンプラザホテル金沢 3F 鳳の間中・東)

老いを支える
~地域包括ケアにおける薬局・薬剤師のあり方

座長: 安部 好弘 公益社団法人日本薬剤師会 副会長
  有澤 賢二 公益社団法人日本薬剤師会 常務理事
【基調講演】
(仮)地域包括ケアシステムの深化に取り残されない薬局・薬剤師とは
  田中 滋 公立大学法人 埼玉県立大学 理事長
これからの薬剤師と介護支援専門員の医療介護連携
  小原 秀和 一般社団法人日本介護支援専門員協会 副会長
「地域包括ケア推進における岡山県薬剤師会の支部活動(仮)」
  役重 昌広 一般社団法人岡山県薬剤師会 常務理事

分科会 139月24日(月・祝) 9:00-11:00 第7会場 (ホテル日航金沢 3F 孔雀の間BC)

がん医療における分子標的薬のマネジメント-薬剤師はどう対応するか

座長: 吉村 知哲 大垣市民病院薬剤部 薬剤部長
  石川 和宏 北陸大学薬学部 教授
分子標的薬総論
  松尾 宏一 福岡大学筑紫病院薬剤部 副薬剤部長
肺がんにおける分子標的薬のマネジメント
  阪田 安彦 広島市立広島市民病院薬剤部 副部長
乳がんにおける分子標的薬のマネジメント
  日置 三紀 三重大学医学部附属病院薬剤部 薬剤主任
造血器腫瘍における分子標的薬のマネジメント
  土手 賢史 京都桂病院 薬剤科 主任

分科会 149月24日(月・祝) 9:00-11:00 第8会場 (ホテル日航金沢 4F 鶴の間AB)

OTC医薬品を活用したプライマリケア

分科会主旨説明
座長: 中島 恵美 慶應義塾大学 名誉教授
  三浦 智子 公益社団法人石川県薬剤師会 副会長
【基調講演】
基調講演 育薬健康サポートネットワークの構築(仮)
  堀 里子 慶應義塾大学薬学部医薬品情報学講座 教授
薬局の現状 健康サポート薬局薬剤師からみるプライマリケア(仮)
  丸一 泰雅 北塚らいふ薬局
地域医療・保健に志向する強い意識を持った『ジェネラリスト薬剤師』(仮)
  成井 浩二 東京薬科大学 薬学部 医療薬学科 一般用医薬品学教室 講師

分科会 159月24日(月・祝) 9:00-11:00 第9会場 (ホテル日航金沢 4F 鶴の間C)

これからの医薬分業を考える‐海外を参考として‐

座長: 田尻 泰典 公益社団法人日本薬剤師会 副会長
  吉田 力久 公益社団法人日本薬剤師会 常務理事
(仮)カナダにおける薬剤師業務の変遷と現在の取組みについて
  若子 直也 フォートロイヤルファーマシー マネージャー
平成30年度調剤報酬改定の観点から
  中山 智紀 厚生労働省保険局医療課 薬剤管理官
(仮)副作用報告等のこれからのかかりつけ薬剤師への期待
  益山 光一 東京薬科大学薬学部薬事関係法規研究室 教授
(仮)今後の医薬分業を考える~英国等での薬剤師業務の変遷等を参考に~
  亀井 美和子 公益社団法人日本薬剤師会 常務理事

分科会 169月24日(月・祝) 9:00-11:00 第10会場 (ポルテ金沢 6F 金沢市アートホール)

その人らしく最期を迎えるために―病院薬剤師から立場を変えて関わるー

座長: 今村 光一 医療法人社団鶴友会 鶴田病院  薬剤部長
  玉井 照枝 東北労災病院 がん相談支援センター 認定がん専門相談員
緩和ケア病棟での薬剤師の役割
  萬谷 摩美子 医療法人愛和会 愛和病院 薬局長
看取りまでの「生」を支えるチームワーク
  鉄穴口 麻里子 安芸地区医師会居宅介護支援事業所 主任
地域の多職種医療チームをめざして
  久原 幸 株式会社メディカルシステムネットワーク 薬局事業本部 地域薬局事業部 
医療連携セクション 副部長
病院の外で患者との関わりの中から教わること
  橋本 秀子 石川県がん安心生活サポートハウス

分科会 179月24日(月・祝) 9:00-11:00 第11会場 (ホテル金沢 4F エメラルドA)

障がい者と呼ばれる人々に対する無意識的なバリアはどこから作られているのか?
-知り、考え、行動するために-

座長: 菅 幸生 金沢大学医薬保健研究域薬学系 准教授
  渡邉 和久 公益社団法人日本薬剤師会 常務理事
障害だけを見ないで
  香田 晴子 日本自立生活センター 所長
いのちの誕生をめぐる現代史―優生保護法から出生前診断、ゲノム編集まで
  利光 惠子 立命館大学生存学研究センター 客員研究員
無意識のバリアを無くし心のユニバーサルデザインを作る
  早瀨 久美 昭和大学病院薬剤部 薬剤師
石川県薬剤師会における障がいに対する取り組みー薬局店頭における聴覚障がい、
視覚障がいの応対について
  山崎 敏誉 公益社団法人石川県薬剤師会 理事
ろう者向けお薬相談会~障害者との交流を積み重ねて~
  大熊 理恵子 ダイガク薬局むろまち

分科会 189月24日(月・祝) 9:00-11:00 第13会場 (ホテル金沢 5F アプローズ)

こども達のために明日役に立つこと
-薬剤師でこども達を守ろう-

座長: 村杉 紀明 公益社団法人日本薬剤師会医薬分業対策委員会 委員
  小高 賢一 東京理科大学薬学部 臨床教授
【基調講演】
小児科医が処方せんに込めた思い。
  高橋 肇 はじめこどもクリニック 院長(小児科医)
ワクチン接種を推進しよう。
  清水 啓道 東京大学医学部附属病院薬剤部
小児アレルギーエデュケーターの役割
  近藤 佳代子 社会医療法人 財団新和会 八千代病院 薬剤部 リーダー
小児薬物認定薬剤師の仕事ぶり
  谷尻 純子 有限会社サン・フィールド あい薬局 薬剤師

分科会 19 9月24日(月・祝) 11:10-13:10 第3会場 (ANAクラウンプラザホテル金沢 3F 鳳の間中・東)

今日から実践できるポリファーマシー対策

座長: 島田 光明 公益社団法人日本薬剤師会 常務理事
  地野 幹子 国家公務員共済組合連合会 北陸病院薬剤科 薬局長
【基調講演】
薬のChoosing Wisely:医療を受ける立場から
  北澤 京子 京都薬科大学 客員教授
高齢者の医薬品適正使用の指針から考えるポリファーマシーの概念
  大木 一正 公益社団法人東京都薬剤師会 副会長
当院におけるポリファーマシー対策
  中川 貴史 医療法人社団 和楽仁 芳珠記念病院 薬剤部 係長
シームレスな病診薬薬連携によるポリファーマシー対策 ~北九州八幡地区における取り組み~
  有吉  俊二 公益社団法人八幡薬剤師会 理事(副会長)

分科会 20 9月24日(月・祝) 11:10-13:10 第7会場 (ホテル日航金沢 3F 孔雀の間BC)

AMR対策これからどうする?~薬局薬剤師の役割を考える~

座長: 渡邊 大記 公益社団法人日本薬剤師会 常務理事
  西上 潤 独立行政法人 地域医療機能推進機構 金沢病院 薬剤科長
AMR対策の知識と理解を深める
  大曲 貴夫 国立国際医療研究センター病院 副院長
AMR臨床リファレンスセンターセンター長
外来患者の抗菌薬に対する認識
  継田 雅美 新潟薬科大学薬学部 臨床薬学研究室 教授
抗菌薬使用量の把握と評価・対策
  村木 優一 京都薬科大学臨床薬剤疫学分野 教授
抗微生物薬適正使用の理解を深める
  飯沼 由嗣 金沢医科大学臨床感染症学 教授

分科会 219月24日(月・祝) 11:10-13:10 第8会場 (ホテル日航金沢 4F 鶴の間AB)

保険薬局での新しい取り組み~保険薬局のモニタリングの実際と薬薬連携~

座長: 古川 裕之 山口大学医学部附属病院薬剤部 医療安全システムデザイナー
  柏原 宏暢 公益社団法人石川県薬剤師会 副会長
薬のリスクから患者を守るための高機能携帯用通信機器を用いた『副作用モニタリングシステム』
  福森 淳 株式会社霧島市民薬局 代表取締役
滋賀県CKDシールを受けて取り組む保険薬局での腎機能評価と普及活動及び北海道釧路エリアでの取り組み
  松尾 陽介 フロンティア薬局 鶴ヶ岱店 管理薬剤師
携帯型心電計を用いた薬局薬剤師によるQT延長薬のリスク管理から薬薬連携(薬局と大学)まで
  篠崎 幸喜 ひくま薬局 管理薬剤師
有害事象(AE)報告システム「平塚中郡薬剤師会方式」の構築―MSを巻き込んだ連携スタイル―
  飯塚 敏美 平塚中郡薬剤師会 理事

分科会 229月24日(月・祝) 11:10-13:10 第9会場 (ホテル日航金沢 4F 鶴の間C)

速やかな対応が迫られる運転注意薬の説明指導

座長: 木津 純子 薬学共用試験センター 顧問
  石川 和宏 北陸大学薬学部 教授
処方薬と自動車運転 ?適切な処方と療法指導? (仮)
  一杉 正仁 滋賀医科大学社会医学講座法医学部門 教授
薬局で行う糖尿病患者への自動車運転に関する注意喚起(仮)
  佐竹 正子 薬局恵比寿ファーマシー 管理薬剤師
医薬品服用中における自動車運転等の注意喚起徹底に関する院内統一 (仮)
  服部 慈久 名古屋市立東部医療センター薬剤科
事業用自動車の安全を確保するために (仮)
  八木 敏晴 しずてつジャストライン 安全運行統括部 運行支援課

分科会 239月24日(月・祝) 11:10-13:10 第10会場 (ポルテ金沢 6F 金沢市アートホール)

卒後初期研修から専門性獲得まで

座長: 乾 英夫 公益社団法人日本薬剤師会 副会長
  吉藤 茂行 公益社団法人石川県薬剤師会 副会長
(仮)レジデント制度の取り組みと初期研修
  山田 清文 名古屋大学医学部附属病院薬剤部 教授・薬剤部長
(仮)薬局薬剤師の生涯学習
  宮﨑 長一郎 公益社団法人日本薬剤師会 常務理事
(仮)病院薬剤師会の生涯学習
  本間 真人 公益社団法人日本病院薬剤師会 理事
(仮)医療薬学会における専門性の獲得と学術研究
  奥田 真弘 一般社団法人日本医療薬学会 会頭
(仮)専門薬剤師への取り組み
  加藤 裕久 昭和大学薬学部 臨床薬学講座 医薬情報解析学部門 教授
(仮)研究能力の育成 社会人博士課程への招待
  崔 吉道 金沢大学附属病院 教授・薬剤部長

分科会 249月24日(月・祝) 11:10-13:10 第11会場 (ホテル金沢 4F エメラルドA)

GDP(医薬品の適正流通基準)の国内対応について
~その展望と課題  製造-流通-医療現場まで~

座長: 木俣 博文 公益社団法人日本薬剤師会 卸薬剤師部会 前部会長
  秋本 義雄 金沢大学大学院 医薬保健学総合研究科  特任准教授
【基調講演】
(仮)医薬品流通における品質や安全性の確保のための方策について
-日本におけるPIC/S、GDPの対応-
  紀平 哲也 厚生労働省 医薬・生活衛生局 総務課  薬事企画官
(仮)医薬品製造販売業におけるGDP対応の現状と課題
  松本 欣也 日本製薬団体連合会 品質委員会 常任委員
(仮) JGSPのGDP国際整合化対応について
  一條 宏 日本医薬品卸売業連合会 薬制委員会 委員長
(仮)薬局に求められるGDPの順守、現状と課題
  森 昌平 公益社団法人日本薬剤師会 副会長

教育セミナー  9月24日(月・祝) 9:00-12:00 第2会場 (ANAクラウンプラザホテル金沢 3F 鳳の間西)

人によりそう服薬指導のすすめ(テキストセミナー)

座長: 橋本 昌子  
演者: 飯山 晄朗 人財教育家・メンタルコーチ