日本臨床麻酔学会第36回大会

プログラム

日本臨床麻酔学会第36回大会 プログラム委員会

役割 分野 氏名 所属
プログラム委員長   横山 正尚 高知大学医学部麻酔科学・集中治療医学講座
プログラム委員顧問   廣田 和美 弘前大学大学院医学研究科麻酔科学講座
プログラム委員顧問   川真田 樹人 信州大学医学部麻酔蘇生学講座
プログラム委員 栄養・輸液 祖父江 和哉 名古屋市立大学大学院医学研究科麻酔科学・集中治療医学分野
プログラム委員 神経・脳 垣花 学 琉球大学医学部麻酔科学講座
プログラム委員 痛み・術後痛 天谷 文昌 京都府立医科大学麻酔科学教室
プログラム委員 緩和・ペインクリニック 山口 重樹 獨協医科大学麻酔科学講座
プログラム委員 区域麻酔 中本 達夫 関西医科大学医学部麻酔科学講座
プログラム委員 呼吸・気道 浅井 隆 獨協医科大学越谷病院麻酔科
プログラム委員 循環・心臓 田中 克哉 徳島大学医学部大学院麻酔・疼痛治療医学分野
プログラム委員 小児 岩崎 達雄 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科麻酔・蘇生学講座
プログラム委員 産科 角倉 弘行 順天堂大学医学部麻酔科学・ペインクリニック講座
プログラム委員 筋弛緩薬 鈴木 孝浩 日本大学医学部 麻酔科学系麻酔科学分野
プログラム委員 集中治療 江木 盛時 神戸大学大学院医学研究科外科系講座麻酔科学分野
プログラム委員 救急 鶴田 良介 山口大学大学院医学系研究科救急・総合診療医学
プログラム委員 モニター 山下 幸一 高知大学医学部麻酔科学・集中治療医学講座
プログラム委員 認知機能 河野 崇 高知大学医学部麻酔科学・集中治療医学講座
プログラム委員 周術期管理一般 矢田部 智昭 高知大学医学部麻酔科学・集中治療医学講座
  • オープニングセレモニー
  • 特別講演・特別企画
  • 海外招待講演
  • 招請講演
  • 教育講演
  • 学会各賞・講演
  • シンポジウム
  • PBL
  • リフレッシャーコース
  • ハンズオンワークショップ
  • 一般演題
  • 日中麻酔セミナー
  • 共催セミナー
  • 企業ミニセミナー
  • 吉田類のほろ酔いセミナー
  • ジョギング大会
  • 会員懇談会・セキュリティーコンサート

オープニングセレモニー

国内外からのゲストによるショートスピーチなど

特別講演

  1. 「高知の偉人・牧野富太郎と高知県立牧野植物園」
    11月3日(木・祝) 09:30-10:30  第1会場 (高知市文化プラザかるぽーと 2F 大ホール)
    座長: 脇口 宏(高知大学学長)
    演者: 水上 元(高知県立牧野植物園園長)
  2. 「少子高齢化とこれからの医療を考える」
    11月3日(木・祝) 10:40-11:40  第1会場 (高知市文化プラザかるぽーと 2F 大ホール)
    座長: 森田 潔(国立大学法人岡山大学学長)
    演者: 村木 厚子

特別企画(パネルディスカッション)

  1. 「Message from the journal editor of the world - How to publish the papers -」
    11月4日(金) 09:50-11:50  第1会場 (高知市文化プラザかるぽーと 2F 大ホール)
    座長: 廣田 和美(弘前大学大学院医学研究科麻酔科学講座)
    浅井 隆(獨協医科大学越谷病院麻酔科)
    演者: 「How to carry out and publish clinical research」
    浅井 隆(獨協医科大学越谷病院麻酔科)
      「What kind of studies we want」
    Nigel R Webster (Chairman, BJA, UK)
      「Avoid scientific misconduct」
    Steven L. Shafer (Stanford University, USA)
      「Specific requirements for submitting drafts to pain journals」
    Vincent Chan (University of Toronto, Canada)
  2. 「どこへ向かう、これからの医療 ―地域医療のあり方―」
    11月4日(金) 13:20-15:50  第1会場 (高知市文化プラザかるぽーと 2F 大ホール)
    座長: 本家 孝一(高知大学医学部長)
      横山 正尚(高知大学医学部麻酔科学・集中治療医学講座)
    演者: 「今後の医療提供体制について」
    伯野  春彦(厚生労働省 医政局 地域医療計画課医師確保等地域医療対策室室長)
      「岡山大学メディカルセンター構想(OUMC)」
    森田 潔(国立大学法人岡山大学学長)
      「どこへ向かう,これからの医療―地域医療のあり方
    ―地域における今後の医療の問題点と解決策を行政の立場から」

    家保 英隆(高知県健康政策部)
      「新内科専門医制度と地域医療」
    横山 彰仁(高知大学 医学部 血液・呼吸器内科)
      「超高齢化社会において麻酔科医の果たすべき役割とは何か」
    大嶽 浩司(昭和大学医学部麻酔科学講座)

海外招待講演

  1. 「Avoiding Transfusion: Managing and Preventing Perioperative Anemia」
    11月3日(木・祝) 09:55-10:45  第6会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 3F 蘭の間1)
    座長: 萬 知子(杏林大学医学部麻酔科学教室)
    演者: Colleen Koch
    (Professor and Chair Department of Anesthesiology and Critical Care Medicine Johns Hopkins Medicine, USA)
  2. 「Clinical application of MAC: A novel approach in inhalation anesthesia」
    11月3日(木・祝) 10:50-11:40  第6会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 3F 蘭の間1)
    座長: 多田 恵一(医療法人社団 おると会 浜脇整形外科病院)
    演者: Thara Tritrakarn (Department of Anesthesiology, Siriraj Hospital, Bangkok, Thailand)
  3. 「Scope and Practice of Regional Anesthesia:Past, Present and Future」
    11月3日(木・祝) 16:00-16:50  第6会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 3F 蘭の間1)
    座長: 藤原 祥裕(愛知医科大学医学部麻酔科学講座)
    演者: Manoj Kumar Karmakar
    (Consultant Anaesthesiologist (Hon) and Director of Paediatric Anaesthesia Department of Anaesthesia and Intensive Care. The Chinese University of Hong Kong, Prince of Wales Hospital, Hong Kong)
  4. 「Nociceptin and Sepsis」
    11月3日(木・祝) 16:55-17:45  第6会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 3F 蘭の間1)
    座長: 廣田 和美(弘前大学大学院医学研究科麻酔科学講座)
    演者: David G.Lambert
    (Professor of Anaesthetic Pharmacology, College of Medicine, Biological Sciences and Psychology, University of Leicester, Leicester, UK)
  5. 「The Fallacy of Persistent Post-Operative Cognitive Decline」
    11月4日(金) 09:50-10:40  第6会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 3F 蘭の間1)
    座長: 尾﨑 眞(東京女子医科大学麻酔科学教室)
    演者: Alex S. Evers (Washington University School of Medicine Saint Louis, Missouri, USA)
  6. 「The greatest danger in anaesthesiology: loss of professionalism」
    11月4日(金) 10:45-11:35  第6会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 3F 蘭の間1)
    座長: 稲田  英一(順天堂大学医学部麻酔科学・ペインクリニック講座)
    演者: David J Wilkinson
    (President, World Federation of Societies of Anaesthesiologists (WFSA) Emeritus Consultant Anaesthetist, Boyle Department of Anaesthesia, St. Bartholomew's Hospital, London, UK)
  7. 「Pain in Mice and Man: Ironic Adventures in Translation」
    11月4日(金) 13:20-14:10  第4会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 3F ゴールデンパシフィック東)
    座長: 川真田 樹人(信州大学医学部麻酔蘇生学講座)
    演者: Jeffrey S.Mogil
    (E.P. Taylor Professor of Pain StudiesCRC Chair in the Genetics of Pain (Tier I) Director, Alan Edwards Centre for Research on Pain McGill University Montreal, QC, Canada)
  8. 「Reaction cascade for postoperative cognitive impairment」
    11月4日(金) 14:15-15:05  第4会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 3F ゴールデンパシフィック東)
    座長: 森本 裕二(北海道大学大学院医学研究科麻酔・周術期医学分野)
    演者: Zhiyi Zuo (Department of Anesthesiology, University of Virginia, Charlottesville, VA 22901, U.S.A.)
  9. 「Perioperative Stroke in General Surgery is More Common Than You Think」
    11月4日(金) 13:20-14:10  第6会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 3F 蘭の間1)
    座長: 山田 芳嗣(東京大学大学院医学系研究科・生体管理医学講座麻酔学)
    演者: Adrian W.Gelb
    (Distinguished Professor, Department of Anesthesia & Perioperative Care University of California San Francisco, USA)
  10. 「Sepsis, the endothelium and the anaesthetist」
    11月4日(金) 14:15-15:05  第6会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 3F 蘭の間1)
    座長: 佐和 貞治(京都府立医科大学麻酔科学教室)
    演者: Nigel R Webster (Professor of Anaesthesia and Intensive Care Medicine, University of Aberdeen, UK)
  11. 「Serial Research Misconduct by Anesthesiologists. How big is the problem? How do we address it?」
    11月4日(金) 15:10-16:00  第6会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 3F 蘭の間1)
    座長: 齋藤 繁(群馬大学大学院医学系研究科麻酔神経科学)
    演者: Steven L.Shafer (Professor of Anesthesiology, Perioperative and Pain Medicine, Stanford University, USA)
  12. 「Strategies to Prevent Regional Anesthesia Related Neurologic Complications」
    11月4日(金) 16:05-16:55  第6会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 3F 蘭の間1)
    座長: 西川 精宣(大阪市立大学大学院医学研究科麻酔科学講座)
    演者: Vincent WS Chan (Professor, Department of Anesthesia, University of Toronto, Canada)

招請講演(他領域のプロから麻酔科医へ)

  1. 「胎児治療最前線」
    11月3日(木・祝) 09:00-09:50  第7会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 3F 蘭の間2)
    座長: 木内 恵子(大阪府立母子保健総合医療センター麻酔集中治療科)
    演者: 遠藤 誠之(大阪大学大学院医学系研究科産科学婦人科学講座)
  2. 「医療におけるビッグデータとデータマイニング」
    11月3日(木・祝) 09:55-10:45  第7会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 3F 蘭の間2)
    座長: 河本 昌志(広島大学大学院医歯薬学総合研究科麻酔・蘇生学教室)
    演者: 奥原 義保(高知大学医学部付属医学情報センター)
  3. 「周術期口腔ケアの現状と課題」
    11月3日(木・祝) 10:50-11:40  第7会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 3F 蘭の間2)
    座長: 恒吉 勇男(宮崎大学医学部麻酔生体管理学教室)
    演者: 山本 哲也(高知大学医学部歯科口腔外科学講座)
  4. 「超高齢化社会における急性脳障害と認知症発症」
    11月3日(木・祝) 16:00-16:50  第7会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 3F 蘭の間2)
    座長: 小板橋 俊哉(東京歯科大学市川総合病院緩和ケア科)
    演者: 阿部 康二(岡山大学神経内科)
  5. 「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン-高齢者の精神疾患の治療から-」
    11月3日(木・祝) 16:55-17:45  第7会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 3F 蘭の間2)
    座長: 瀬尾 勝弘(小倉記念病院麻酔科・集中治療部)
    演者: 水上 勝義(筑波大学大学院人間総合科学研究科)
  6. 「基礎から見た腎臓研究の最前線」
    11月4日(金) 09:50-10:40  第7会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 3F 蘭の間2)
    座長: 小坂 誠(昭和大学横浜市北部病院 麻酔科)
    演者: 西山 成(香川大学 医学部 薬理学)
  7. 「慢性痛の治療~up-to-date」
    11月4日(金) 10:45-11:35  第7会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 3F 蘭の間2)
    座長: 南 敏明(大阪医科大学麻酔科学教室)
    演者: 牛田 享宏(愛知医科大学医学部学際的痛みセンター 運動療育センター)
  8. 「心臓血管外科手術のパラダイムシフトと麻酔科医に望む心エコー」
    11月4日(金) 15:10-16:00  第4会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 3F ゴールデンパシフィック東)
    座長: 岡本 浩嗣(北里大学医学部麻酔科学教室)
    演者: 渡橋 和政(高知大学医学部 外科学(外科二))
  9. 「医療安全への新しいアプローチ:レジリエンス・エンジニアリング」
    11月4日(金) 16:00-17:00  第3会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 3F ゴールデンパシフィック西)
    座長: 福田 和彦(京都大学医学部附属病院麻酔科)
    演者: 中島 和江(大阪大学医学部附属病院 中央クオリティマネジメント部)
  10. 「消化器外科領域におけるロボット支援手術の現状と展望」
    11月4日(金) 13:20-14:10  第7会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 3F 蘭の間2)
    座長: 上園 晶一(東京慈恵会医科大学麻酔科)
    演者: 宇山 一朗(藤田保健衛生大学総合消化器外科)
  11. 「がん免疫療法の開発戦略 -抗原提示の視点から-」
    11月4日(金) 14:15-15:05  第7会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 3F 蘭の間2)
    座長: 加藤 正人(国際医療福祉大学塩谷病院麻酔科)
    演者: 宇高 恵子(高知大学 医学部 免疫学)
  12. 「嚥下機能の病態評価と嚥下障害への対応」
    11月4日(金) 15:10-16:00  第7会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 3F 蘭の間2)
    座長: 坂本 篤裕(日本医科大学麻酔科学教室)
    演者: 兵頭 政光(高知大学医学部耳鼻咽喉科)
  13. 「急性腎障害(AKI)診療ガイドラインの現状」
    11月4日(金) 16:05-16:55  第7会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 3F 蘭の間2)
    座長: 森松 博史(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科麻酔・蘇生学講座)
    演者: 寺田 典生(高知大学医学部内分泌代謝・腎臓内科)
  14. 「終末期ガイドラインを考える:救急集中治療における合同ガイドラインから」
    11月4日(金) 16:00-17:00  第8会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 4F フローラ)
    座長: 土田 英昭(金沢医科大学麻酔科学講座)
    演者: 野々木 宏(静岡県立総合病院)
  15. 「情動を動かす嗅覚:匂いによる情動、感情、痛み管理の可能性」
    11月5日(土) 09:50-10:40  第5会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 2F あけぼの)
    座長: 飯田 宏樹(岐阜大学大学院医学系研究科麻酔・疼痛制御学)
    演者: 山口 正洋(高知大学 医学部 生理学講座)
  16. 「インターベンショナル・ラジオロジーの進歩」
    11月5日(土) 10:45-11:35  第5会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 2F あけぼの)
    座長: 山内 正憲(東北大学病院麻酔科)
    演者: 山上 卓士(高知大学 医学部 放射線科)

教育講演(臨床麻酔の最前線)

  1. 「全身性炎症管理の最前線2016」
    11月3日(木・祝) 09:00-09:50  第2会場 (高知市文化プラザかるぽーと 2F 小ホール)
    座長: 森﨑 浩(慶應義塾大学医学部麻酔学教室)
    演者: 松田 直之(名古屋大学大学院医学系研究科救急・集中治療医学分野)
  2. 「筋弛緩研究の論文化につなげる筋弛緩モニタリングテクニック」
    11月3日(木・祝) 09:55-10:45  第2会場 (高知市文化プラザかるぽーと 2F 小ホール)
    座長: 中塚 秀輝(川崎医科大学麻酔・集中治療医学1教室)
    演者: 鈴木 孝浩(日本大学医学部麻酔科学系麻酔科学分野)
  3. 「希釈式自己血輸血(Hemodilutional Autologous Blood Transfusion: HAT)の理論と実際」
    11月3日(木・祝) 10:50-11:40  第2会場 (高知市文化プラザかるぽーと 2F 小ホール)
    座長: 稲田 英一(順天堂大学医学部麻酔科学・ペインクリニック講座)
    演者: 廣田 和美(弘前大学大学院医学研究科麻酔科学講座)
  4. 「痛みの脳内認知機構と麻酔」
    11月3日(木・祝) 16:00-16:50  第2会場 (高知市文化プラザかるぽーと 2F 小ホール)
    座長: 川股 知之(和歌山県立医科大学麻酔科学教室)
    演者: 中江 文(大阪大学免疫学フロンティア研究センター、大阪大学大学院医学系研究科麻酔・集中治療医学)
  5. 「周術期誤嚥性肺炎:現状と予防、治療の可能性」
    11月3日(木・祝) 16:55-17:45  第2会場 (高知市文化プラザかるぽーと 2F 小ホール)
    座長: 藤野 裕士(大阪大学医学部附属病院集中治療部)
    演者: 内田 寛治(東京大学医学部附属病院麻酔科・痛みセンター)
  6. 「病態生理に基づく閉塞性睡眠時無呼吸の周術的管理」
    11月4日(金) 09:50-10:40  第2会場 (高知市文化プラザかるぽーと 2F 小ホール)
    座長: 落合 亮一(東邦大学医学部麻酔学教室)
    演者: 磯野 史朗(千葉大学大学院医学研究院麻酔科学)
  7. 「G2015に基づく新しいAHA BLS、ACLSコース」
    11月4日(金) 10:50-11:40  第2会場 (高知市文化プラザかるぽーと 2F 小ホール)
    座長: 川前 金幸(山形大学医学部麻酔科学講座)
    演者: 境田 康二(船橋市立医療センター 救命救急センター NPO法人 日本ACLS協会)
  8. 「意識と麻酔」
    11月4日(金) 13:20-14:10  第2会場 (高知市文化プラザかるぽーと 2F 小ホール)
    座長: 内野 博之(東京医科大学麻酔科学教室)
    演者: 萩平 哲(大阪府立急性期・総合医療センター麻酔科)
  9. 「超音波ガイド下神経ブロックの効率的習得法」
    11月4日(金) 14:15-15:05  第2会場 (高知市文化プラザかるぽーと 2F 小ホール)
    座長: 齊藤 洋司(島根大学医学部麻酔科学教室)
    演者: 村田 寛明(長崎大学医学部麻酔学教室)
  10. 「ARDS患者の人工呼吸―肺保護戦略を探る―」
    11月4日(金) 15:10-16:00  第2会場 (高知市文化プラザかるぽーと 2F 小ホール)
    座長: 山田 芳嗣(東京大学大学院医学系研究科・生体管理医学講座麻酔学)
    演者: 時岡 宏明(岡山赤十字病院麻酔科)
  11. 「代用血漿の現在と未来」
    11月4日(金) 16:05-16:55  第2会場 (高知市文化プラザかるぽーと 2F 小ホール)
    座長: 山蔭 道明(札幌医科大学医学部麻酔科学講座)
    演者: 小竹 良文(東邦大学医療センター大橋病院麻酔科)
  12. 「痒みの神経機構」
    11月4日(金) 14:15-15:05  第5会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 2F あけぼの)
    座長: 辛島 裕士(九州大学大学院医学研究院麻酔・蘇生学分野)
    演者: 今町 憲貴(島根大学 医学部 麻酔科学講座)
  13. 「敗血症関連せん妄 sepsis-associated delirium(SAD)」
    11月4日(金) 15:10-16:00  第5会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 2F あけぼの)
    座長: 槇田 浩史(東京医科歯科大学医学部麻酔蘇生ペインクリニック科)
    演者: 鶴田 良介(山口大学大学院医学系研究科救急・総合診療医学講座)
  14. 「蘇生中に施行する低体温療法」
    11月4日(金) 16:05-16:55  第5会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 2F あけぼの)
    座長: 松本 美志也(山口大学医学部麻酔・蘇生・疼痛管理学分野)
    演者: 武田 吉正(岡山大学病院 集中治療部)
  15. 「周術期心筋保護ステラテジー」
    11月5日(土) 09:50-10:40  第2会場 (高知市文化プラザかるぽーと 2F 小ホール)
    座長: 原 哲也(長崎大学医学部麻酔学教室)
    演者: 田中 克哉(徳島大学大学院 医歯薬学研究部 麻酔・疼痛治療医学分野)
  16. 「高齢化社会と周術期管理」
    11月5日(土) 10:45-11:35  第2会場 (高知市文化プラザかるぽーと 2F 小ホール)
    座長: 西川 俊昭(秋田大学大学院医学系研究科麻酔蘇生疼痛管理学講座)
    演者: 河野 崇(高知大学医学部 麻酔科学・集中治療医学講座)

シンポジウム

  1. 「挿管不可、換気不可!“最終手段”は本当に役立つか?」
    11月3日(木・祝) 09:40-11:40  第3会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 3F ゴールデンパシフィック西)
    座長: 浅井 隆(獨協医科大学越谷病院麻酔科)
    水本 一弘(和歌山県立医科大学附属病院医療安全推進部・麻酔科)
    演者: 「緊急気道確保におけるジョーカー、声門上器具」
    金 史信(市立池田病院 麻酔・ペインクリニック科)
    「声門上器具の限界、問題点」
    上嶋 浩順(昭和大学麻酔科)
    「経皮輪状甲状間膜穿刺の問題点」
    浅井 隆(獨協医科大学越谷病院麻酔科)
    「外科的輪状甲状膜切開;本当にするの、できるの?」
    水本  一弘(和歌山県立医科大学附属病院医療安全推進部・麻酔科)
  2. 「抜いたらいかんぜよ」
    11月3日(木・祝) 09:40-11:40  第4会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 3F ゴールデンパシフィック東)
    座長: 木山 秀哉(東京慈恵会医科大学麻酔科学講座)
    演者: 「たかが抜管、されど抜管(抜管にかかわるヒューマン・ファクターズ)」
    木山 秀哉(東京慈恵会医科大学麻酔科学講座)
    「研修医・レジデントが知りたい抜管のなぜ?」
    衛藤 由佳(名寄市立総合病院麻酔科)
    「抜管のガイドラインは役に立つのか? DAS抜管ガイドラインを私的に検証する」
    車 武丸(済生会松阪総合病院麻酔科)
    「小児における安全な抜管」
    永田 祐子(東京慈恵会医科大学葛飾医療センター麻酔科)
    「ダブルルーメンチューブ抜管の極意:安全で良い抜管の工夫」
    中山 禎人(札幌南三条病院麻酔科)
    「私が経験した抜管の修羅場~ならぬことはならぬものです~」
    髙田 真二(帝京大学医学部麻酔科学講座・医学教育センター)
  3. 「術後痛管理の役割:NRSの先にあるもの」
    11月3日(木・祝) 09:40-11:40  第8会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 4F フローラ)
    座長: 天谷 文昌(京都府立医科大学麻酔科学教室)
    演者: 「優れた術後痛管理は術後の認知機能異常の発症を予防できるか?」
    河野  崇(高知大学医学部麻酔科学・集中治療医学講座)
    「術後痛と手術部位感染・創傷治癒」
    長谷川 麻衣子(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 侵襲制御学 (麻酔蘇生学講座))
    「遷延性術後痛の実態と予防法」
    吉山 勇樹(信州大学医学部麻酔蘇生学教室)
    「術後痛と回復の質」
    田中 優(奈良県立医科大学附属病院 中央手術部)
    「術後痛の予測・内因性鎮痛機構」
    須藤 貴史(群馬大学大学院医学系研究科麻酔神経科学)
  4. 「麻酔科医が行う周術期栄養管理は患者の予後改善に貢献できるのか」
    11月3日(木・祝) 09:40-11:40  第9会場 (高知県立県民文化ホール 2F グリーンホール)
    座長: 祖父江和哉(名古屋市立大学大学院医学研究科麻酔科学・集中治療医学)
    谷口 英喜 (済生会横浜市東部病院周術期支援センター兼栄養部)
    演者: 「麻酔科医に求められる周術期全体における栄養戦略-術前栄養評価から術後のDREAMを達成させるまで-」
    谷口  英喜(済生会横浜市東部病院 周術期支援センター)
    「術中栄養投与は必要か?」
    吉村 真一朗(健和会大手町病院 麻酔科)
    「術後早期経口摂取を念頭においた手術後痛管理」
    井上 莊一郎(聖マリアンナ医科大学麻酔学教室)
    「術後ICUにおける栄養療法」
    矢田部  智昭(高知大学医学部麻酔科学・集中治療医学講座)
  5. 「麻薬関連薬物の臓器障害」
    11月3日(木・祝) 16:00-17:30  第3会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 3F ゴールデンパシフィック西)
    座長: 森本 裕二(北海道大学大学院医学研究科麻酔・周術期医学分野)
    演者: 「アセトアミノフェンと肝障害」
    熊谷 雄治(北里大学医学部臨床研究センター)
    「鎮痛薬と腎障害」
    平田 純生(熊本大学薬学部附属育薬フロンティアセンター臨床薬理学分野)
    「吸入麻酔薬の神経毒性」
    高薄 敏史(獨協医科大学麻酔科学講座)
    「局所麻酔薬の神経毒性」
    近江 禎子(東京慈恵会医科大学 附属第三病院 麻酔科)
  6. 「胸部大動脈瘤ステント挿入術症例の脊髄を護れるか?」
    11月3日(木・祝) 16:00-18:00  第4会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 3F ゴールデンパシフィック東)
    座長: 垣花 学(琉球大学大学院医学研究科麻酔科学講座)
    川口 昌彦(奈良県立医科大学麻酔科学教室)
    演者: 「胸部ステントグラフト内挿術の周術期脊髄保護」
    和泉 俊輔(琉球大学医学部附属病院麻酔科)
    「脊髄障害の発生頻度、機序」
    加藤 真也(国立循環器病研究センター麻酔科)
    「胸部大動脈瘤ステント挿入術症例の脊髄を護れるか? 3.麻酔管理」
    山田 達也(杏林大学医学部麻酔科学教室)
    「これから期待される脊髄保護」
    山下 敦生(山口大学大学院医学系研究科医学専攻麻酔・蘇生学講座)
  7. 「神経炎症と組織炎症の観点から考える痛みのメカニズム」
    11月3日(木・祝) 16:00-17:30  第8会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 4F フローラ)
    座長: 住谷 昌彦(東京大学医学部麻酔学教室)
    演者: 「カルシトニン遺伝子関連ペプチドの作用から考える術後痛モデルのメカニズム
    -炎症性疼痛モデルと比較して-」

    石田 公美子(信州大学医学部麻酔学教室)
    「アセトアミノフェンの鎮痛機序」
    大橋 宣子(新潟大学医歯学総合病院 麻酔科)
    「手術部位感染と術後痛―炎症は抑えていいのか?」
    長谷川 麻衣子 (鹿児島大学大学院 医歯学総合研究科 侵襲制御学 (麻酔蘇生学講座))
    「肥満による疼痛増悪機構の解明」
    穂積 淳(東京大学医学部附属病院 麻酔科・痛みセンター)
    「痛みの情動的側面~疼痛関連行動テストでの評価~」
    森 英明(島根大学 医学部 附属病院 麻酔科)
  8. 「周術期循環管理の未来」
    11月3日(木・祝) 16:00-17:40  第9会場 (高知県立県民文化ホール 2F グリーンホール)
    座長: 山下 幸一(高知大学医学部麻酔科学・集中治療医学講座)
    演者: 「神経刺激による循環制御-その利点と欠点-」
    川田 徹 (国立循環器病研究センター 循環動態制御部)
    「血圧の自動制御」
    山崎 文靖(高知大学医学部病態情報診断学講座)
    「周術期循環管理目標について-最近のエビデンス」
    小竹 良文(東邦大学医療センター大橋病院麻酔科)
    「循環モニタリングの問題点」
    山下 幸一(高知大学医学部麻酔科学・集中治療医学講座)
  9. 「2時間で学ぶ!小児呼吸管理の臨床最前線」
    11月4日(金) 09:50-11:50  第3会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 3F ゴールデンパシフィック西)
    座長: 多賀 直行(自治医科大学とちぎ子ども医療センター小児手術・集中治療部)
    川崎 達也(静岡県立こども病院小児集中治療センター)
    演者: 「小児の麻酔中における人工呼吸器設定」
    金澤 伴幸(岡山大学病院 集中治療部)
    「High Flow Nasal Cannula」
    大塚 洋司(自治医科大学とちぎ子ども医療センター小児手術・集中治療部)
    「子どもの鎮痛と鎮静」
    齊藤  修(東京都立小児総合医療センター救命・集中治療部)
    「人工呼吸器との同調性の確保について」
    池山  貴也(あいち小児保健医療総合センター集中治療科)
  10. 「徹底検証 JRCガイドライン」
    11月4日(金) 09:50-11:50  第4会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 3F ゴールデンパシフィック東)
    座長: 相引 眞幸(愛媛大学大学院医学系研究科救急医学分野)
    坂本 哲也(帝京大学医学部救急医学)
    演者: 「一次救命処置(BLS: Basic Life Support)」
    若松  弘也(山口大学医学部附属病院集中治療部)
    「JRC ガイドライン2015-ALS:PCAS Care-」
    相引 眞幸(愛媛大学大学院医学系研究科救急医学分野)
    「ACS」
    瀬尾 宏美(高知大学医学部附属病院総合診療部)
    「小児の蘇生(Pediatric life support: PLS)」
    志馬 伸朗(広島大学大学院医歯薬保健学研究院応用生命科学部門救急集中治療医学)
    「脳神経蘇生」
    黒田 泰弘(香川大学医学部救急災害医学)
  11. 「新生児の麻酔ぜよ!!」
    11月4日(金) 09:50-11:50  第8会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 4F フローラ)
    座長: 竹内 護(自治医科大学麻酔科学・集中治療医学講座自治医科大学附属病院)
    岩崎 達雄(岡山大学病院小児麻酔科)
    演者: 「総肺静脈還流異常症、大血管転位症の麻酔管理」
    末盛 智彦(岡山大学病院 麻酔科蘇生科)
    「食道閉鎖症/気管食道瘻の麻酔」
    香川 哲郎(兵庫県立こども病院麻酔科)
    「腹壁破裂」
    奥山 克己(静岡県立こども病院麻酔科)
    「肥厚性幽門狭窄症の麻酔」
    水野 圭一郎(福岡市立こども病院 手術・集中治療センター)
    「先天性嚢胞性肺疾患/先天性肺気道奇形および仙尾部奇形腫(出生前診断による緊急手術)
    糟谷 周吾(国立成育医療研究センター病院)
  12. 「区域麻酔と抗凝固・抗血小板薬  日本版ガイドライン作成に向けて」
    11月4日(金) 10:00-11:40  第9会場 (高知県立県民文化ホール 2F グリーンホール)
    座長: 齋藤 繁(群馬大学大学院医学系研究科麻酔神経科学)
    藤原 祥裕(愛知医科大学医学部麻酔科学講座)
    演者: 「区域麻酔と抗凝固・抗血小板薬 日本版ガイドラインにおける抗凝固薬・抗血小板薬の休薬の考え方」
    前田  倫(西宮市立中央病院麻酔科・ペインクリニック内科・外科)
    「脊髄くも膜下麻酔,硬膜外麻酔と抗血栓療法」
    佐倉  伸一(島根大学医学部附属病院手術部)
    「手術のための区域麻酔:神経ブロックと抗血栓療法」
    堀田  訓久(自治医科大学麻酔科学・集中治療医学講座)
    「ペインクリニックの神経ブロックと抗血栓療法」
    福井  聖(滋賀医科大学附属病院 ペインクリニック科)
    「産科麻酔と抗血栓療法」
    角倉  弘行(順天堂大学麻酔科学ペインクリニック講座)
  13. 「インフォームドコンセント ―再考―」
    11月4日(金) 13:20-15:00  第3会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 3F ゴールデンパシフィック西)
    座長: 鈴木 利保(東海大学医学部医学科外科学系麻酔科)
    横田 美幸(がん研究会有明病院麻酔科)
    演者: 「順天堂大学麻酔科「麻酔説明DVD」の作成と運用」
    水野 樹(順天堂大学 医学部附属順天堂医院 麻酔科学・ペインクリニック講座)
    「緊急手術時の麻酔に関するインフォームドコンセント」
    坂本 麗仁(東海大学医学部医学科外科学系麻酔科)
    「全身麻酔に伴う神経ブロックのインフォームドコンセント」
    阿部 望(東北大学医学部麻酔科学・周術期医学分野)
    「医療事故調査制度とインフォームドコンセント」
    石川 真士(日本医科大学麻酔科学教室)
    「診療上の説明義務違反に関する再考 最近の裁判例から」
    加藤 愼(加藤法律事務所)
  14. 「産科出血時の輸血戦略:ポンピングよりもプランニング!」
    11月4日(金) 13:20-15:20  第8会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 4F フローラ)
    座長: 香取 信之(慶應義塾大学医学部麻酔学教室)
    角倉 弘行(順天堂大学医学部麻酔科学・ペインクリニック講座)
    演者: 「産科危機的出血の対応ガイドラインのこれまでの経緯と今後の方向性」
    稲田  英一(順天堂大学医学部麻酔科学・ペインクリニック講座)
    「産科大量出血と凝固障害」
    吉澤 佐也(名古屋市立大学大学院医学研究科 麻酔科学・集中治療医学分野)
    「酸素運搬能を維持するために」
    田中 克明(大阪市立大学大学院医学研究科麻酔科学)
    「産科大量出血時における早期凝固止血能改善を目指した輸血戦略の検討」
    宮田 茂樹(国立循環器病研究センター輸血管理室)
  15. 「超音波ガイド下神経ブロックの進歩 -過去・現在・未来-」
    11月4日(金) 13:20-15:20  第9会場 (高知県立県民文化ホール 2F グリーンホール)
    座長: 中本 達夫(関西医科大学麻酔科学講座)
    土井 克史(国立病院機構浜田医療センター麻酔科)
    演者: 「超音波ガイド下神経ブロック:熱狂から成熟へ」
    林 英明(独立行政法人国立病院機構大阪南医療センター麻酔科)
    「超音波ガイド下胸部傍脊椎神経ブロック ~プローブを活用して手数を増やす~」
    武田  泰子(愛媛県立中央病院麻酔科・集中治療科)
    「超音波ガイド下神経ブロックのペインクリニック領域における進歩と可能性」
    柴田  康之(名古屋大学附属病院手術部)
    「最新のテクノロジーと超音波ガイド下神経ブロックの未来」
    森本 康裕(宇部興産中央病院)
  16. 「見えてきた!日本版敗血症診療ガイドライン2016」
    11月5日(土) 09:50-11:50  第1会場 (高知市文化プラザかるぽーと 2F 大ホール)
    座長: 西田 修(藤田保健衛生大学医学部麻酔・侵襲制御医学)
    江木 盛時(神戸大学医学部附属病院 麻酔科)
    演者: 「敗血症新定義の紹介・本ガイドラインの目指すもの」
    西田 修(藤田保健衛生大学医学部麻酔・侵襲制御医学)
    「日本版敗血症診療ガイドライン2016;推奨作成方法とガイドラインの使い方」
    江木  盛時(神戸大学医学部附属病院 麻酔科)
    「ガイドラインCQ ダイジェスト1 感染症の診断・画像診断・感染巣の処置・抗菌薬治療・IVIG」
    原 嘉孝(藤田保健衛生大学医学部麻酔・侵襲制御医学講座)
    「見えてきた! 日本版敗血症診療ガイドライン2016:初期蘇生と循環作動」
    垣花  泰之(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科生体機能制御学講座 救急・集中治療医学分野)
    「日本版敗血症診療ガイドライン2016 CQ ダイジェスト「DIC 対策,輸血,VTE」」
    松嶋  麻子(名古屋市立大学大学院 医学研究科 先進急性期医療学)
    「ガイドラインCQダイジェスト3「血糖管理,ステロイド,PICS/ICU-AW,体温管理」」
    矢田部 智昭(高知大学医学部麻酔科学・集中治療医学講座)
  17. 「困難症例の筋弛緩マネージメントを考える」
    11月5日(土) 09:50-11:50  第3会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 3F ゴールデンパシフィック西)
    座長: 中塚 秀輝(川崎医科大学麻酔・集中治療医学1教室)
    高木 俊一(東京女子医科大学麻酔科)
    演者: 「DAM症例に対する筋弛緩マネージメント」
    北村 祐司(千葉大学医学部附属病院 麻酔・疼痛・緩和医療科)
    「抜管後、再挿管が必要になった場合の筋弛緩マネージメント」
    岩崎 肇(旭川医科大学麻酔蘇生学講座)
    「重症筋無力症患者の筋弛緩マネージメント」
    藤本 昌史(熊本大学大学院生命科学研究部麻酔科学分野)
    「高齢者に対する筋弛緩マネージメント」
    羽間 恵太(川崎医科大学附属病院 麻酔・集中治療科)
  18. 「オピオイド鎮痛薬の光と影:適正使用を考える」
    11月5日(土) 09:50-11:50  第4会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 3F ゴールデンパシフィック東)
    座長: 山口 重樹(獨協医科大学医学部麻酔科学講座)
    廣瀬 宗孝(兵庫医科大学麻酔科学・疼痛制御科学講座)
    演者: 「米国のオピオイド鎮痛薬の不適切使用における2つの側面」
    山口 重樹(獨協医科大学医学部麻酔科学講座)
    「日本におけるオピオイド鎮痛薬の乱用依存の状況」
    廣瀬 宗孝(兵庫医科大学麻酔科学・疼痛制御科学講座)
    「緩和ケアにおけるオピオイド鎮痛薬の乱用と依存」
    権 哲(京都府立医科大学 疼痛緩和医療学講座)
    「慢性痛における強オピオイド鎮痛薬の効果と精神依存 ~当科におけるフェンタニル貼付剤の使用経験~」
    境 徹也(長崎大学病院 麻酔科)
    「麻酔科医の薬物(オピオイド鎮痛薬)依存」
    白石 義人(市立島田市民病院手術部)
  19. 「術後の高次脳機能合併症-麻酔科医として知っておきたいこと-」
    11月5日(土) 10:00-11:40  第6会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 3F 蘭の間1)
    座長: 澤村 成史(帝京大学医学部麻酔科学講座)
    演者: 「基礎研究からみた術後認知機能障害の予防戦略」
    立岩  浩規(高知大学医学部麻酔科学・集中治療医学講座)
    「術後高次脳機能障害に関する臨床研究の成果と今後の展望」
    石田  和慶(山口大学大学院医学系研究科医学専攻麻酔・蘇生学講座)
    「麻酔薬の幼若期脳神経に対する影響」
    児玉  光厳(防衛医科大学校麻酔学講座)
    「Centre for Anaesthesia and Cognitive function( Melbourne, Australia)での調査経験」
    安楽 和樹(帝京大学医学部附属病院麻酔・集中治療科)
  20. 「これからの術中輸液・輸血管理」
    11月5日(土) 10:00-11:30  第7会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 3F 蘭の間2)
    座長: 小竹 良文(東邦大学医療センター大橋病院麻酔科)
    演者: 「低侵襲血行動態モニターを用いた輸液管理」
    末廣 浩一 (大阪市立大学大学院医学研究科 麻酔科学)
    「低侵襲手術や新たな機器の登場により変わりゆく術中の輸血管理」
    大嶽 浩司(昭和大学医学部麻酔科学講座)
    「―HES130/0.4と5%アルブミン製剤の比較―血管内皮グリコカリックスの指標も含めて」
    鈴木 俊成(埼玉医科大学総合医療センター麻酔科)
    「周術期の凝固系管理の今後を考える」
    佐野 文昭(名古屋市立大学大学院医学研究科 麻酔科学・集中治療医学分野)
  21. 「静脈麻酔のパラダイムシフト:「自動麻酔」の時代に備える」
    11月5日(土) 09:50-11:50  第8会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 4F フローラ)
    座長: 増井 健一(防衛医科大学校麻酔学講座)
    白神 豪太郎(香川大学医学部 麻酔学講座)
    演者: 「人工知能と自動麻酔」
    増井 健一(防衛医科大学校麻酔学講座)
    「自動麻酔は本当に可能か?」
    萩平 哲(大阪府立急性期・総合医療センター麻酔科)
    「麻酔の自動化は麻酔の質と麻酔科医の仕事を変えるのか?」
    祖父江 和哉(名古屋市立大学大学院医学研究科麻酔科学・集中治療医学分野)
    「全静脈麻酔と自動麻酔の教育:その似て非なるもの」
    稲垣 喜三(鳥取大学医学部器官制御外科学講座麻酔・集中治療医学分野)
  22. 「最新臨床研究レビューから読み解く次世代の周術期管理」
    11月5日(土) 09:50-11:50  第9会場 (高知県立県民文化ホール 2F グリーンホール)
    座長: 浅井 隆(獨協医科大学越谷病院麻酔科)
    国沢 卓之(旭川医科大学麻酔・蘇生学講座)
    演者: 「麻酔中の高濃度酸素吸入は術後アウトカムに影響するか?」
    石川  輝彦(千葉大学大学院 医学研究院 麻酔科学)
    「循環領域の最新臨床研究:術中血圧および血圧変動が予後に与える影響」
    平田 直之(札幌医科大学医学部麻酔科学講座)
    「中枢神経領域における最新臨床研究を次世代の周術期管理に生かす」
    宮下 亮一 (東京医科大学茨城医療センター 麻酔科)
    「区域麻酔領域の最新臨床研究から考える次世代の周術期疼痛管理」
    村田 寛明(長崎大学医学部麻酔学教室)
    「血小板・血液凝固に関する最新臨床研究」
    小川 覚(京都府立医科大学医学研究科麻酔科学教室)

Problem-Based Learning (PBL)

  1. 「超緊急帝王切開術の麻酔管理」
    11月3日(木・祝) 09:00-09:50  第5会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 2F あけぼの)
    モデレーター: 板倉 敦夫(順天堂大学産婦人科)
    コメンテーター: 宮下 佳子(順天堂大学麻酔科・ペインクリニック)
    平井 千裕(順天堂大学産婦人科)
  2. 「小児気管狭窄の麻酔管理」
    11月3日(木・祝) 09:55-10:45  第5会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 2F あけぼの)
    モデレーター: 戸田 雄一郎(川崎医科大学麻酔・集中治療科)
    香川 哲郎(兵庫県立こども病院麻酔科)
  3. 「脳動脈瘤クリッピング手術時の致死的不整脈」
    11月3日(木・祝) 10:50-11:40  第5会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 2F あけぼの)
    モデレーター: 木村 哲(秋田大学大学院医学系研究科病態制御医学系麻酔・蘇生・疼痛管理学講座)
    合谷木 徹(秋田大学大学院医学系研究科病態制御医学系麻酔・蘇生・疼痛管理学講座)
  4. 「宗教的輸血拒否の麻酔計画」
    11月3日(木・祝) 16:00-16:50  第5会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 2F あけぼの)
    モデレーター: 奥田 泰久(獨協医科大学越谷病院麻酔科)
    萬 知子(杏林大学医学部麻酔科学教室)
  5. 「扁桃摘出後再手術時の麻酔管理」
    11月3日(木・祝) 16:55-17:45  第5会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 2F あけぼの)
    モデレーター: 中沢 弘一(社会医療法人中山会 宇都宮記念病院麻酔科)
    西山 隆久(東京医科大学八王子医療センター麻酔科)
  6. 「悪性腸腰筋症候群のがん疼痛管理」
    11月4日(金) 09:50-10:40  第5会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 2F あけぼの)
    モデレーター: 山代 亜紀子(京都府立医科大学疼痛・緩和医療学講座)
    里見 絵理子(国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院緩和医療科)
  7. 「慢性腎不全合併患者の麻酔計画」
    11月4日(金) 10:45-11:35  第5会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 2F あけぼの)
    モデレーター: 鷹取 誠(広島市立広島市民病院麻酔・集中治療科)
    杉本 健太郎(岡山大学病院麻酔科蘇生科)
  8. 「全身麻酔併用神経ブロック後の局所麻酔薬中毒‐皆さんはどのように対応(準備)していますか?-」
    11月4日(金) 13:20-14:10  第5会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 2F あけぼの)
    モデレーター: 小田 裕(大阪市立総合医療センター麻酔科)
    北山 眞任(弘前大学医学部附属病院手術部)

リフレッシャーコース

  1. 「中枢神経モニタリングの基礎と臨床」
    11月4日(金) 07:10-08:10  第3会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 3F ゴールデンパシフィック西)
    座長: 内野 博之(東京医科大学麻酔科学教室)
    演者: 川口 昌彦(奈良県立医科大学麻酔科学教室)
  2. 「手術室の安全対策」
    11月4日(金) 08:30-09:30  第3会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 3F ゴールデンパシフィック西)
    座長: 西脇 公俊(名古屋大学大学院医学研究科麻酔・蘇生学)
    演者: 横田 美幸(公益財団法人 がん研究会有明病院)
  3. 「血液凝固検査 -Overview-」
    11月4日(金) 07:10-08:10  第4会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 3F ゴールデンパシフィック東)
    座長: 松川 隆(山梨大学医学部麻酔科学講座)
    演者: 小川 覚(京都府立医科大学大学院医学研究科麻酔科学教室)
  4. 「薬物動態学の基礎」
    11月4日(金) 08:30-09:30  第4会場 (ホテル日航高知旭ロイヤル 3F ゴールデンパシフィック東)
    座長: 土井 松幸(浜松医科大学附属病院集中治療部)
    演者: 長田 理(がん研究会有明病院麻酔科)
  5. 「経食道心エコー検査の基礎」
    11月4日(金) 07:10-08:10  第8会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 4F フローラ)
    座長: 中馬 理一郎(新須磨病院麻酔科)
    演者: 国沢 卓之(旭川医科大学麻酔・蘇生学講座)
  6. 「ペインクリニシャンにもできる心理療法としての承認戦略のすゝめ」
    11月4日(金) 08:30-09:30  第8会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 4F フローラ)
    座長: 濱口 眞輔(獨協医科大学麻酔科学講座)
    演者: 田代 雅文(熊本大学医学部附属病院麻酔科)
  7. 「小児麻酔のピットフォールと対応」
    11月5日(土) 07:10-08:10  第6会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 3F 蘭の間1)
    座長: 中尾 慎一(近畿大学医学部麻酔科学教室)
    演者: 鈴木 康之(国立成育医療研究センター手術・集中治療部)
  8. 「知っておきたい医療ガスの知識」
    11月5日(土) 08:30-09:30  第6会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 3F 蘭の間1)
    座長: 後藤 隆久(横浜市立大学大学院医学研究科生体制御・麻酔科学)
    演者: 小板橋 俊哉(東京歯科大学市川総合病院緩和ケア科)
  9. 「麻酔科医と緩和ケア」
    11月5日(土) 07:10-08:10  第8会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 4F フローラ)
    座長: 下山 直人(東京慈恵会医科大学緩和ケア診療部)
    演者: 間宮 敬子(信州大学医学部附属病院信州がんセンター緩和部門)
  10. 「ICUにおける鎮痛・鎮静」
    11月5日(土) 08:30-09:30  第8会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 4F フローラ)
    座長: 貝沼 関志(名古屋大学大学院医学研究科外科系集中治療部部)
    演者: 谷口 巧 (金沢大学医薬保健研究域 麻酔・集中治療医学)
  11. 「声門上デバイス」
    11月5日(土) 08:30-09:30  第9会場 (高知県立県民文化ホール 2F グリーンホール)
    座長: 坂口 嘉郎(佐賀大学医学部麻酔・蘇生学講座)
    演者: 浅井 隆(獨協医科大学越谷病院麻酔科)
  12. 「周術期不整脈の管理」
    11月5日(土) 13:20-14:20  第6会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 3F 蘭の間1)
    座長: 田中 克哉(徳島大学大学院医歯薬学研究部麻酔・疼痛治療医学分野)
    演者: 北川 裕利(滋賀医科大学麻酔学講座)
  13. 「日本における医学シミュレータと今後の展望」
    11月5日(土) 14:40-15:40  第6会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 3F 蘭の間1)
    座長: 萬家 俊博(愛媛大学大学院医学系研究科麻酔・周術期学)
    演者: 中島 芳樹 (浜松医科大学医学部麻酔蘇生学講座)
  14. 「最近の換気モード」
    11月5日(土) 16:00-17:00  第6会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 3F 蘭の間1)
    座長: 溝渕 知司(神戸大学大学院医学系研究科外科系講座麻酔科学)
    演者: 山下 幸一(高知大学医学部麻酔科学・集中治療医学講座)
  15. 「手術体位に関連した周術期合併症」
    11月5日(土) 13:20-14:20  第8会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 4F フローラ)
    座長: 宮部 雅幸(三重大学大学院医学系研究院臨床麻酔学)
    演者: 西山 純一(東海大学医学部医学科外科学系麻酔科)
  16. 「日帰り麻酔」
    11月5日(土) 14:40-15:40  第8会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 4F フローラ)
    座長: 重見 研司(福井大学医学部麻酔・蘇生学領域)
    演者: 白神 豪太郎(香川大学医学部附属病院麻酔・ペインクリニック科)
  17. 「帝王切開の術後鎮痛を見直してみよう!」
    11月5日(土) 16:00-17:00  第8会場 (ザ クラウンパレス新阪急高知 4F フローラ)
    座長: 照井 克生(埼玉医科大学総合医療センター産科麻酔科)
    演者: 加藤 里絵(北里大学病院周産母子成育医療センター産科麻酔部門)
  18. 「JSA-AMAを正しく実践しよう」
    11月5日(土) 13:20-14:20  第9会場 (高知県立県民文化ホール 2F グリーンホール)
    座長: 山浦  健(福岡大学医学部麻酔科学教室)
    演者: 鈴木 昭広(東京慈恵会医科大学 医学部)
  19. 「超音波ガイド下神経ブロックの基礎」
    11月5日(土) 14:40-15:40  第9会場 (高知県立県民文化ホール 2F グリーンホール)
    座長: 佐伯 茂(日本大学病院麻酔科)
    演者: 堀田 訓久(自治医科大学麻酔科学・集中治療医学講座)
  20. 「麻酔科医が知っておくべき消毒・滅菌」
    11月5日(土) 16:00-17:00  第9会場 (高知県立県民文化ホール 2F グリーンホール)
    座長: 川崎 貴士(産業医科大学医学部麻酔科学教室)
    演者: 谷野 雅昭(川崎医科大学 麻酔・集中治療医学)

ハンズオンワークショップ

  1. 超音波ガイド下神経ブロックハンズオンワークショップ
  2. DAM(Difficult Airway Management: 困難気道管理)ワークショップ

吉田類のほろ酔いセミナー

日時:11月3日(木・祝)18:00~19:30  会場:第3会場(ホテル日航高知旭ロイヤル3Fゴールデンパシフィック西)

高知県出身で、人気のテレビ番組、BS-TBS「吉田類の酒場放浪記」でおなじみの吉田類氏をゲストに迎え、「ほろ酔いセミナー」を企画しています。酒処、高知の文化や人柄につき、楽しいセミナーが展開されます。参加者は日本酒を片手にどうぞ。