JSCC
HOME
会長挨拶
開催概要
利益相反
演題登録
プログラム
抄録集ダウンロード
参加者の皆様へ
プレスの皆様へ
会場案内
宿泊案内
託児施設
学会関連イベント
市民公開講座
リンク

第54回 日本臨床細胞学会秋期大会 The 54th Annual Autumn Meeting of the Japanese Society of Clinical Cytology

越川 卓
愛知県立大学看護学部 教授
 この度、公益社団法人日本臨床細胞学会の第54回秋期大会を、平成27年(2015年)11月21日(土)、22日(日)の二日間にわたり、名古屋国際会議場において開催することになりました。名古屋での日本臨床細胞学会の開催は、平成11年(1999年)に小塚正雄会長が秋期大会を開催されて以来、実に16年ぶりとなります。久しぶりの名古屋での開催でありますので、これまでの学術集会と同様、実りの多い学術集会にしたいと愛知・岐阜・三重3県の連合組織である東海連合会の協力を得て鋭意準備を進めているところであります。
 今回の学術集会では、細胞診がヒトに健康や幸福をもたらすものであって欲しいとの願いをこめて、メインテーマを「Cytology for Human Happiness」と致しました。この機会に、細胞学や細胞診断学がヒトの健康や幸福にどのように貢献してきたかを振り返り、細胞学の発展がこれからのヒトの健康や幸福にどのような効用をもたらすかについて検討したいと考えております。細胞診断学は「子宮がん検診」、「肺がん検診」、「乳がん検診」などの「がん検診」において社会的に非常に重要な役割を果たしており、中でも「子宮頸がん検診」ではこれまでにがんの早期発見や死亡率の低減に大きく貢献してきました。また、最近では液状化検体細胞診(LBC)の導入により細胞診の検体から免疫染色や遺伝子検査を含めた様々な情報が比較的簡単に得られるようになり、細胞診断学の応用範囲は益々拡大してきております。このような細胞学の技術革新が10年後のヒトの生活をどのように変化させるのか、想像するだけでとても楽しみな気持ちが致します。
 本学術集会の学術プログラムとしては、特別講演、招請講演、海外招請講演、教育講演、シンポジウム、ワークショップなどの他に、細胞所見と病理組織所見を対比して解説する病理・細胞診セミナー、都道県連携組織から優れた研究を推薦していただく地域推薦演題、医療安全セミナー、国際フォーラム、細胞診専門医セミナー、細胞検査士セミナー、スライドセミナー、一般演題(示説)などを用意する予定であります。また、市民プログラムとして「健康に生きる」というテーマで市民公開講座を計画しております。
 魅力ある学術プログラムを企画し会員の皆様方が参加して良かったと感じるような充実した学術集会となるよう、今後も学術集会開催まで東海連合会諸氏の協力を得て益々努力する所存であります。日々ご多忙のこととは存じますが、是非とも多数の会員の皆様方に名古屋の学術集会にご参加いただくようお願い申し上げます。また、名古屋は「名古屋メシ」と呼ばれる独特の食文化を持つところでもありますので、この機会に是非名古屋までお越しいただき不思議な味覚も合わせてお楽しみいただきたいと考えております。
 皆様のお越しを心よりお待ちいたします。