平安神宮

第149回日本歯科保存学会2018年度秋季学術大会 The 149th Meeting of The Japanese Society of Conservative Dentistry

大会長挨拶

患者の未来を守る保存治療
大会長:三谷 章雄
第149回 日本歯科保存学会2018年度秋季学術大会
大会長 三谷 章雄
(愛知学院大学歯学部歯周病学講座)
 このたび、日本歯科保存学会2018年度秋季学術大会(第149回)を、2018年11月1日(木)および2日(金)の日程で、京都市勧業館「みやこめっせ」にて開催することとなりました。歴史ある京都の地で、日本歯科保存学会のこれまでの伝統を踏まえながら、患者の未来を守るための保存治療を皆様と考える学術大会となるよう、また参加頂く皆様にとって有意義な機会となるよう教室員・関係者一同で精一杯準備を進めてまいります。
 歯科保存学は、口腔内の二大疾患である齲蝕と歯周病に対して、保存修復学・歯内治療学・歯周治療学の3分野により歯の長期的な保存を目標にする学問であります。超高齢社会において、高齢者の歯の保有数は歯科界全体の努力の甲斐あってか、どんどん増加しておりますが、言い換えれば保有数の増加は保存治療を行う機会の増加に繋がっています。しかしながら、保存治療をなるべく行わずにあるいは再治療を行わずに長期的に歯を保存することが理想であります。そこで、今大会のテーマは、長期的な視点から適切な保存治療を行う必要性を鑑み、「患者の未来を守る保存治療」といたしました。
 上記テーマを踏まえ、特別講演 I として若年者に起こる侵襲性歯周炎に関連する歯周病原細菌も含め、「バイオフィルムの細菌学」と題し、天野敦雄先生(大阪大学歯学部長)にご講演いただきます。特別講演 II では、健康寿命延伸への足掛かりを探るため、「ビッグデータ解析からみえる健康寿命延伸に向けた課題」として、嶋﨑義浩先生(愛知学院大学教授)にご講演いただきます。教育講演として多職種連携で有効な簡潔に口腔状態を評価する方法に着目し、「OHATを用いた口腔管理と多職種連携」と題し、松尾浩一郎先生(藤田保健衛生大学教授)にご講演いただきます。
 シンポジウム I は多職種だけではなく市民も巻き込んだ地域における食支援に焦点を当て、「食の支援を通じた地域づくり」に関して、荒金英樹先生(愛生会山科病院)、奥村圭子先生(杉浦医院地域ケアステーション「はらぺこスパイス」)にご講演いただきます。また、シンポジウム II は歯根未完成歯に対する新しい治療法として注目されている「リバスクラリゼーション」について、基礎的視点から下野正基先生(東京歯科大学名誉教授)、臨床的視点から岩谷眞一先生(仙台市開業)にご講演いただき、知識を整理すると共に今後の可能性・課題についてお話いただくこととしました。さらに、シンポジウム III は、学会主導型プログラムとして高齢者に多く認めその対応に苦慮する根面齲蝕に焦点を当て、「~超高齢社会における新たな課題〜根面齲蝕治療を考える」として、保存修復学分野から福島正義先生(福島県昭和村国民健康保険診療所)、歯内治療学分野から古澤成博先生(東京歯科大学教授)、歯周治療学分野から佐藤秀一先生(日本大学教授)にご講演いただきます。
 その他、認定研修会やオーラルセッション、ポスターセッション、ランチョンセミナー、モーニングセミナーなど多くのセッションを企画し、皆様にご満足いただけるような学術大会としたいと考えております。また、前述の教育講演、シンポジウムを含め、訪問歯科診療や周術期歯科診療・口腔ケアに関わる方々にも有益となるプログラム構成となるよう鋭意準備中でございます。
 学術大会開催場所の京都市勧業館「みやこめっせ」は、国内でも類を見ない多くの文化交流施設が集積した地域にあり、会場そばには平安神宮や美術館、動物園など良好な周辺環境にございます。徒歩圏内には京都を代表する観光地や祇園があり、アフターコンベンションも充実すること間違いなしと思われます。本大会が、参加者皆様ならびに歯科保存学の発展に貢献できるよう努力する次第でございますので、多くの皆様の御参集を心よりお待ち申し上げます。