第33回日本臨床微生物学会総会・臨床

一般演題登録

一般演題を公募いたします。多数の皆様のご応募をお待ちしております。
演題の採否、発表形式、発表時間、カテゴリー等の決定は事務局に一任ください。
演題登録画面へ進むボタンは本ページ下段にございますが、以下の注意事項を充分お読みいただいた上で演題登録画面にお進みください。

【重要】

日本臨床微生物学会理事会において、「医学論文及び学術集会研究会発表時の症例報告を含む患者プライバシー保護に関する指針」が承認されました。
本会への演題登録時及び学術集会でのご発表時にはご留意くださいますようお願い申し上げます。
学術論文及び学術集会研究会発表時の症例報告を含む患者プライバシー保護に関する指針

演題募集期間

2021年6月15日(火) ~ 2021年8月17日(火)

9月7日(火)まで延長いたします。
演題募集を締め切りました。
多数のご応募ありがとうございました。

発表形式

  • 口演発表
  • ポスター発表

一般演題 応募資格

筆頭演者は、日本臨床微生物学会の会員であることを要します。
非会員及び2021年度会費未納の会員は、2021年11月末までに入会及び年会費納入を完了してください。
未入会及び年会費未納入の場合は、採択を取り消す場合がございますのでご注意ください。
演題の登録時には、会員番号の入力が必要です。入会手続き中の場合は「99999」とご入力ください。また、共著者が非会員の場合も、会員番号は「99999」とご入力ください。

※入会手続き、会員番号の照会に関しましては、日本臨床微生物学会ホームページをご覧ください。

演題応募方法

インターネットによるオンライン演題登録を原則とさせていただきます。
オンライン演題登録が困難な方は、下記の運営事務局までご相談ください。演題の登録には大学病院医療情報ネットワーク(UMIN)の演題登録システムを使用いたします。
UMINのセキュリティーポリシーについては「UMINの情報セキュリティと個人情報に関する考え方」をご覧ください。

抄録作成要項

文字数制限

抄録本文は全角600文字(英文半角1,200文字)以内、総文字数(著者名・所属・演題名・抄録本文の合計)全角800文字(英文半角1,600文字)以内です。
図表は使用できません。

※規定の字数を超える登録はできませんのでご注意ください。

登録可能な最大著者数(筆頭著者+共著者)

15名まで

登録可能な最大所属施設数

10施設まで

応募演題数

お1人あたりの演題登録数に、制限はありません。

一般演題応募カテゴリー

演題の登録時には、ご希望するカテゴリーをご選択いただきますが、プログラムの構成の都合上、ご希望に添えない場合がございますので、あらかじめご了承ください。
最終的な発表分類の決定については、査読委員会に一任いただきますようお願いいたします。演題分類の1~36の中から第1希望、第2希望の2つを選択してください。

1 MRSA・ブドウ球菌 19 薬剤感受性
2 レンサ球菌・肺炎球菌 20 質量分析
3 その他グラム陽性菌 21 遺伝子検査
4 ESBL・腸内細菌科細菌 22 ワンヘルス・人獣共通感染症
5 非発酵菌 23 疫学調査・統計
6 カルバペネム耐性菌 24 サーベイランス・地域連携
7 嫌気性菌 25 感染対策・ICT活動
8 抗酸菌 26 抗菌薬適正使用・AST活動
9 真菌 27 システム・精度管理
10 ウイルス 28 教育・啓発活動
11 マイコプラズマ・クラミジア・リケッチア 29 管理運営
12 原虫・寄生虫 30 症例(細菌)
13 薬剤耐性菌検出法 31 症例(真菌)
14 薬剤耐性機序の解析 32 症例(ウイルス)
15 バイオマーカー・抗原検査 33 症例(原虫・寄生虫)
16 迅速検査 34 症例(耐性菌)
17 血液培養 35 症例(その他)
18 培養検査・培地 36 その他

オンライン演題応募について

登録について

ご使用になるコンピュータ環境によっては当サイトから登録できない可能性があります。(ローカルネットへの外部からの侵入を防ぐためにファイアーウォールが設定されている場合など)
登録用にコンピュータ環境を修正し登録できる環境を確保してください。
登録は電子メールによる連絡が円滑に行える環境であることが条件になります。必ずご本人に連絡がつく電子メールアドレスが必要です。
演題登録完了後、UMIN事務局より受領通知が自動的に電子メールにて配信されますので、電子メールを必ずご確認ください。
受領通知メールが配信されない場合は以下の問題が考えられます。

電子メールが返信されない場合

A.電子メールアドレスの入力が間違っている。(登録自体は完了している。)
→登録は正常に完了されておりますので、再度登録を行っていただくと演題重複の原因となります。
再登録を行っていただく前に必ず【確認・修正画面】にてご確認ください。

B.【確認・修正画面】で登録情報を確認できない場合。(登録が正常に完了していません。)
→再度手順に従って登録してください。

UMINオンライン演題登録システムでは、Firefox、Google Chrome、Internet Explorer、Microsoft Edge、Safari以外のブラウザでは演題登録できません。それ以外のブラウザはご利用にならないようお願いいたします。また、バージョンは最新バージョンを推奨いたします。

入力の前に

ご本人が登録されたデータをそのまま使用して抄録集を作成します。タイプミスには充分ご注意ください。
演題登録締切後は、共同演者の追加・変更も含め原稿の変更は一切お受けすることができません。念入りに確認いただきますようお願いいたします。

登録手順

新規登録について

演題を初めて登録するときは「新規登録」ボタンをクリックします。
暗号通信の使用により、第3者が登録者のパスワードを盗聴して、演題・抄録を無断削除したり、改ざんしたりすることを防ぐことができます。登録内容は全て、UMIN(大学病院医療情報ネットワーク)のサーバーコンピュータで管理されます。また、暗号通信は登録または修正作業が終わるまで継続されます。暗号通信が使えない場合(施設やプロバイダーの設定に問題があるか、ブラウザが古い)は、平文通信をご利用ください。

パスワードについて

演題登録を終了する前にパスワードを入れる欄があります。
パスワードは(英数6~8文字推奨)任意ですが、普段、他でご使用のパスワードと同一にしないでください。

※発行された登録番号とパスワードは忘れないように、自己責任において管理してください。万一、パスワードをお忘れになられましても、セキュリティの関係から、運営事務局では、パスワードに関します問い合わせには一切お答えすることができませんのでご了承ください。

使用文字について

英字および数字は半角で記入してください。
① ② ③ のような丸数字は使用できません。
Ⅰ Ⅱ Ⅲのようなローマ数字も使用できません。英字の組み合わせで、II、VI、XIのように入力してください。
αβγ等を使用するときは α β γ を使用してください。
タイトルおよび抄録本文で上付き文字、下付き文字、斜め(イタリック)文字、アンダーラインなどを使用する際は、書式を変更したい範囲をそれぞれ <SUP></SUP>、
<SUB></SUB>、<I></I>、<U></U> で挟んでください。
また、行の途中で改行したい場合は、改行する文の冒頭に <BR> を入力してください。
これらの記号はすべて半角文字を使用してください。
英文入力の際にひとつの単語をハイフン(-)で切らないでください。
不等号「<」「>」を使用する時は、全角文字を使用してください。

登録の完了

登録画面でデータを入力後、一番下の「登録」ボタンをクリックすると、確認画面に変わります。これで登録は完了です。
登録が終了しますと、登録番号が電子メールにてUMIN事務局より自動発行されます。登録番号の発行をもって、演題登録は終了です。画面に登録番号が表示されない場合は、まだ受け付けられていませんのでご注意ください。

※オンライン演題登録につきまして不明な点、疑問等がございましたら下記のページをご覧ください。
オンライン演題登録システムFAQ(一般利用者用)

※もしうまく利用ができない場合には、お問い合わせの前にUMINホームページで障害が発生していないかまずご確認ください。
UMIN一般公開ホームページ

登録演題の修正

一度登録された演題に修正を加えるときは、確認・修正ボタンを使用します。
締め切り期限前であれば、登録番号とパスワードを入力することにより、何度でも修正・確認をすることが出きます。また、登録された演題を削除することも出来ます。

演題登録

新規登録(暗号通信) 確認・修正(暗号通信)

※暗号通信を利用できない方はこちらより登録してください。

新規登録(平文通信) 確認・修正(平文通信)

演題の採否について

演題登録者全員に電子メールにて通知をいたしますのと同時に、UMIN事務局より自動返信される受領通知に付記される登録番号をもって、演題採択一覧ページにて公開いたします。通知は、10月頃を予定しています。
演題の採否、発表形式、発表時間、カテゴリー等の決定は事務局に一任ください。

発表方法

口演は全てコンピュータによるPC発表とし、スライド映写はお受けしません。
PC発表が困難な方は運営事務局にご相談ください。
会場に用意する発表用PC等の機材詳細は、プログラム・抄録集および当サイトの「座長・演者の皆様へ」ページにて後日お知らせいたします。

利益相反について

学会当日に発表の際に、利益相反について共通指針に沿って開示していただきます。
総会・学術集会における発表時・利益相反(COI)自己申告の基準については下記をご参照ください。
総会・学術集会における発表時・利益相反(COI)自己申告の基準について
なお、ご発表時は下記スライド例を参考に、口演発表ではスライドの最初に(または演題・発表者などを紹介するスライドの次に)、ポスター発表ではポスター掲示の最後に、COI状態を開示ください。
日本臨床微生物学会 COI開示スライド例(PPT)

お問い合わせ先

第33回日本臨床微生物学会総会・学術集会 演題事務局
株式会社コングレ 東北支社
〒980-0811 仙台市青葉区一番町4-6-1 仙台第一生命タワービルディング
TEL:022-723-3211 FAX:022-723-3210
E-mail:jscm2022-endai@congre.co.jp

ページトップ