The 34th JSCS

第34回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会

  • 第2回デルマオーケストラ演奏会
  • MSD/大鵬薬品工業株式会社

利益相反開示について

COI Disclosure Information(利益相反情報の開示)について

当サイトより、インターネットによるオンライン演題登録のみとさせていただきます。

演題登録画面へ進むボタンは本ページ下段にございますが、以下の注意事項を充分お読みいただいた上で演題登録画面にお進みください。

開示方法

  • 口演発表者:発表スライドの2枚目(タイトルスライドの次)にCOI申告スライドを1枚挿入してください。
  • サンプルスライドを参照のうえ、作成ください。
    【注意】企業にご所属の方については、スライド1枚目に所属先企業名を明記してください。別途COI状態の開示は不要です。ただし、別企業とのCOI状態がある場合は、スライド2枚目に開示ください。

基準額について

  1. 1つの企業や営利を目的とした団体の役員、顧問職(アドバイザー・コンサルタント等も含む)としての報酬額が年間100万円以上の場合はこれを申告する。
  2. 1つの企業の1年間の株式による利益が100万円以上の場合、あるいは当該株式の5%以上を保有する場合はこれを申告する。
  3. 1つの企業や営利を目的とした団体からの特許使用料が年間100万円以上の場合はこれを申告する。
  4. 1つの企業や営利を目的とした団体より会議出席(発表、座長・司会等)に対し、研究者を拘束した時間・労力に対して支払われた日当(講演・座長・司会料等)が年間合計50万円以上の場合はこれを申告する。
  5. 1つの企業や営利を目的とした団体からの原稿料が年間合計50万円以上の場合はこれを申告する。
  6. 1つの企業や営利を目的とした団体からの研究費(受託研究費、寄附金等)・寄附講座等・研究員等の雇用費の総額が2014年(平成26年)以前は年間200万円以上、2015年(平成27年)以降は年間100万円以上、あるいは申告者が寄附講座等に所属している場合はこれを申告する。奨学寄附金については申告者個人、申告者の所属する部局、あるいは代表者に支払われた総額が2014年以前は年間200万円以上、2015年以降は年間100万円以上の場合とする。
  7. 1つの企業や営利を目的とした団体からの報酬(研究とは直接無関係な、旅行、贈答品等)が年間5万円以上の場合は申告する。

本件に関するお問合せ先

日本皮膚悪性腫瘍学会事務局

E-mail:kumamoto.skincancer@gmail.com