日本アンドロロジー学会第38回学術大会

The Endourological Society Hands-on Course Kyoto

ご挨拶

 日本泌尿器内視鏡学会とThe Endourological Societyの共催で、下記のハンズ・オン・コースが開催されます。コースでは、TULとPNLのシミュレーショントレーニングとともに、これらの手技に関するあらゆる側面から見た技術的かつ実際的な講義も行われます。The Endourological Societyから、この分野の世界のエキスパートであるBen Chew 教授が講師として来日しますが、同時に、わが国が誇るエキスパートの5人の先生方が講師として、講義およびハンズ・オン・コースのインストラクターを担当します。Ben Chew 教授以外の講義は日本語で行われます。
 このハンズ・オン・コースは、The Endourological SocietyのGlobal Educational Initiativeの一貫として開催されるもので、参加料は250USDですが、日本泌尿器内視鏡学会から100USDの支援があり、先生方のご負担はおひとり150USDです。多数の先生方のお申し込みをお待ちします。

日本泌尿器内視鏡学会国際委員会
委員長 羽渕友則

期日

2019年11月23日午前8時~24日午後3時45分

場所

国立京都国際会館5F Room 501,Room 510

〒606-0001 京都市左京区宝ヶ池
TEL:075-705-1229(営業推進部代表)

コース内容

TULおよびPNL、講義とハンズ・オン・トレーニング

講師

Ben Chew先生 (Urologic Science, Faculty of Medicine, Gordon & Leslie Diamond
Health Care Centre )
井崎博文先生 (徳島県立中央病院)
岩本秀安先生 (野崎東病院)
岡田真介先生 (行徳総合病院)
浜本周造先生 (名古屋市立大学)
井上貴昭先生 (神戸大学泌尿器科, 原泌尿器科病院)

プログラム

November 23, 2019

08:00-13:55  Room 501
8:00 Registration
08:20-08:30 Opening Addresses
Ben Chew, Associated Professor, British Columbia University, Chair of Research the Endourological S0ciety
Tomonori Habuchi, Professor and Chairman, Department of Urology, Vice Director, Akita University Hospital.
Session 1: Overall Stone Management
08:30-08:55 Prevalence of urolithiasis: the results of the nation-wide survey&up-date based on 2015 survey in Japan
Dr. Izaki
08:55-09:20 Indication of SWL, medical expulsive therapy, and auxiliary treatment for residual fragments
Dr.Izaki
Session 2: Transureteral Lithotripsy I
09:20-09:45 Technique of flexible and semi-rigid ureteroscopy
Dr. Inoue
09:45-10:00 COFFEE BREAK
10:00-10:25 Indications for transureteral lithotripsy&necessity of pre- and post-stenting
Dr. Okada
10:25-10:50 How to prevent scope breakdown&current use and indication of single-use fURS
Dr. Okada
10:50-11:15 Optimal current laser setting and technique
Dr.Inoue
11:15-11:40 Complication of transureteral lithotripsy and the troubleshooting
Dr. Izaki
11:40 - 12:25 LUNCH BREAK
Session 3 : Transureteral Lithotripsy II
12:25-12:50 Prevention of radiation exposure during all endourological procedures
Dr.Inoue
12:50-13:15 Current controversies in urinary stone surgery: RIRS
Dr, Ben Chew
13:15-13:40 Diagnosis and follow-up of urolithiasis; best of imaging study
Dr. Iwamoto
13:40-13:55 Coffee break
13:55-17:30  Room 510
13:55-17:30 Hands-on Session (TUL and PNL)
17:30 1-day closing

November 24, 2019

08:00-11:55  Room 501
  Session 1: PCNL and ECIRS
08:00-08:25 Prevention methods for stone recurrence postoperatively
Dr, Hamamoto
08:25-08:50 Indication for PCNL and ECIRS depending on patient position, positioning injury
Dr.Iwamoto
08:50-09:15 How to make a puncture under ultrasoud and fluoroscopy from kidney anatomy
Dr.Inoue
09:15-09:40 Technique of PCNL and ECIRS
Dr. Hamamoto
09:40-09:55 COFFEE BREAK
Session 2: PCNL and ECIRS II
09:55-10:20 Complication of PCNL, ECIRS and the troubleshooting
Dr. Iwamoto
10:20-10:45 Current controversies in urinary stone surgery: PCNL, ECIRS
Dr. Okada
10:45-11:10 Possible future endourological procedures; RIRS, PCNL
Dr.Ben Chew
11:10-11:55 LUNCH BREAK
11:55-14:40  Room 510
11:55-14:25 Hands on Training (TUL and PNL)
14:25-14:40 COFFEE BREAK
14:40-15:45  Room 501
14:40-15:30 Case Discussions; preoperative strategy of the complicated case (in lower pole stone)
Dr Okada.  (TUL for >2cm lower pole stone: 25min) 
and  Dr Hamamoto (PNL for >2cm lower pole stone: 25min)
15:30-15:45 closing remark+certificate award

定員

25名(先着順)

参加資格

日本泌尿器内視鏡学会会員であること

参加費

150USD個人負担、不足の100USDをJSEから補助

共催

オリンパス株式会社、ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社

申し込み:Endourological SocietyのWebsite

(http://endourology.courses/registration-kyoto).から申し込んでください。
日本泌尿器内視鏡学会の会員番号が必要です。

申し込み受付期間

11月1日まで(定員になりましたらWebsiteがCloseされます。)

その他

(1)宿泊及び交通費は自己負担となります。各々個人でご手配ください。
(2)The Endourological Societyから修了証書が発行されます。