第77回日本血液学会学術集会 The 77th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology
演題募集
 

演題を応募される方へ

演題登録はオンラインによる登録のみとさせていただきます。
登録方法は以下の要領に従っていただきますようお願いいたします。

※抄録集作成の都合上、恐れ入りますが、締め切り厳守にてよろしくお願いいたします。

※演題登録をしていただいた方には、後日メールにて、優先宿泊予約のご案内をいたします。

演題登録期間

一般演題募集を締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。

締切直前はホームページへのアクセスが集中し、登録に時間がかかることが予想されますので、時間に余裕をもってご登録をお願いいたします。
一旦登録を行った後も、締切までは何度でも修正・削除が可能です。

重要:抄録執筆言語・発表言語について

原則として抄録本文は英文、抄録タイトルは従前どおり日英併記で記載いただくようお願いします。発表言語は日本語も選択可能です。

応募資格

  • 筆頭演者として発表できるのは日本血液学会会員に限ります。
    (平成27年度の会費納入者であることを要します。)
  • 共同発表者は、非会員でも差し支えありません。
  • 新研修医制度における初期研修医・非MDの大学院生・学部学生・留学生は、非会員での演題登録/発表が可能です。ただし、演題登録時に、下記事務局宛て、FAXまたはEメール(ファイル添付)にて入会免除申請書(Microsoft Word形式でダウンロード)の提出をお願いいたします。

入会免除申請書提出先・問い合わせ

日本血液学会京都事務局
E-mail:member@jshem.or.jp
FAX:075-231-5722
URL:http://www.jshem.or.jp/

単位

日本血液学会血液専門医更新時の総会参加更新単位は、15点を加算することとします。
会場において、「血液専門医カード」による参加単位登録を受け付けいたします。

奨励賞

応募演題のうち資格を満たす演題の中から奨励賞が選定されます。選考は賞等選考委員会で行います。(応募資格:筆頭演者に応募の意思があり、発表時に日本血液学会会員資格を有すること。学術集会当日に40歳未満であり、これまでに奨励賞の受賞歴がないこと。)受賞者は翌年の総会にて表彰されます。

入会手続き

筆頭演者として演題をご登録いただくためには日本血液学会の会員であることが必要です。
入会希望の方は日本血液学会京都事務局までお問い合わせください。
尚、入会手続きは日本血液学会のホームページでも可能です。

Plenary Sessionへの応募

英語の口演を希望された演題の中から査読で高得点であった優秀演題がPlenary Sessionの候補演題として選ばれます。候補演題に選ばれ、Plenary Sessionでの発表を希望される場合は、プログラム編成会議の資料として、日本語で1,000字程度の追加文(特に研究の背景と結果の意義について)、略歴、業績、所属長からの推薦文をご提出いただくこととなりますので予めご了承ください。

利益相反

演題登録時

日本血液学会利益相反規定を参照のうえ、演題登録画面で、抄録提出前1年間における筆頭および共同演者全員の利益相反状態について、(申告すべき利益相反は)「ない」もしくは「ある」にチェックを入れてください。「ある」にチェックを入れた方は、「学術集会発表時における自己COI申告書」を演題発表までに日本血液学会京都事務局(coi@jshem.or.jp)宛て送信ください。
* 日本血液学会HP > 利益相反規定ページよりダウンロードください。

演題発表時

日本血液学会ホームページに掲示されたフォーマットを参考に、口演発表ではスライドの最初に(または演題・発表者などを紹介するスライドの次に)、ポスター発表ではポスター掲示の最後に、COI状態を開示ください。
日本血液学会 開示スライド例・ポスター例:http://www.jshem.or.jp/gaiyo/riekiSohan.html

倫理問題

発表内容が倫理上問題になることがないように配慮をお願いいたします。
なお、プログラム企画委員会にて、倫理的に不適当であると判断された場合には、発表をご辞退いただくことがございますので、予めご了承ください。

※倫理指針につきましては、下記をご参照ください。
 〇人を対象とする医学系研究に関する倫理指針 (文部科学省/厚生労働省)
 〇人を対象とする医学系研究に関する倫理指針ガイダンス

登録方法について

発表形式

口演、ポスター、誌上発表(抄録集への掲載のみ)の3通りとなります。
(希望発表形式は口演・ポスターのいずれかをお選びください。)

登録カテゴリー

( )内の説明文と、キーワードをご参照の上、演題カテゴリーを選択してください。

1. 造血システム(正常/異常造血の基礎研究)/造血幹細胞
Hematopoietic system/Hematopoietic stem cell

造血システム hematopoietic system、造血発生 hematopoiesis、自己複製 self-renewal、ES 細胞 embryonic stem cell、iPS 細胞 induced pluripotent stem cell、造血幹細胞 hematopoietic stem cell、造血前駆細胞 hematopoietic progenitor cell、間葉系幹細胞 mesenchymal stem cell、ストローマ細胞 stromal cell、幹細胞ニッチ stem cell niche、細胞接着 cell adhesion、血液細胞分化 blood cell differentiation、転写調節 transcriptional regulation、サイトカイン cytokine、アポトーシス apoptosis、細胞周期 cell cycle

2. 赤血球/赤血球系疾患/造血不全
Erythrocyte / Erythroid Disorders / Bone Marrow Failure

赤血球造血 erythropoiesis、無効造血 ineffective hematopoiesis、赤血球 erythrocyte、ヘモグロビン hemoglobin、鉄代謝 iron metabolism、赤血球膜 erythrocyte membrane、転写調節 transcriptional regulation、貧血 anemia、不応性貧血 refractory anemia、再生不良性貧血 aplastic anemia、先天性骨髄不全症 congenital bone marrow failure、溶血性貧血 hemolytic anemia、ポルフィリン代謝異常 abnormal porphyrin metabolism、サイトカイン cytokine、エリスロポエチン erythropoietin、鉄過剰症 iron overload、症例報告 case report

3. 骨髄系腫瘍:AML
Myeloid neoplasms: AML

急性骨髄性白血病 acute myeloid leukemia (AML)、白血病幹細胞 leukemia stem cell、細胞表面抗原 cell surface antigen、染色体異常 chromosome abnormality、癌遺伝子 oncogene、癌抑制遺伝子 antioncogene、エピジェネティクス epigenetics、テロメア telomere、アポトーシス apoptosis、シグナル伝達 signal transduction、細胞周期 cell cycle、転写因子 transcription factor、腫瘍抗原 tumor antigen、細胞接着 cell adhesion、増殖分化 proliferation and differentiation、薬剤耐性 drug resistance、病態解析 pathological analysis、臨床像 clinical picture、多施設共同研究 multi-center study、疫学統計 epidemiology & statistics、予後因子 prognostic factor、モノクローナル抗体 monoclonal antibody、低分子医薬 low molecular weight drug、核酸医薬 nucleic acid drug、生体応答修飾物質 biological response modifier (BRM)、アンチセンス医薬 antisense drug、リボザイム ribozyme、細胞標的 cell target、分子標的 molecular target、DDS drug delivery system、薬物動態 pharmacokinetics、バイオマーカー biomarker、症例報告 case report

4-A. 骨髄系腫瘍:CML
Myeloid neoplasms: CML

慢性骨髄性白血病 chronic myelogenous leukemia (CML)、染色体異常 chromosome abnormality、白血病幹細胞 leukemia stem cell、癌遺伝子 oncogene、癌抑制遺伝子 antioncogene、分子標的療法 molecular-targeted therapy、チロシンキナーゼ tyrosine kinase、エピジェネティクス epigenetics、シグナル伝達 signal transduction、薬剤耐性 drug resistance、病態解析 pathological analysis、臨床像 clinical picture、多施設共同研究 multi-center study、疫学統計 epidemiology & statistics、予後因子 prognostic factor、モノクローナル抗体 monoclonal antibody、低分子医薬 low molecular weight drug、核酸医薬 nucleic acid drug、生体応答修飾物質 biological response modifier (BRM)、アンチセンス医薬 antisense drug、リボザイム ribozyme、細胞標的 cell target、分子標的 molecular target、DDS drug delivery system、薬物動態 pharmacokinetics、バイオマーカー biomarker、症例報告 case report

4-B. 骨髄系腫瘍:MPN,MDS など
Myeloid neoplasms: MPN,MDS, and others

真性赤血球増加症 polycythemia vera、原発性骨髄線維症 primary myelofibrosis、本態性血小板血症 essential thrombocythemia、慢性骨髄単球性白血病 chronic myelomonocytic leukemia、慢性好酸球性白血病 chronic eosinophilic leukemia、全身性肥満細胞症 systemic mastocytosis、骨髄異形成症候群 myelodysplastic syndrome (MDS)、骨髄増殖性腫瘍 myeloproliferative neoplasm、染色体異常 chromosome abnormality、癌遺伝子 oncogene、癌抑制遺伝子 antioncogene、分子標的療法 molecular-targeted therapy、チロシンキナーゼ tyrosine kinase、モノクローナル抗体 monoclonal antibody、低分子医薬 low molecular weight drug、核酸医薬 nucleic acid drug、生体応答修飾物質 biological response modifier (BRM)、アンチセンス医薬 antisense drug、リボザイムribozyme、細胞標的 cell target、分子標的 molecular target、DDS drug delivery system、薬物動態 pharmacokinetics、バイオマーカー biomarker、症例報告 case report

5-A. リンパ系腫瘍:リンパ性白血病
Lymphoid Malignancies: ALL/CLL

急性リンパ性白血病 acute lymphoblastic leukemia ALL、慢性リンパ性白血病 chronic lymphocytic leukemia (CLL)、染色体異常 chromosome abnormality、白血病幹細胞 leukemia stem cell、癌遺伝子 oncogene、癌抑制遺伝子 antioncogene、分子標的療法 molecular-targeted therapy、チロシンキナーゼ tyrosine kinase、エピジェネティクス epigenetics、シグナル伝達 signal transduction、薬剤耐性 drug resistance、病態解析 pathological analysis、臨床像 clinical picture、多施設共同研究 multi-center study、疫学統計 epidemiology & statistics、予後因子 prognostic factor、モノクローナル抗体 monoclonal antibody、低分子医薬 low molecular weight drug、核酸医薬 nucleic acid drug、生体応答修飾物質 biological response modifier (BRM)、アンチセンス医薬 antisense drug、リボザイム ribozyme、細胞標的 cell target、分子標的 molecular target、DDS drug delivery system、薬物動態 pharmacokinetics、バイオマーカー biomarker、症例報告 case report

5-B. リンパ系腫瘍:悪性リンパ腫 基礎
Lymphoid Malignancies: Malignant Lymphoma basic research

悪性リンパ腫 malignant lymphoma (ML)、細胞表面抗原 cell surface antigen、染色体異常 chromosome abnormality、リンパ腫幹細胞 lymphoma stem cell、癌遺伝子 oncogene、癌抑制遺伝子 antioncogene、分子標的療法 molecular-targeted therapy、エピジェネティクス epigenetics、シグナル伝達 signal transduction、薬剤耐性 drug resistance、病態解析 pathological analysis、モノクローナル抗体 monoclonal antibody、低分子医薬 low molecular weight drug、核酸医薬 nucleic acid drug、生体応答修飾物質 biological response modifier (BRM)、アンチセンス医薬 antisense drug、リボザイム ribozyme、細胞標的 cell target、分子標的 molecular target、DDS drug delivery system、薬物動態 pharmacokinetics、バイオマーカー biomarker

5-C. リンパ系腫瘍:悪性リンパ腫 臨床
Lymphoid Malignancies: Malignant Lymphoma clinical research

悪性リンパ腫 malignant lymphoma (ML)、臨床像 clinical picture、新治療経験 experience of novel therapy、多施設共同研究 multi-center study、疫学統計 epidemiology & statistics、予後因子 prognostic factor、モノクローナル抗体 monoclonal antibody、低分子医薬 low molecular weight drug、核酸医薬 nucleic acid drug、生体応答修飾物質 biological response modifier (BRM)、アンチセンス医薬 antisense drug、リボザイム ribozyme、細胞標的 cell target、分子標的 molecular target、DDS drug delivery system、薬物動態 pharmacokinetics、バイオマーカー biomarker、症例報告 case report

6. リンパ系腫瘍:多発性骨髄腫など
Lymphoid Malignancies: Multiple myeloma and others

多発性骨髄腫 multiple myeloma (MM)、細胞表面抗原cell surface antigen、染色体異常 chromosome abnormality、癌遺伝子 oncogene、癌抑制遺伝子 antioncogene、臨床像 clinical picture、多施設共同研究 multi-center study、新治療経験 experience of novel therapy、疫学統計 epidemiology & statistics、予後因子 prognostic factor、アミロイドーシス amyloidosis、プロテアソーム阻害薬 proteasome inhibitor、サリドマイド thalidomide、レナリドマイド lenalidomide、ビスフォスフォネート bisphosphonate、モノクローナル抗体 monoclonal antibody、低分子医薬 low molecular weight drug、核酸医薬 nucleic acid drug、生体応答修飾物質 biological response modifier (BRM)、アンチセンス医薬 antisense drug、リボザイム ribozyme、細胞標的 cell target、分子標的 molecular target、DDS drug delivery system、薬物動態 pharmacokinetics、バイオマーカー biomarker、症例報告 case report

7. 血栓/止血/血管
Thrombus/Hemostasis/Blood vessel

血栓 thrombus、止血 hemostasis、血管 blood vessel、血小板 platelet、凝固 coagulation、巨核球 megakaryocyte、血小板 platelet、血管内皮細胞 vascular endothelial cell、凝固因子 coagulation factor、凝固抑制因子 coagulation inhibitor、接着因子 adhesion factor、血栓症 thrombosis、線溶 fibrinolysis、播種性血管内凝固症候群 disseminated intravascular coagulation (DIC)、特発性血小板減少性紫斑病 idiopathic thrombocytopenic purpura (ITP)、血栓性血小板減少性紫斑病 thrombotic thrombocytopenic purpura (TTP)、症例報告 case report

8-A. 造血幹細胞移植:基礎、前処置など
Hematopoietic Stem Cell Transplantation: basic research, preconditioning and others

骨髄移植 bone marrow transplantation、末梢血幹細胞移植 peripheral blood stem cell transplantation、臍帯血移植 cord blood transplantation、ミニ移植 mini-transplantation、移植免疫 transplantation immunology、免疫寛容 immune tolerance、症例報告 case report

8-B. 造血幹細胞移植:GVHD、その他の合併症
Hematopoietic Stem Cell Transplantation: GVHD, other complications

(移植後感染は「感染/感染症」に含む) 骨髄移植 bone marrow transplantation、末梢血幹細胞移植 peripheral blood stem cell transplantation、臍帯血移植 cord blood transplantation、ミニ移植 mini-transplantation、GVHD graft-versus-host disease、GVL効果 graft-versus-leukemia effect、GVT効果 graft-versus-tumor effect、組織適合抗原 histocompatibility antigen、移植合併症 transplant complication、症例報告 case report

9. 免疫/細胞・遺伝子治療/輸血
Immunity/Cell, Gene therapy/Transfusion

(抗体療法/分子標的療法は疾患別1-8に含む、感染免疫は「感染/感染症」に含む) 免疫 immunity、細胞治療 cell therapy、遺伝子治療 gene therapy、免疫応答 immune response、免疫制御 immune regulation、獲得免疫 adaptive immunity、自然免疫 innate immunity、T細胞 T lymphocyte、B細胞 B lymphocyte、NK/NKT 細胞 NK/NKT cell、抗原提示細胞 antigen-presenting cell、自己免疫 autoimmunity、腫瘍免疫 tumor immunity、免疫療法 immunotherapy、がん抗原 cancer antigen、がんワクチン cancer vaccine、樹状細胞 dendritic cell、抗原提示 antigen presentation、リンパ球輸注 lymphocyte transfusion、樹状細胞療法 dendritic cell therapy、細胞プロセシング cell processing、細胞分離 cell separation、細胞保存 cell preservation、細胞増幅 cell amplification、遺伝子標的 gene target、遺伝子制御 gene regulation、ベクター vector、遺伝子導入 gene transfer、遺伝子治療 gene therapy、ウイルス療法 viral therapy、輸血 transfusion、輸血関連急性肺障害 transfusion-related acute lung injury (TRALI)、抗HLA 抗体 anti-HLA antibody、輸血後GVHD Transfusion-associated graft-versus-host-disease、先天性免疫不全症congenital immunodeficiency、自己炎症性疾患 autoinflammatory disease、症例報告 case report

10. 感染/感染症
Infection/Infectious disease

細菌 bacteria、ウイルス virus、真菌 fungus、敗血症 sepsis、発熱性好中球減少症 febrile neutropenia、日和見感染症 opportunistic infection、カテーテル関連感染症 catheter-related infection、予防的治療 preventive therapy、経験的治療 empiric therapy、抗菌薬 anti-bacterial drug、抗真菌薬 anti-fungal drug、抗ウイルス薬 anti-viral drug、標的治療 targeted therapy、症例報告 case report

11. 小児血液
Pediatric Hematology

(1-10のカテゴリーに分類できない場合のみ)

12. その他
Others

(1-11のカテゴリーに分類できない場合のみ)

演題名

制限文字数は英文タイトル100文字(半角)、日本語タイトル50文字(全角)になります。 この字数を超えると登録できません。なお、スペースも文字数に含まれます。

本文

制限文字数は英文1600文字(半角)、日本語800文字(全角)になります。この字数を超えると登録できません。
なお、スペースも文字数に含まれます。
※本文を英文で入力する際、≧・μといった特殊文字は全角文字として認識されますので、
  UMINの特殊文字一覧をご参照いただき、タグにてご入力くださいますよう、お願いいたします。

図表

登録できません。

演題の採否通知について

演題登録時に入力いただきましたE-mailアドレスへ、7月中に採択あるいは不採択の通知をお送りする予定です。

暗号通信使用のお願い

オンライン登録および修正は、原則として暗号通信をご利用ください。

この暗号通信の使用により、第3者があなたのパスワードを盗聴して、演題・抄録を無断削除したり、改竄したりすることを防ぐことができます。従って、当学会では原則として暗号通信の使用を推奨します。暗号通信は特に準備はいりません。UMIN(大学病院医療情報ネットワーク)のサーバーコンピュータに管理が移ります。暗号通信は登録または修正作業が終わるまで継続されます。

ただし、暗号通信が使えない場合(施設やプロバイダーの設定に問題があるか、ブラウザーが古い)もありますので、その際は平文通信をご利用ください。

平文通信においては、パスワード等の盗聴が可能ですから、セキュリティや個人情報の保護の点で危険です。特に病院情報システムや電子メール用に使っているパスワードの使用は絶対に避けてください。被害が演題・抄録以外にも及びます。平文通信をご利用の際は、こうした危険性を十分に考慮してください。

平文通信は、暗号通信が使えない場合(施設やプロバイダーの設定に問題があるか、ブラウザーが古い)に限ってご利用ください。

注意事項

  • UMINオンライン演題登録システムでは、Internet Explorer、Netscape、Safari、Firefox以外のブラウザでは演題登録できません。それ以外のブラウザはご利用にならないようお願いいたします。Safariにおきましては、ver.2.0.3(417.9.2)以降のバージョンでご利用可能です。
  • 演題を入力すると演題受付番号が自動発行されます。
    この受付番号と自分で設定したパスワードを入力することにより、演題登録期間内に限り抄録の変更・削除が可能です。セキュリティの関係上、受付番号及びパスワードのお問合せには応じられませんので、どちらも必ず控えておいてください。
  • オンライン演題登録した後は、確実に登録されているか、登録番号とパスワードで必ずご確認を御願いします。登録番号とパスワードで確認を行い、登録されていれば問題ありません。
  • 演題を登録、修正、削除されますと確認の自動送信メールがご登録のアドレスに届きます。確認メールが届かない場合は演題登録等が正確になされていない可能性がございますので、下記運営事務局までご連絡ください。
  • 投稿された抄録は原則として校正されません。
    そのまま印刷されますので、提出者の責任において作成してください。
  • 登録締切後の原稿の変更及び共著者の追加、変更は一切できません。
    重要な共著者が漏れていることのないよう、十分ご確認ください。

演題登録はこちらから

暗号通信(推奨)

  • 演題登録
  • 確認・修正

平文通信の利用は推奨しません。暗号通信が使えない場合のみ以下をご利用ください。

平文通信

  • 演題登録
  • 確認・修正

お問合わせ先

演題に関するお問合わせ

第77回日本血液学会学術集会 運営事務局
株式会社コングレ内
〒541-0047 大阪市中央区淡路町3-6-13
TEL:06-6229-2555(平日9:30~17:30) FAX:06-6229-2556
E-mail:jsh2015@congre.co.jp

入会免除申請書提出先・お問い合わせ先

日本血液学会 京都事務局
TEL:075-231-5711 FAX:075-231-5722
E-mail:member@jshem.or.jp

COIに関するお問合せ先

日本血液学会 京都事務局
TEL:075-231-5711 FAX:075-231-5722
E-mail:coi@jshem.or.jp

 
  pagetop  
     
 
主催大学事務局 〒920-8641 石川県金沢市宝町13-1   金沢大学附属病院血液・呼吸器内科内
TEL:076-265-2274   FAX:076-234-4252
運営事務局 〒541-0047 大阪府大阪市中央区淡路町3-6-13   株式会社コングレ内
TEL:06-6229-2555   FAX:06-6229-2556   E-mail:jsh2015@congre.co.jp
 
English