第77回日本血液学会学術集会 The 77th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology
第2回 Scientific Exchange Training Program(SETP)
 

1.概要

Scientific Exchange Training Program(SETP)は、日本人による英語口頭発表とディスカッションの力を磨くために、アメリカ血液学会(ASH)会長の発案で始まった教育プログラムです。第77回学術集会から、国際委員会主導の継続的なプログラムになりました。
SETPでは、特別講演やシンポジストとしてJSHに招待されたASHのエキスパート(4人程度)が、それぞれの専門分野に関する若手の発表を小会議室で聞き、発表方法・研究内容や、質問に対する応答の仕方についてコメント・指導がなされます。
ASH年次総会の様なハイレベルの国際学会で高い評価を受けられるようになることが一つの目的です。また、この発表をきっかけに、JSHとASHの学術的な交流が活発になることも期待されます。
発表者の対象は日本血液学会に所属する45歳以下の若手研究者です。
プログラムはASHのコメンテーター、JSHのモデレーター、JSHの若手プレゼンター2名で1セッションが構成され、1人につき10分発表、10~15分の討論を予定しています。
ASHに所属するエキスパートから直接指導を受けることができる貴重な機会ですので、奮ってご応募ください。

日本血液学会国際委員会委員長
三谷 絹子
第77回日本血液学会学術集会会長
中尾 眞二

【SETP1】Multiple Myeloma

モデレーター
安倍 正博(徳島大学病院 血液内科)
コメンテーター
Noopur Raje(MGH Cancer Center)
日時
2015年10月17日(土) 7:25-8:15
会場
ホテル金沢 4F 葵の間

【SETP2】Malignant Lymphoma

モデレーター
正木 康史(金沢医科大学 血液・リウマチ膠原病科)
コメンテーター
Anas Younes(Memorial Sloan Kettering Cancer Center)
日時
2015年10月17日(土) 7:25-8:15
会場
ホテル金沢 4F 錦の間

【SETP3】Bone Marrow Failure Syndromes

モデレーター
高橋 義行(名古屋大学大学院医学系研究科 小児科学)
コメンテーター
David Williams(Boston Children's Hospital)
日時
2015年10月18日(日) 7:25-8:15
会場
ホテル金沢 4F 葵の間

【SETP4】Allogeneic Stem Cell Transplantation

モデレーター
池亀 和博(兵庫医科大学 血液内科)
コメンテーター
Ephraim Fuchs(Johns Hopkins University)
日時
2015年10月18日(日) 7:25-8:15
会場
ホテル金沢 4F 錦の間

の4テーマについて企画しています。

2.募集内容

①プレゼンター:8名(1セッション2名)
プレゼンターの募集を締め切りました。

②聴講者:約40名(1セッション約10名を予定)
申込期限:2015年7月27日(月)~9月10日(木)正午 ※先着順

各セッションとも定員に達したため募集を締め切りました。

応募方法

事前参加登録ページより、お申し込みください。
定員に達し次第、申込を締め切らせていただきますので、予めご了承ください。

参加者の方には、詳細のご案内を9月下旬にメールにてお送りさせていただきます。

お問合せ先

第77回日本血液学会学術集会 事前参加登録事務局

E-mail: reg-jsh2015@congre.co.jp

3.SETPプレゼンターにご応募される方へ

①利益相反について

1)演題応募時

演題応募時、日本血液学会利益相反規定を参照のうえ、応募フォーム(ワードファイル)の、 抄録提出前1年間における筆頭演者の利益相反状態について、 (申告すべき利益相反は)「ない」もしくは「ある」にチェックを入れてください。 なお、企業・法人組織・団体から奨学寄附金が発表者個人か、 発表者が所属する部局(講座、分野)あるいは研究室へ配分されている場合にも 申告する必要があることにご留意ください。

「ある」にチェックを入れた方は、抄録本文および「筆頭演者のCOI 申告書」*をSETPのプレゼンテーションまでに日本血液学会京都事務局(coi@jshem.or.jp)宛に送信ください。

*日本血液学会HP > 利益相反規定ページよりダウンロードください。

2)演題発表時

SETPのプレゼンテーションの際は日本血液学会ホームページに掲示されたフォーマットを参考に、
スライドの最初に(または演題・発表者などを紹介するスライドの次に)COI状態を開示ください。

*日本血液学会 開示スライド例・ポスター例

②倫理問題について

発表内容が倫理上問題になることがないように配慮をお願いいたします。
なお、プログラム企画委員会にて、倫理的に不適当であると判断された場合には、発表をご辞退いただくことがございますので、予めご了承ください。
詳細につきましては、こちらをご参照ください。

お問い合わせ先

第77回日本血液学会学術集会運営事務局

E-mail.jsh2015@congre.co.jp

 
  pagetop  
     
 
主催大学事務局 〒920-8641 石川県金沢市宝町13-1   金沢大学附属病院血液・呼吸器内科内
TEL:076-265-2274   FAX:076-234-4252
運営事務局 〒541-0047 大阪府大阪市中央区淡路町3-6-13   株式会社コングレ内
TEL:06-6229-2555   FAX:06-6229-2556   E-mail:jsh2015@congre.co.jp
 
English