日本人類遺伝学会 第62回大会

演題募集

演題募集期間

2017年5月11日(木)~ 7月6日(木)(正午)
7月13日(木)(正午)までに延長になりました。
演題募集は締め切りました。
たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。

演題応募規定

演題の登録はインターネット(UMIN演題登録システム)で行います。
締め切り直前にはアクセスが集中して繋がりにくくなることが予想されますので、余裕を持って応募してください。

発表形式

1)一般演題(公募)の応募
  • 筆頭演者は日本人類遺伝学会の会員に限ります。
    (共著者は会員である必要はありません)
  • 入会手続きは、以下、お問合わせ先よりお願いいたします。
日本人類遺伝学会
日本人類遺伝学会ホームページ
(トップページ右上の「入会のご案内はこちら」のページでご確認いただけます)

【入会・年会費等に関するお問合わせ先】
日本人類遺伝学会事務局(株式会社コングレ)
〒102-8481 東京都千代田区麹町5-1 弘済会館ビル
TEL:03-5216-5423 /FAX:03-5216-5552
E-mail:jshg@congre.co.jp

2)シンポジウムの登録
シンポジウムは、運営事務局から依頼のあった先生がご登録ください。一般からの申込みは受け付けておりません。

オンライン演題投稿要項

【はじめに】

本ページの一番下にリンクされております演題登録画面にアクセスし、画面に表示される必要項目に入力してください。

【演題投稿システム】

UMIN演題登録システムにて受け付けます。
システムに関するご不明な点は、投稿画面内のFAQページをご参照ください。

【一般演題(公募)に登録される先生方へ】

1)発表形態
一般演題は口演・ポスター発表の2種類となります。投稿時にどちらかをお選びください。演題の採択にあたりましては、プログラム委員会で審査を行いますので、発表形態が変更になる可能性があることをご了承ください。

2)演題カテゴリー
以下の一般演題カテゴリーより、第1希望と第2希望と第3希望を選択してください。

一般演題カテゴリー表(PDF)

3)入会状況/会員番号
筆頭演者の10桁の会員番号を入力してください。
なお、入会手続き中の場合は、入力欄に「99」と入力してください。
会員番号が不明の場合は学会事務局へお問い合わせください。
※大会前に必ず会員登録をおすませください。未登録の場合、ご発表いただけませんのでご注意ください。

日本人類遺伝学会事務局(株式会社コングレ)
〒102-8481 東京都千代田区麹町5-1 弘済会館ビル
TEL 03-5216-5423 /FAX 03-5216-5552
E-mail:jshg@congre.co.jp

【シンポジウムに登録される先生方へ】

本ページに記載の「UMIN演題登録システムについての諸注意」をご確認の上、7月6日(木)までにご登録ください。
※入力画面で一般演題(公募)に関する箇所は飛ばして入力を進めてください。

優秀口演賞、優秀ポスター賞について

若手研究者(演題応募時に40歳未満)を対象に優秀口演賞、優秀ポスター賞を選考いたします。演題登録システム上で一般演題登録時に該当欄にチェックしてください。
なお、本学会では英語での抄録登録を推奨いたしております。このため、優秀口演賞、優秀ポスター賞の選考にあたりましては、英語で登録された演題を優先的に選考いたします。

演題の文字数、言語

  • 本学会では英語での抄録登録を推奨いたしております。
  • 英語で登録/採択された場合、発表スライド・ポスターの作成言語は英語となりますが、発表言語は英語/日本語どちらでも可能とさせていただきます。
  • 演題タイトルは英語(制限文字数半角120文字)、日本語(制限文字数全角60文字)ともに必須とします。
  • 演者名(共著者を含む)および所属機関名は英語、日本語ともに必須とします。
  • 抄録本文の文字数
    シンポジウム・その他:全角1200文字(半角2400文字)
    一般演題:全角800文字(半角1600文字)
  • <SUP>などのタグは文字数として換算しません。
  • 半角カタカナや丸数字、ローマ数字、特殊文字等の機種依存文字は使用できません。
  • 文字化けや変形を避けるため、特殊文字、記号、鍵括弧などは登録用ページの注意事項を遵守してください。
  • 予め適当なワープロプログラムで文字数を制限以内に調整した原稿を用意して、それを登録画面にコピー・ペースト(貼り付け)するようにしてください。
  • UMIN登録システムは演題登録(修正)の画面を1時間以上開いていると、オンラインが自動的に切断され、登録(修正)ボタンを押しても登録されませんのでご注意ください。

UMIN演題登録システムについての諸注意

【パソコンの環境】

※本システムは【Firefox】【Google Chrome】【Internet Explorer】【Microsoft Edge】【Safari】で動作確認を行っております。それ以外のブラウザはご利用にならないようお願いいたします。
注:Mac版Safariにおきましては、ver.2.0.3(417.9.2)以降のバージョンでご利用可能です。
上記に満たないバージョンやWindows版では使用できません。

【演題登録番号とパスワード】

演題登録時に発行される「演題登録番号」および各自で設定・入力した「パスワード」を必ず控えておいてください。
一度登録された内容に修正を加える際は、この「演題登録番号」および「パスワード」が必要となります。
運営事務局およびUMIN事務局では、「演題登録番号」および「パスワード」に関する問い合わせにはお答えできません。ご注意ください。

【演題の受領通知】

演題登録後に演題の受領通知が入力したe-mailアドレス宛に送信されます。
演題の受領通知のメールが通常数分以内に送信されます。
演題の受領通知のメールが指定したe-mailアドレスに届かない場合は、e-mailアドレスの入力に誤りがあったか、演題登録が完了していない可能性があります。e-mailアドレスを確認してその入力間違いがあった場合は、再度ログインして登録e-mailアドレスの変更を行ってください。
演題登録が完了していない場合は、再度登録をお願いします。

【登録内容の修正】

演題募集の期間中は「演題登録番号」および「パスワード」を入力することにより、何度でも演題登録画面にログインして修正することができます。
修正回数に制限はありません。登録内容を修正する度に登録内容がメールで通知されますので、確認してください。
演題募集締め切り後(7月6日(木)の正午)の登録内容の修正はできません。

【演題の取り消し】

既に登録した演題を取り消したい場合は、演題登録画面にログインして「演題取消」を選択して演題を取り消してください。
演題の取り消し後に演題の取り消しを知らせるメールが入力したe-mailアドレス宛に送信されます。
演題募集締め切り後(7月6日(木)の正午)の演題の取り消しは原則として受け付けません。

【共著者の入力】

UMINシステムでは共著者は20名、所属機関は10機関までしか入力できません。
それ以上の共著者、所属機関を掲載される場合は、掲載されたい
・共著者名(日本語・英語表記)、その方の所属機関
・所属名(日本語・英語表記)
を明記の上、第62回大会運営事務局(jshg62@congre.co.jp)まで、
メールでお送りください。

【その他】

UMIN演題登録システムに関する質問は、FAQページを参照してください。

演題の採否通知

採否通知、発表形式を記したメールが2017年8月下旬~9月中旬までに、入力したe-mailアドレス宛に送信されます。Yahooメールやhotmail等のフリーメールは、自動的に迷惑メールに振り分けられる場合がありますので、ご注意ください。なお、演題の採否ならびに発表日の決定はプログラム委員会に一任とさせていただきます。

利益相反状態の開示について

日本人類遺伝学会では「医学研究における利益相反に関する指針」が平成24年に策定、平成27年に改定され、第57回大会より適用されています。登録画面内にある9項目について、利益相反状態を開示してください。(必須)

医学研究における利益相反に関する指針 一般社団法人日本人類遺伝学会(PDF)

詳細は上記より確認ください。

演題が採択された方には、当日、筆頭演者の演題応募1年前から発表時までの、利益相反状態を開示いただきます。

◆口演発表の場合
発表スライドの最後に、下記「筆頭演者の利益相反自己申告書」(様式1)を挿入して、状況を開示してください。開示すべき状態がない場合も、その旨を申告してください。

筆頭演者の利益相反自己申告書」(様式1)ppt

◆ポスター発表の場合
ポスターの最後に、下記「筆頭演者の利益相反自己申告書」(様式2)を挿入して、状況を開示してください。開示すべき状態がない場合も、その旨を申告してください。

筆頭演者の利益相反自己申告書」(様式2)ppt

一般演題(口演・ポスター)、シンポジウム投稿画面

【暗号通信】

投稿画面    確認・修正画面

暗号通信が利用できない場合はこちらから

【平文通信】

投稿画面    確認・修正画面