第15回日本臨床腫瘍学会学術集会

演題募集

演題募集は終了しました。

オンライン登録による応募のみとなります。
以下の説明をご確認の上、演題登録を進めてください。

演題応募期間

2016年12月15日(木)正午~2017年2月2日(木)正午
2月9日(木)正午
2月14日(火)正午

演題応募規定

  • 筆頭演者は本学会の会員に限ります。
    非会員の方は、以下のURLより新入会手続の上、演題登録をお願いします。http://www.jsmo.or.jp/about/nyukai.html
  • 共同演者も会員であることが望ましいですが、必須ではありません。
    入会される方は上記URLより新入会の手続きを進めてください。

【新入会に関するお問い合わせ先】

公益社団法人 日本臨床腫瘍学会事務局
〒105-0013 東京都港区浜松町2-1-15 芝パークビル6階
TEL: 03-6809-1250 FAX: 03-6809-1138
E-mail:

募集演題・演題選定について

主題演題(シンポジウム、ワークショップの一部のセッション)および一般演題(口演発表、ポスター発表)を下記の通り公募します。
発表形式は、PCを使用した口演発表、またはポスター発表となります。

主題演題

インターナショナルセッション公募(一部指定)

症状スクリーニングと緩和治療 ―早期からの緩和ケアを目指して―日本語 英語
Comprehensive Symptom Screening and Early Palliative care
―From the Start of Cancer Treatment―

企画概要

シンポジウム公募(一部指定)

外来がんリハビリテーション エビデンス & プラクティス日本語

企画概要

我が国の大腸がん化学療法臨床試験と、その位置づけ日本語

企画概要

胃癌における新薬開発英語
Newest knowledge in gastric cancer

企画概要

ワークショップ公募(一部指定)

アカデミア発抗がん薬開発の進展(仮)日本語

企画概要

がん治療中の患者のdecision makingのサポート ―がん治療する?しない?―日本語

企画概要

胆道癌の化学療法:今後の展望日本語

企画概要

乳癌のバイオマーカー研究はどこまで進んだか?英語
Current landscape and future perspectives of biomarker study in breast cancer

企画概要

原発不明がん診断・治療の新たな方向性日本語

企画概要

高齢者に対する化学療法におけるリスクアセスメント日本語

企画概要

※セッションの司会/ 査読委員による査読を行い採否決定いたします。

※シンポジウムまたはワークショップとして不採用になった場合は、一般演題として発表いただきます。
一般演題での発表を希望する場合は、登録画面上で一般演題カテゴリーを第2希望まで選択していただきます。

一般演題(口演・ポスター)

一般演題カテゴリー

1 がん診療の均てん化
2 小児
3 脳神経
4 頭頸部
5 乳腺
6 食道
7 胃・十二指腸
8 大腸
9 肝臓
10 胆嚢・胆道・膵臓
11 呼吸器
12 子宮・卵巣
13 その他婦人科
14 泌尿器
15 内分泌・甲状腺
16 皮膚
17 骨軟部
18 リンパ腫
19 白血病
20 その他血液
21 原発不明がん
22 神経内分泌腫瘍
23 遺伝性腫瘍
24 放射線治療
25 基礎医学
26 免疫学
27 Cancer epigenetics
28 橋渡し研究
29 創薬研究開発
30 早期臨床開発
31 臨床薬理
32 生物統計
33 レギュラトリーサイエンス
34 臨床試験支援
35 分子標的薬
36 細胞傷害性抗癌薬
37 免疫療法
38 その他の抗癌薬
39 薬学
40 ビッグデータ
41 Trials in Progress *
42 分子・遺伝子診断
43 コンパニオン診断
44 画像診断
45 その他の診断
46 支持療法
47 緩和医療
48 地域連携
49 チーム医療
50 リハビリテーション
51 外来化学療法
52 がん薬物療法専門医のキャリア
53 がんプロ
54 看護
55 口腔ケア
56 患者支援・がんサバイバーシップ
57 AYA
58 高齢者
59 医療経済
60 症例報告
61 その他

* Trials in Progressのカテゴリーにて登録された場合は、学会のUSB抄録集、およびマイスケジュールに抄録は掲載されませんのでご注意ください。
ご提出いただきました抄録は、当日ご発表の会場前にて参加者の方に配布させていただきます。

※一般演題奨励賞の選考があります。(希望者のみ)

  • 対象年齢:40歳未満(2017年7月29日時点 ※学術集会末日時点)
  • 奨励賞候補者に選考された方は、2017年5月頃に審査用電子データの提出をお願いいたします。
  • 選考をご希望の方は、演題登録画面「一般演題奨励賞選考希望する」の設問で「はい」を選択してください。

※一般演題は査読委員による査読を行い、研究内容、倫理面等を総合的に評価のうえ、採否を決定いたします。
登録時に希望発表形式(口演発表・ポスター発表)の登録をお願いしますが、最終的な発表形式の決定、発表セッション、採否につきましては会長にご一任ください。

Late-breaking abstractsの応募について

本学術集会では、最新の研究成果をもとに議論を深めたいと考えております。そのような演題を「Late-breaking abstracts」として募集いたします。
応募される場合は、「Late-breaking abstractsとしての応募演題である」を選択し、研究の骨子と予想される結果を記述して仮登録を行ってください。
3月下旬~4月上旬に事務局より最新の研究結果につきまして本登録の依頼を行いますので、2017年4月14日(金)までに最終版をご提出ください。

※演題登録時に予想される結果と実際の研究結果が異なる場合でも、採否に影響はございません。

※4月14日(金)以降のご提出については、事前に準備するUSB抄録に最終版が掲載されませんので、ご了承ください。

プレナリーセッションについて

プレナリ―セッションにつきましては、公募演題から選定いたします。
プレナリ―セッションはInternational Sessionとなります。

※演題登録時、演題名は英文および和文、抄録本文は英文での登録が必要です。
※発表言語は英語となります。

Annals of Oncologyへの掲載について

第15回日本臨床腫瘍学会学術集会で発表の英文抄録は、欧州臨床腫瘍学会(ESMO)および本学会の機関誌「Annals of Oncology」のSupplementに掲載されます。
英文抄録をご登録で、「Annals of Oncology」への掲載を希望する場合は、演題登録時に「Annals of Oncologyへの掲載希望する」の設問において、「掲載を希望する」を選択してください。

注1)

二重投稿の可能性がある場合は、『Annals of Oncologyへの掲載希望』欄で「掲載を希望しない」を選択してください。

注2)

「ポスター発表」に採択された場合、抄録の掲載は有料(5,000円)です。
演題が採択されたのちにSupplementへの掲載を取り下げることも可能です。
参加登録時の支払い方法確認画面で取下げをお申し出ください。

発表に際しての利益相反開示

学術集会における発表演題に関し、演題の発表者(1演題につき複数の発表者がいる場合には筆頭者)ならびに当該臨床研究者は、学会規定に基づき、それぞれ自己について、利益相反事項を開示しなければなりません。
2016年1月1日から2016年12月31日までの分についての開示をしてください。

【参考】

pdf
PDFを閲覧・プリントするには、Adobe Readerが必要です。
(Adobe Readerのダウンロードはこちら

演題登録時ならびに発表時の利益相反開示※開示事項詳細はこちら

開示事項 金額等 該当の有無 該当する場合:
企業名等
企業の職員・法人の代表 - 有・無
企業等の顧問職 100万円以上 有・無
株式等 全株式の10%以上 有・無
講演料等 50万円以上 有・無
原稿料等 50万円以上 有・無
研究費(治験等) 100万円以上 有・無
寄附金 100万円以上 有・無
専門的助言・証言 100万円以上 有・無
臨床試験実施法人の代表 - 有・無
その他(贈答品等) 5万円以上 有・無

※口演発表の場合、下記スライド例を参照の上、スライド雛形を用いて利益相反の開示をお願いいたします。ポスター発表の場合は、プリントアウトしたものをポスターパネルの右下に貼付してください。

※研究発表の場合、スライドの当該研究の資金源と研究代表者(資金提供を受けた者)の欄を記載ください。

<例>

  • ○○財団「○○癌に対する集学的治療研究○○事業」研究代表者○○
  • 厚生労働科学研究費「○○に関する○○補助研究事業」研究代表者
  • 受託研究「○○に関する臨床研究」○○株式会社研究受託者

※学術集会発表のCOIに関するQAはこちら

スライド例(306KB)

スライド雛形(307KB)

スライド雛形英語(307KB)

【利益相反についてのお問い合わせ先】

公益社団法人 日本臨床腫瘍学会事務局
E-mail:
※お問い合わせの際は件名に「利益相反について」と明記ください。

倫理規定(研究発表演題の倫理事項申告について)

ご発表の演題が、適用となる研究倫理に関する規範(「GCP」、「GPSP」、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」、「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」等)に基づいているか否かを検討するため、以下の事項を申告いただいています。なお、申告内容が演題の採否に影響することはありません。

演題登録時の倫理事項※申告事項詳細はこちら

申告事項
  1. ご発表予定の研究演題があてはまる研究倫理に関する規範は何ですか?(必須)
  1. ご発表予定の演題は、適用となる研究倫理に関する規範に基づき、倫理審査委員会等で審議され、承認されていますか?(必須)
  1. ご発表予定の演題は「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」の定める「介入を伴う研究」、「介入を伴わない研究」のいずれですか?(設問1で「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」選択者必須)
  1. ご発表予定の演題は、国立大学附属病院長会議(UMIN臨床試験登録システム)、財団法人日本医薬情報センター(JapicCTI)、社団法人日本医師会(臨床試験登録システム)のいずれかの臨床試験登録機関に登録されていますか?(設問3.で「介入を伴う研究」選択者必須)
  1. ご発表予定の演題(臨床研究)は、その臨床研究に関連する有害事象や不具合等が発生したとき、ご施設の施設長に速やかに通知し、それに対する速やかな対応や倫理審査委員会の審議が行われるシステムがありますか?(設問3.で「介入を伴う研究」選択者必須)

演題募集要項・新規演題登録について

演題登録の流れ

  • 会員の場合
    ①本ページ最下部の「新規演題登録」ボタンをクリックし「第15回日本臨床腫瘍学会 学術集会 演題登録」のページへ進んでください。
    ②「一般演題/主題演題のご登録はこちら」ボタンをクリックしてください。
    ③次のページにて個人情報の確認、演題の登録を行ってください。

    ④演題登録が完了すると、登録完了画面が表示され、またご登録いただいたE-mailアドレス宛に「演題登録完了のご連絡」が送信されます。30分経過しても登録完了メールが届かない場合には、運営準備室までご連絡ください。

    ※演題登録メールにてご案内している「マイページ」より、登録いただいた演題の確認・修正・削除、演題の追加が可能です。

  • 入会予定の方、非会員の方はこちら
    ※筆頭演者は本学会の会員に限ります。

    ※入会手続きには日数を要しますので、余裕を持ってお手続きを行っていただきますようお願いいたします。

募集要項

オンライン登録による応募のみとなります。
このページ下のオンライン登録画面の入口よりご登録をお願いします。

(1) 登録演題の文字数制限

和文 演題名 全角60文字以内
抄録本文 全角600文字以内
英文 演題名 半角120文字以内
抄録本文 半角2,000文字以内

(2) その他注意事項

※登録可能な最大著者数(筆頭演者+共著者)は、原則10名までです。

※会員番号は「00-0000」(必ずハイフンを記載)と入力してください。

※最大所属機関数は10機関までです。

※所属機関は複数選択可です。

※抄録を登録する際は、「背景」、「方法」、「結果」、「まとめ」等の順に分かりやすく登録してください。(英語の場合:Background: Methods: Results: Conclusion:)

※図表は使用できません。

登録言語
(抄録)
発表言語
(口演・スライド)
プレナリーセッション
(全公募演題の中から主催者側で選定いたします)
International Session
(English)となります
<演題名>
「英文」と「和文」を登録してください
<抄録本文>
「英文」で登録してください

※和文登録欄へは『記載なし』と登録してください

英語
上記以外 <演題名>
「英文」と「和文」を登録してください
<抄録本文>
「英文」もしくは「和文」で登録してください

※可能な限り英文で登録してください

日本語
(可能な方は英語でお願いします)

※第15回日本臨床腫瘍学会学術集会で発表の英文抄録は、本学会の機関誌も兼ねておりますESMOの機関誌「Annals of Oncology」に掲載されます。

(3) 特殊文字・入力に際しての注意事項

特殊文字・入力に際しての注意はこちら⇒
特殊文字・入力に際しての注意は(英語)こちら⇒

新規演題登録方法

※登録本文は、まずご自身のワードで作成し、コピー機能を使ってご登録することをお奨めします。

※このページ下にある「新規演題登録」ボタンから登録画面へ進んでください。

(1) 筆頭演者情報入力画面

  • 氏名(英・日・ふりがな)、所属(英・日)、連絡先住所、連絡先電話番号、連絡先FAX番号、e-mailアドレスを入力します。

    ※登録されたe-mailアドレスに登録完了後の自動通知メールが送られてきますので、入力間違いのないようご注意ください。

  • 演題登録時に、半角英数6~8文字の任意のパスワードを決めていただきます。

(2) 共同演者・演題・COI情報入力画面

  • 主題演題/一般演題選択
  • 一般演題カテゴリー選択
  • 一般演題発表形式(口演・ポスター・どちらでもよい)
  • 発表言語(英語での発表希望・英語での発表可能・日本語のみ)
  • 奨励賞選考希望について
  • Late-breaking abstractsの希望について
  • Annals of Oncologyへの掲載希望について
  • 共同演者氏名(英・日・ふりがな)、共同演者所属(英・日)
  • 演題名(英・日)
  • 抄録本文(英・日)
  • COI情報入力

(3) 入力情報確認画面

登録者自身が間違えて入力した内容につきましては、事務局では一切責任を負いません。必ず内容に間違いがないかをご確認ください。

※登録途中での保存はできませんので、ご注意ください。
※入力情報に不備があると登録が完了しませんので、ご注意ください。

(4) 登録完了

登録番号が画面上に表示されない場合は、演題応募はまだ受付けられていませんのでご注意ください。
登録が終了すると、登録番号が自動発行されます。登録されたe-mailアドレスに自動通知メールにて登録番号とパスワードが送られてきます。

※発行された登録番号とパスワードは、登録者ご自身で管理してください。セキュリティーを維持するため、お問い合わせには一切応じられませんので、必ず登録番号とパスワードを保管しておいてください。

応募演題の確認・修正・削除または登録演題の追加
(同一筆頭演者の場合のみ)

応募演題の確認・修正・削除について

一度登録された演題に修正を加えるときは、マイページへログイン後登録画面へ進みます。
新規登録時に発行された登録番号とパスワードが必要となります。
締切り期限前であれば、登録演題の修正・確認・削除ができます。

※演題を修正する際に「新規演題登録」画面を利用すると同一演題が複数登録されてしまいますのでご注意ください。

登録演題の追加について(同一筆頭演者の場合のみ)

一度、筆頭演者登録を行い、演題登録を完了した後、追加で別の演題を登録する場合は、マイページにてログイン後登録画面へ進みます。

※筆頭演者情報の入力の手間が省けます。
共同演者、演題、COI情報の入力については、新規演題登録時と同様に行ってください。

演題採否のご案内

2017年5月中旬にE-mailにてご案内いたします。

新規演題登録画面

  • 新規演題登録(会員)
  • 新規演題登録(入会予定/申請中)

※会員認証のため、最初に会員IDとパスワードをご入力いただきます。

※指定演題をご登録される先生(会員/非会員)はメールで登録方法をご案内いたしますので、そちらをご確認ください。

演題確認・修正・削除・演題追加

  • 確認・修正・削除・演題追加

※新規登録時に発行された登録番号とパスワードが必要となります。

会員番号・新入会に関するお問い合わせ

公益社団法人 日本臨床腫瘍学会事務局
〒105-0013 東京都港区浜松町2-1-15 芝パークビル6階
TEL: 03-6809-1250 FAX: 03-6809-1138
E-mail:

演題募集に関するお問い合わせ

第15回日本臨床腫瘍学会学術集会 運営準備室
株式会社 コングレ内
〒541-0047 大阪市中央区淡路町3-6-13
TEL: 06-6229-2555 FAX: 06-6229-2556
E-mail: jsmo2017@congre.co.jp

事 務 局

岡山大学大学院 血液・腫瘍・呼吸器内科学講座
〒700-8558
岡山市北区鹿田町2丁目5番1号
Tel: 086-235-7224 Fax: 086-232-8226

運営準備室

株式会社 コングレ内
〒541-0047
大阪市中央区淡路町3-6-13
Tel: 06-6229-2555 Fax: 06-6229-2556
E-mail: jsmo2017@congre.co.jp