第33回 NPO法人 日本脳神経血管内治療学会学術総会
抄録集アプリ ダウンロードのご案内 詳細はこちら
手ぶらでポスターサービス
大会事務局:
事務局長 山本 宗孝
実務担当 寺西 功輔・矢富 謙治
順天堂大学医学部脳神経外科・
脳神経血管内治療学講座
〒113-0033
東京都文京区本郷3-3-11
IPBビル401
TEL:03-3813-3111(代表)

運営事務局:
株式会社コングレ内
〒102-8481
東京都千代田区麹町5-1
弘済会館ビル
TEL:03-5216-5318
FAX:03-5216-5552
E-mail:jsnet2017@congre.co.jp

イブニングセミナー
「M&M Conference in JSNET 2017
痛恨の症例を共有し、明日に生かす!」

開催告知

今回、会期初日(11月23日)のイブニングセミナーとして、「M&M Conference in JSNET 2017 痛恨の症例を共有し、明日に生かす!」を企画致しました。

日     時:
11月23日(木・祝日) 17:30~19:30
場     所:
第1会場(3F 香雲・翠雲)
モデレーター :
泉  孝嗣 先生(名古屋大学医学部 脳神経外科)
 
キッティポン スィーワッタナクン 先生
(東海大学医学部外科学系脳神経外科学)
 
近藤 竜史 先生(埼玉石心会病院脳神経外科)
コメンテーター:
飯星 智史 先生(札幌医科大学脳神経外科)
 
池田 典生 先生(宇部興産中央病院脳神経外科)
 
出雲 剛 先生(長崎大学医学部 脳神経外科)
 
小柳 正臣 先生(姫路医療センター脳神経外科)
 
近藤 康介 先生(東邦大学医療センター大森病院脳神経外科)
 
原口 浩一 先生(函館新都市病院脳神経外科)
 
廣常 信之 先生(広島市立広島市民病院脳神経外科・脳血管内治療科)

合併症に注目したセッションは多数開催されていますが、トラブルシューティングができずに
【実際に不幸な転帰となってしまった症例】を共有する機会は全国規模の学会では過去にあまり例が
ありません。

本企画では脳血管内治療の初心者からエキスパートまでが一堂に会し皆で症例を振り返ることで、気づいておくべきだったサイン、不十分であった判断、回避すべきであった手技、リカバリーの可能性があった次の一手などを検討し、明らかにしていきたいと思います。

過去に開催実績がない新企画となっておりますので、皆様に奮ってご参加いただけますことを心よりお待ちしております。なお、立食形式でおいしいお食事とお飲物もご用意しておりますので、ご気軽にご参加ください。

Copyright (c) 2017 The 33rd Annual Meeting of The Japanese Society for Neuroendovascular Therapy. All Rights Reserved.