第61回日本卵子学会

日程表・プログラム

WEB開催になりました。
WEBで視聴が可能なプログラムについては、後日改めて掲載いたします。

日程表

プログラム

招待講演1

座⻑:
寺田 幸弘(秋田大学 産婦人科学講座)

Should We Be Alarmed That Designer Babies Walk Among Us?

Gerald Schatten(University of Pittsburgh School of Medicine)

招待講演2

座⻑:
久慈 直昭(東京医科大学 産科婦人科学教室)

Contributions of Oocyte Cytoplasm to Reprogramming and Development

Shoukhrat Mitalipov
(Center for Embryonic Cell and Gene Therapy Oregon Health & Science University)

特別講演

座⻑:
木村 直子(山形大学大学院農学研究科 動物機能調節学分野)

胎性 ーこの摩訶不思議な生殖戦略ー

荒木 慶彦
(順天堂大学大学院医学研究科・環境医学研究所/順天堂大学医学部 産婦人科学講座)

教育講演

座⻑:
福田 淳(市立秋田総合病院 産婦人科)

卵巣機能不全による不妊の克服を目指して

河村 和弘(国際医療福祉大学医学部医学科 産婦人科学)

シンポジウム1

「がん生殖医療における現状と今後の展望」

座⻑:
立花 眞仁(東北大学医学部 産科学婦人科学教室)

本邦におけるAYA世代を中心とした、がん生殖医療の実際とこれから

白澤 弘光(秋田大学 産婦人科学講座)

日本がん・生殖医療登録システム(JOFR)の現状と課題

髙井 泰 (埼玉医科大学総合医療センター 産婦人科)

閉鎖型デバイスを用いた卵巣組織凍結Vitrification法の実際

杉下 陽堂(聖マリアンナ医科大学 産婦人科・難病治療研究センター)

日本がん・生殖医療学会 (JSFP) 合同シンポジウム

シンポジウム2

「現場における管理胚培養士の役割−そのあり方−」

座⻑:
高橋 和政(秋田大学 産婦人科学講座)
⻑⾕川 久隆(神奈川レディースクリニック/ 秋田大学 産婦人科学講座)

管理胚培養士として働くにあたって

秋葉 陽子 (ウィメンズ・クリニック大泉学園)

Mrs. Louise Brownから学ぶ管理胚培養士の役割

福永 憲隆 (浅田レディースクリニック)

「胚培養士」から「管理胚培養士」となり変わったこと、変えたこと

熊迫 陽子 (セント・ルカ産婦人科)

シンポジウム3

「基礎的知見に基づいたPGT-A の今後の臨床展開を考える」

座⻑:
寺田 幸弘(秋田大学 産婦人科学講座)

マウス胚の着床前発生におけるエピブラスト形成機構

佐々木 洋 (大阪大学大学院生命機能研究科 個体機能学講座)

PGT-A臨床研究においてART施設が実施するべきこと

⻘山 直樹 (加藤レディスクリニック)

臨床破棄胚を用いたNGS解析から見えること

⻑⾕川 久隆(神奈川レディースクリニック/ 秋田大学 産婦人科学講座)

TE生検によるPGT-Aの意義:細胞生物遺伝学的な検討

高橋 玄徳 (秋田大学 産婦人科学講座)

胚培養士・倫理講習会

座⻑:
石原 理(埼玉医科大学 産科婦人科)

着床前遺伝子診断と生命倫理

苛原 稔(徳島大学大学院 医⻭薬学研究部)

受講証明書発行のための受講申込みは、一般社団法人日本卵子学会 ホームページにて受付けております。
※聴講は、学術集会に参加されるどなたでも可能です。

ランチョンセミナー1

「進化する胚培養液」

座⻑:
吉村 泰典(一般社団法人 吉村やすのり生命の環境研究所 代表)

ヒト卵管内液組成に基づいた胚培養液「HiGROW OVIT」の開発経緯と今後の展望

八尾 竜馬(扶桑薬品工業株式会社 研究開発センター 上席研究員)

新規培養液を導入する際の評価方法 当院におけるHiGROW OVIT の臨床成績より

天野 奈美子(医療法人オーク会オーク住吉産婦人科 胚培養士)

共催:扶桑薬品工業株式会社

ランチョンセミナー2

座⻑:
関 信輔(秋田大学 バイオサイエンス教育・研究サポートセンター 助教)

「卵子の凍結保存 基礎研究から臨床応用へ」

江副 賢二(加藤レディスクリニック 研究開発部 主任)

共催:株式会社 北里コーポレーション

主催事務局

秋田大学 産婦人科学講座
〒010-8543 秋田市本道1-1-1

運営事務局

株式会社コングレ 東北支社
〒980-0811仙台市青葉区一番町4-6-1 仙台第一生命タワービルディング
TEL: 022-723-3211 FAX: 022-723-3210
E-mail jsor2020@congre.co.jp