第61回日本卵子学会

日程表・プログラム

第61回日本卵子学会学術集会では以下のプログラムを予定しております。


招待講演1第1日目 5月23日(土)15:20-16:10  第1会場

座⻑:
寺田 幸弘(秋田大学 産婦人科学講座)

Should We Be Alarmed That Designer Babies Walk Among Us?

Gerald Schatten(University of Pittsburgh School of Medicine)

招待講演2第2日目 5月24日(日)13:05-13:55  第1会場

座⻑:
久慈 直昭(東京医科大学 産科婦人科学教室)

Contributions of Oocyte Cytoplasm to Reprogramming and Development

Shoukhrat Mitalipov
(Center for Embryonic Cell and Gene Therapy Oregon Health & Science University)

特別講演第2日目 5月24日(日)10:00-10:45  第1会場

座⻑:
木村 直子(山形大学大学院農学研究科 動物機能調節学分野)

胎性 ーこの摩訶不思議な生殖戦略ー

荒木 慶彦
(順天堂大学大学院医学研究科・環境医学研究所/順天堂大学医学部 産婦人科学講座)

教育講演第1日目 5月23日(土)14:10-15:10  第1会場

座⻑:
島田 昌之(広島大学大学院統合生命科学研究科 生生・応用動物生命科)

卵巣機能不全による不妊の克服を目指して

河村 和弘(国際医療福祉大学医学部医学科 産婦人科学)

シンポジウム1第1日目 5月23日(土)16:20-18:00  第1会場

「がん生殖医療における現状と今後の展望」

座⻑:
立花 眞仁(東北大学医学部 産科学婦人科学教室)

本邦におけるAYA世代を中心とした、がん生殖医療の実際とこれから

白澤 弘光(秋田大学 産婦人科学講座)

日本がん・生殖医療登録システム(JOFR)の現状と課題

髙井 泰 (埼玉医科大学総合医療センター 産婦人科)

閉鎖型デバイスを用いた卵巣組織凍結Vitrification法の実際

杉下 陽堂(聖マリアンナ医科大学 産婦人科・難病治療研究センター)

日本がん・生殖医療学会 (JSFP) 合同シンポジウム

シンポジウム2第2日目 5月24日(日)10:45-11:55  第1会場

「現場における管理胚培養士の役割−そのあり方−」

座⻑:
高橋 和政(秋田大学 産婦人科学講座)
⻑⾕川 久隆(神奈川レディースクリニック/ 秋田大学 産婦人科学講座)

管理胚培養士として働くにあたって

秋葉 陽子 (ウィメンズ・クリニック大泉学園)

Mrs. Louise Brownから学ぶ管理胚培養士の役割

福永 憲隆 (浅田レディースクリニック)

「胚培養士」から「管理胚培養士」となり変わったこと、変えたこと

熊迫 陽子 (セント・ルカ産婦人科)

シンポジウム3第2日目 5月24日(日)13:55-15:30  第1会場

「基礎的知見に基づいたPGT-A の今後の臨床展開を考える」

座⻑:
森本 義晴 (HORAC グランフロント大阪クリニック)

マウス胚の着床前発生におけるエピブラスト形成機構

佐々木 洋 (大阪大学大学院生命機能研究科 個体機能学講座)

PGT-A臨床研究においてART施設が実施するべきこと

⻘山 直樹 (加藤レディスクリニック)

臨床破棄胚を用いたNGS解析から見えること

⻑⾕川 久隆(神奈川レディースクリニック/ 秋田大学 産婦人科学講座)

TE生検によるPGT-Aの意義:細胞生物遺伝学的な検討

高橋 玄徳 (秋田大学 産婦人科学講座)

胚培養士・倫理講習会第2日目 5月24日(日)8:50-9:50  第1会場

座⻑:
石原 理(埼玉医科大学 産科婦人科)

着床前遺伝子診断と生命倫理

苛原 稔(徳島大学大学院 医⻭薬学研究部)

受講証明書発行のための受講申込みは、一般社団法人日本卵子学会 ホームページにて受付けております。
※聴講は、学術集会に参加されるどなたでも可能です。

主催事務局

秋田大学 産婦人科学講座
〒010-8543 秋田市本道1-1-1

運営事務局

株式会社コングレ 東北支社
〒980-0811仙台市青葉区一番町4-6-1 仙台第一生命タワービルディング
TEL: 022-723-3211 FAX: 022-723-3210
E-mail jsor2020@congre.co.jp