• 日本ペインクリニック学会第51回大会 痛み治療におけるサイエンスと技の伝承 Movie
  • 岐阜 観光・イベント情報
  • NMatrix

会長挨拶

  • 日本ペインクリニック学会 第51回大会
    会長 飯田 宏樹
    (岐阜大学大学院医学系研究科 麻酔・疼痛制御学分野 教授)
  • 飯田 宏樹

このたび2017年7月20日(木)~22日(土)の3日間にわたり、岐阜市の長良川国際会議場・岐阜都ホテルを会場として、日本ペインクリニック学会第51回大会を開催させていただくことになりました。

本大会は、日本全国の痛み治療に携わる専門家が一堂に会し、これらの領域の臨床面での質や安全性の担保・向上や臨床および基礎研究等について議論を交わす貴重な場であります。1969年に第1回ペインクリニック研究会が開催され、その後1985年から学会として新たな出発をし、約半世紀を迎えました。この学会は専門家の意見交換の場としてだけではなく、あらゆる痛み治療を志す医師たちにとってこれらの領域を広く学ぶ貴重な機会になると存じます。このことは、日本中の痛みで苦しんでいる多くの人々に福音をもたらせるものと確信しております。

第51回を迎える本大会においては、テーマを「痛み治療におけるサイエンスと技の伝承」として、痛み治療を科学的観点から取り上げると共に、日本で特に発展してきたインターベンショナル治療を科学とアートの融合として、技術を後世の医師たちに伝えるべく、意見交換したいと考えております。

2017年、「岐阜」と織田信長に命名されて450年目を迎えます。歴史的にも重要な役割を果たしたこの地で、痛み治療に関する多くの議論を交わせる場を参加者の皆様に提供したいと考えております。

第50回の記念大会を終え、新たな一歩を岐阜の地からスタートします。皆様の熱い発表・討論で本大会を盛り上げていただくようご協力ならびにご支援を衷心よりお願い申し上げます。

PAGE TOP