第17回肩の運動機能研究会

会長挨拶

第47回日本肩関節学会
会長 末永 直樹
社会医療法人朋仁会 整形外科 北新病院
上肢人工関節・内視鏡センター センター長

この度、第47回日本肩関節学会学術集会を2020年10月9日(金)・10日(土)にホテルエミシア札幌および新さっぽろアークシティホテル(札幌市)にて開催させていただくこととなりました。

世界に先駆けて始まった日本肩関節学会も第47回を迎えることとなりました。少数の先人の先生方で始まった本会も肩の運動機能研究会を併設研究会として設置してから、今や医師のみならず理学療法士、作業療法士、看護師の参加も増え2000人弱の参加者の学会規模となりつつあります。

これだけ大きくなった本学術集会を一民間病院で開催できますことは大変な名誉であり、関係者一同、鋭意準備を進めている所でございます。

私自身本学会に1988年に初めて参加させていただいてから約30年が過ぎました。初めて参加した頃の日本肩関節学会は一会場のみでの開催でしたが、主題での熱い討論と一般口演での質疑応答に驚愕し、聞き漏らさないよう会場からトイレ休憩にも抜け出せなかったこと、発表では明るくなって会場を見渡すと、マイクの前に大勢の先生方が列をなして立っていたこと、また質問するために徹夜で関連の論文を読み返し真っ黒な抄録集を持って行ったことを昨日のことのように思い出します。

第47回日本肩関節学会学術集会では“反省と革新 世界へ発信する!”をテーマとして、オリジナリティーのあるアイデア、研究を世界に発信するために従来と趣を変え、権威ある英文雑誌に投稿できるような調査手法の発表を期待して、主題を“10年以上の長期成績”、“多施設研究”、“Prospective randomized controlled study”など、また治療の革新には反省が必須であるため“再手術例の原因からみた初回手術の工夫”としました。また10名を超える著名な海外の先生方を迎え、国際シンポジウムと共催セミナーを予定しています。また従来どおり、第17回日本肩の運動機能研究会を併設研究会として行います。さらに私的に始めたカンファレンスではありますが、長期成績と成績不良例から学ぶLong-term Outcome & Failed Case Conference (LOFC)を『複数回の手術を要した人工肩関節置換術の反省と検討』をテーマに学会内のケースカンファレンスとして組み込んで、全員懇親会後の金曜日夜にじっくりと行う予定です。また、今回の学会と同じ会場で、2016年から3年間行ってきたSapporo Shoulder CourseのSatellite Meetingをビギナーとアドバンスおよびリハビリテーションについても本学会終了後に行います。是非、Sapporo Shoulder CourseのSatellite Meetingのホームページもご覧いただけると幸いです。

10月の札幌は鮭の遡上に伴い生イクラやししゃもなどの海の幸や落葉きのこなどの山の幸、冬に向けて栄養を蓄えるエゾシカ等のジビエ料理など食の秋を楽しむこともできます。また札幌中心部から車で30分から1時間程度の近郊には、朝里川温泉や定山渓温泉、支笏湖温泉などがあり、紅葉を見ながら巡ることも可能です。少し足を延ばせば、アウトドアのメッカ、ニセコがありハイキングや乗馬、パラグライダーやラフティングなども楽しめます。

学会開催場所である新札幌は千歳空港から28分(JR)、札幌駅からは8分(JR)、札幌の中心である大通りからは19分(地下鉄)、ススキノからは約25分(地下鉄)と、札幌市内のみならず道内観光地へもスムーズにアクセスできる場所です。是非ともご家族連れでご参加いただき、秋の北海道を満喫していただけることを祈っております。

多くの先生方のご参加を心からお待ちしております。

2019年7月吉日

ページトップ