Arthrex

ジンマーバイオメット

J&J

第44回日本足の外科学会学術集会

会長挨拶

第44回日本足の外科学会学術集会
会長 倉 秀治
医療法人社団 悠仁会 羊ヶ丘病院

会長 倉 秀治

この度、2019年9月26日(木)、27日(金)に『ロイトン札幌』において『第44回日本足の外科学会学術集会』を開催いたします。

本学術集会のテーマは、『足の外科へのこだわり-匠の知識と技を求めて-』にいたしました。私自身が足の外科を始めて30年になろうとしています。札幌医大在籍時から、より良い治療を目指してまいりましたが、2010年、羊ヶ丘病院で開業してからは、従来の目標に加えて、患者さんに喜んでもらえる医療を目指してきました。その間、多くの諸先輩の『匠の知識と技』の習得に努めてまいりました。その、大きな柱が本学術集会への参加であり、実際に多くのことを学んでまいりました。今日では、多くのテキストや手術手技に関する動画が簡単に入手できるようになりましたが、最もホットな知識に出会えて、演者と直接議論して疑問点を解決できるのが『日本足の外科学会学術集会』です。

プログラムに関しては、基調講演、招待講演、特別講演、教育研修講演、ランチョンセミナー、シンポジウム、パネルディスカッション、ワークショップ等に加え、新しい企画も用意しております。Best paper award, best poster awardも準備しております。奮ってご応募ください。現在、依頼を快くお引き受けいただきました約50名のプログラム委員の先生方と魅力あるプログラムの完成を進めております。基調講演として日本足の外科学会理事長の大関覚先生に、『足の外科学会の国民への普及と診療報酬の課題』に関するご講演をお願いいたしました。海外からの招待講演は2題予定しております。米国、Mayo ClinicのHarold B Kitaoka先生に『成人扁平足治療についての米国でのcurrent concept』、韓国のKyung Tai Lee先生に、早期競技復帰をめざす『足の外科専門医としてのスポーツチームへのかかわり』に関するご講演をいただく予定です。いずれも本学術集会のテーマにふさわしいご講演になろうと思います。

シンポジウムでは、韓国との合同シンポジウムも企画しております。特に、韓国でレベルの高い治療がおこなわれている『陳旧性足関節外側靭帯損傷に対する治療-私ならこうする-』等、明日からの診療に役立つ内容を企画いたしております。

さらに、日常生活やスポーツ競技復帰に欠かせない、リハビリについても理学療法の現状や工夫、新しい試みについてのセッションも設けております。理学療法士の方も、本学会の準会員になられて多数御参加いただければ幸いです。

この時期の札幌(北海道)は、まさにベストシーズンです。雄大な自然と豊富な食材、また、少し足を延ばせば今季最初の紅葉も見られることでしょう。学術活動とともに北海道を大いに満喫していただきたいと思います。皆様の御参加を心からお待ち申し上げます。

ページトップ