会長挨拶

古森 公浩

第47回日本血管外科学会学術総会
会長 古森 公浩
(名古屋大学大学院医学系研究科 血管外科学分野 教授)

この度、第47回日本血管外科学会学術総会を名古屋大学大学院血管外科学教室が主宰させて頂く事となり、大変光栄に存じております。会期は2019年5月22日~24日、会場はホテルナゴヤキャッスルで開催します。現在、学会に向けて鋭意、準備をすすめているところです。

学術総会のテーマは“血管外科フロンティア~世界への発信~”とさせて頂きました。今後、益々“世界へ発信”できるような仕事を目指して日本血管外科学会が努力して行こうという意気込みと期待を込めて、このテーマにしました。

海外招請講演は現在、Andrew W. Bradbury先生、Michael S. Conte先生、Stephan Haulon先生、Jon S. Matsumura先生が決定しています。アメリカ血管外科学会、ヨーロッパ血管外科学会そして我々日本血管外科学会からも参加して作成された全世界的なガイドライン“Global Vascular Guideline”が2019年2月に発表される予定です。その作成に中心で関わったBradbury先生、Conte先生のお二人に“Global Vascular Guideline”について紹介してもらう予定です。

またSVSの会長講演、SVSとのシンポジウム他、特別企画、シンポジウム、会長要望演題など準備する予定です。また同時期に第11回日韓血管外科学会並びにWorld Federation of Vascular Societiesのシンポジウムも開催予定です。多くの演題応募をよろしくお願い申し上げます。

ページトップ