スケジュール・会場 参加登録 English
九州大学エネルギー研究教育機構のビジョンと目標
【ビジョン】オール九大で「2100年の社会のエネルギー」を具現化
背景 ◎パリ協定『今世紀後半に人為的な温室効果ガスの排出と吸収源による除去の均衡を達成』
◎予測できる現技術の単なる延長・最適化では「2100年の未来」は描けない!
【目標】未来社会のエネルギーシステムを構想し,技術・産業・社会のパラダイムシフトを先導
文理融合の未来エネルギー学と統合的エネルギー教育プログラムの構築
環境性・経済性・社会性を両立させる未来社会のエネルギーの提案
エネルギー関連の世界的な研究教育アライアンス構築
九州大学エネルギー研究教育機構の研究(連携・学際融合へ)
総合大学である九州大学の強みを活かす:研究
部局の壁を取り去ったオール九大のプラットフォーム組織「機構」
「あるべき未来社会」➡ 個別要素研究 ⇔ 連携プロジェクト ⇔ 学際融合
 
[エネルギー全体の課題解決]   [未来社会予測とエネルギー学]
◎脱化石資源
◎地球温暖化防止
◎エネルギーの国際戦略と国際連携
◎エネルギーマネジメント
◎エネルギーセキュリティ
  ◎少子高齢化、多自然災害のわが国固有のエネルギー安全学
◎九州からのエネルギー転換 (日本へ、そして世界へ)
◎国際的な社会モデルの発信

機構:連携・学際融合研究を支援
取組:個別の活動を支援
page top