Japanese Japanese
  • ホーム
  • ご挨拶
  • 開催概要
  • プログラム
  • 演題登録
  • 参加登録
  • 宿泊のご案内
  • 託児室のご案内
  • 関連会合・委員会・研究会のお申し込みについて
  • 企業の皆様へ
  • リンク
  • お問い合わせ
千寿製薬株式会社

第74回日本臨床眼科学会 The 74th Annual Congress of Japan Clinical Ophthalmology

ご挨拶

第74回日本臨床眼科学会
学会長:杉山 和久
(金沢大学医薬保健研究域医学系眼科学 教授)

 第74回日本臨床眼科学会は、令和2年10月15日から18日の4日間、東京国際フォーラムとJPタワーホール&カンファレンスで開催します。会長は金沢大学眼科の杉山和久が務め、副会長は石川県眼科医会会長の望月雄二先生、プログラム委員長は東邦大学大森病院眼科教授の堀裕一先生です。

 さて、開催にあたり金沢も考えましたが、宿泊、交通の便を考えると、金沢から北陸新幹線でぐっと近くなった首都東京の開催に致しました。この北陸新幹線のルートは驚くことに江戸時代の参勤交代で金沢から江戸へ行かれた前田の殿様の大名行列の道程とほぼ同じです。そこで臨眼ポスターは金沢から江戸へ向かう加賀百万石の大名行列(当時としては最大級の大名行列で約4,000名の大行列)をイメージして作りました。また、東京オリンピックが令和2年7月24日から8月9日まで、パラリンピックが8月25日から9月6日まで行われます。本学会はまさにオリンピックの興奮冷めやらぬ東京での開催です。

 本学会のテーマは「サイエンスの3つの眼(目、眼、芽)」です。まず、「サイエンスの目」とは、サイエンスの目(科学的な視点)を持って日常の眼科診療をすること。そこに新たな発見、研究のseeds(種)が生まれます。次に、「サイエンスの眼」とは、エビデンスに基づいた学問としての眼科学の実践です。これによって全国津々浦々に標準レベル以上の眼科医療が提供されると思います。そして「サイエンスの芽」とは、研究の種から芽を出して大きく育てることは勿論ですが、それと同時に眼科学への情熱溢れる若い臨床医、研究者の芽を育てることです。エビデンスを作る姿勢の医療、臨床研究、基礎研究こそが将来の医療を支え、将来の日本の眼科を形作るものとなると考えています。本学会がサイエンスの3つの眼を育む学会になることを期待しております。

 さて、本学会の目玉として特別講演に、新潟大学眼科の福地健郎教授(緑内障)と金沢医科大学眼科の佐々木洋教授(白内障・紫外線など)にご講演をお願いしました。また、招待講演にはドイツ、ハイデルベルグのRuprecht-Karls-UniversityのJost Jonas教授(網膜・近視関連)、シンガポールの国立アイセンターのTin Aung教授(緑内障)です。また、国際シンポジウムとして、緑内障の病態、緑内障の治療、水疱性角膜症の最新治療、網脈絡膜微小循環研究の進歩の4つのシンポジウムを会長枠で企画しました。プログラム委員会からの指定シンポジウム、その他シンポジウムを合わせてトータル25のシンポジウムがございます。今後多くの一般口演、ポスター展示、インストラクションコース、共催セミナーなどが次々と決まり、盛りだくさんの学会になると思います。

 本学会で多くの先生方、コメディカルの方々が、勉強し、交流を深め、ひと時の休息をして、明日からの臨床、研究への鋭気を養っていただけたら幸いです。皆様のお越しをオリンピック開催後の東京でお待ちしております。