会長挨拶

第36回スパズム・シンポジウム
会長 鈴木 秀謙
(三重大学 脳神経外科)

このたび、第36回スパズム・シンポジウム会長としてその運営に当たらせていただくことになり、大変光栄に存じます。 第36回スパズム・シンポジウムは第45回日本脳卒中学会及び第49回日本脳卒中の外科学会と合同でSTROKE 2020としてパシフィコ横浜にて開催致しますが、本会はその中日の2020年8月24日(月)に開催させていただきます。 日程変更に伴い、ご心配とご不便をお掛けしておりますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

STROKE 2020は「脳卒中 力をひとつに」という主題のもと、脳卒中の克服に向け幅広い職種・専門家の叡智を結集させた記憶に残る学術集会になるものと考えています。 スパズム・シンポジウムでは脳卒中の中でも最も重篤なくも膜下出血後の遅発性脳虚血をターゲットとし、その克服に向け、薬物治療や外科的治療・脳血管内治療だけでなく、全身管理、モニタニング、バイオマーカーなどの 様々な側面より最新の進歩と問題点、将来への展望を討議していきたいと考えております。 また、米国より神経集中治療の権威であるClaassen教授をお招きし、くも膜下出血患者の持続脳波モニタリングを中心とした集学的管理についてご講演いただきます。

近年、遅発性脳虚血の原因として脳血管攣縮を含む多様な病態が関与するという報告が増えていますが、その通りであれば病態や状況に応じて個別に治療を考慮する時期に来ているのかもしれません。 それぞれの施設で効果を信じて施行している治療法は、それぞれ意味があるはずですが、その施設がターゲットにしている症例の特徴を明確にすることで、その治療法が有効なサブグループが明らかになる可能性があります。 また、大規模臨床研究では除外されたり埋れてしまうが、意味がある症例もあるはずで、そのような少数データこそ本会で討論すべきと考えています。 そこで、皆様の独自の基礎的・臨床的アプローチに加え、grade Vやsylvian hematomaを伴う症例に対する治療戦略・成績や、印象的な症例・示唆に富む症例などをお持ちよりいただき、白熱した議論をお願いしたいと考えています。 くも膜下出血患者の治療成績を向上させるためには更なる観察と研究は欠かせません。 本会が皆様の叡智を結集して“スパズム”における残された課題を炙り出し、個別化治療への道を開くことで更なる予後改善につながることを期待しています。多数の先生方のご参集を心よりお待ちしています。