JARM 2021

 

第58回 日本リハビリテーション医学会学術集会

The 58th Annual Meeting of the Japanese Association of Rehabilitation Medicine

 

ハンズオンセミナー、講習・実技セミナー

ハンズオンセミナー

痙縮のボツリヌス治療における投与筋の選定および同定

日時

2021年6月12日(土)10:00~11:30

会場

国立京都国際会館 Room 104

担当企業名

グラクソ・スミスクライン株式会社

内容

本セミナーでは、上肢痙縮・下肢痙縮に対するボトックスの施注資格を有する医師を対象に、治療対象筋の選び方、および視診・触診での筋同定を実際に体験、習得していただきます。講師は超音波画像診断装置も使用しながら、筋肉の位置、働き、施注部位について解説いたします。
<本セミナーで対象とする主な筋>
上肢:上腕筋、橈側手根屈筋、尺側手根屈筋、円回内筋、浅指屈筋、深指屈筋、長母指屈筋
下肢:腓腹筋、ヒラメ筋、後脛骨筋、長趾屈筋、長母趾屈筋
こちらは定員に限りがありますので、事前の登録をお願いします。事前登録に関する詳細は、学会ホームページをご確認ください。

講師

銭 亮、廣田 敦司、仲田 智
(グラクソ・スミスクライン株式会社メディカル・開発本部)

募集人数

40名

事前受付

準備中

参加資格

本セミナーは、上肢痙縮・下肢痙縮に対するボトックスの施注資格を有する医師を対象とさせていただきます。(施注資格はWeb による講習セミナー受講でも取得可能です。)

 

講習・実技セミナー

A型ボツリヌス毒素製剤ボトックス講習・実技セミナー「上肢痙縮・下肢痙縮」

日時

2021年6月10日(木)14:00~15:30

会場

国立京都国際会館 Room 553

担当企業名

グラクソ・スミスクライン株式会社

内容

「講習・実技セミナー」は、A型ボツリヌス毒素製剤ボトックスの使用資格を取得するためのセミナーです。
本セミナーは製剤基礎編、疾患編の2つで構成されており、製剤基礎編として、ボトックスの製剤に関する基礎的な内容をグラクソ・スミスクライン株式会社メディカル・開発本部所属の社員が解説し、その後、疾患編として、上下肢痙縮の病態・治療について国際医療福祉大学医学部リハビリテーション医学主任教授・角田亘先生に解説していただきます。事前のお申し込みは不要です。
セミナー開始後30分の時点で資格登録票の配布を終了させていただきます。遅れて入室された場合や途中退室の場合は資格をご取得いただけません。あらかじめご了承ください。

講師

角田 亘(国際医療福祉大学医学部リハビリテーション医学講座)
廣田 敦司(グラクソ・スミスクライン株式会社メディカル・開発本部)

募集人数

なし

事前受付

不要

参加資格

どなたでもご参加いただけますが、ボトックスの使用資格を取得できるのは医師のみです。