第22回放射線腫瘍学夏季セミナー

ご挨拶

林 真也

第22回放射線腫瘍学夏季セミナー

世話人 林 真也
藤田医科大学医学部 放射線腫瘍科 教授

昨年延期された第22回放射線腫瘍学夏季セミナーを2021年8月7日(土)、8日(日)の2日間、コロナ感染予防の点で広い会場とし、長良川国際会議場(岐阜市)で感染対策を徹底し開催させていただくこととなりました。

放射線腫瘍学夏季セミナーには若手医師はもちろんベテラン医師までも参加いただき最新の知見と知識の整理、日々の臨床にも非常に役だつことで毎年多く参加いただいております。放射線腫瘍学夏季セミナーは地方開催が多く、今回も都会から少し離れた長良川畔で眼前に岐阜城も見渡せる密にならない場所で、コロナ感染対策を徹底し安心して勉強していただこうかと思っています。

今回のセミナーは中堅からベテランの講師陣にお願いし各領域のエビデンスに基づいた臨床に則した最新の知見を総括いただくのと、新しい試みとして日々の治療計画など放射線治療の臨床において画像診断の知識も役に立つよう診断専門医の先生に「放射線治療のための画像診断」として胸部と頭頸部の講演も予定しています。また臨床で役立つ医学物理、支持療法の講演も含めましたのでJASTRO会員の放射線治療医のみならず、その他医師、看護師、放射線技師、医学物理士を含め幅広い領域を学ぶ絶好の機会と思っています。

会場の岐阜市までは名古屋から電車で約30分程度です。また開催は8月の初旬で暑い時期ですが、長良川畔の広い会場で涼しく、安心して勉強していただこうかと思います。懇親会は屋外での鵜飼観覧を予定しています。この機会にぜひ懇親会にも参加いただければと思います。コロナ禍でもあり、参加者の皆様にはご面倒でもマスク着用でお願いいたします。それでは皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしています。