単位取得のご案内

取得単位上限

  • 最大12単位

受講申込

  • WEB参加登録よりお申込みください。
    ※受講証明が必要でない方は、無料で聴講できます。

ご利用ブラウザによってはPDFページが開かないことがあります。
その場合は、右クリックでファイルを保存(ダウンロード)のうえ閲覧ください。

申込受付期間

  • 2021年4月27日(火)~7月9日(金)正午

オンライン(ライブまたはオンデマンド)での受講

受講される方は、WEB参加登録ページより日本整形外科学会単位の対象セッション受講のお申込を行ってください。お申込の際は、必要項目をご入力の上、学会参加費と併せて受講料(1 セッション1,000 円)をお支払いください。
オンラインでは講演終了時の設問に受講後10分以内に必ず回答を開始してください。

※申込、入室ログ、設問回答のすべてが照合されない場合は単位が認められません。ご注意ください。

受講料は講演中止などの理由以外では払い戻しいたしません。また受講取り消し・変更の手続きや領収書の再発行はいたしません。
教育研修講演受講のために入場される方も、学会参加費が必要です。

※専門医認定資格を得るための研修期間の会員の方の受講について

研修手帳をお持ちの方も、IC 会員カードが必須となります。

演題名を含む受講記録が、日本整形外科学会ホームページの会員専用画面の専門医制度取得単位照会に、学会終了2 週間後から表示されます。未専門医の方は、専門医申請の際には、ご自身の単位取得履歴一覧をプリントアウトして他の必要書類とあわせてご提出ください。

受講時の注意点

受講にあたり下記の点をご注意ください。

  • ライブ配信(ランチョンセミナー、イブニングセミナー)での受講は開始から10分を超過して受講開始した場合には単位申請を認めません。
  • オンデマンド配信での早送りや受講時間の短縮をした聴講による単位申請を認めません。
  • 複数講演の同時視聴による単位申請は認めません。
  • 受講時の一時停止の上限は累計(停止回数は問わない)で30分を超えた場合は単位申請を認めません。
    それを超えた場合には再度受講をしてください。
  • ライブ及びオンデマンド配信での受講修了後、10分以内に設問の解答を開始してください。
    解答時間は領域講習(設問1題、5択形式)では30分以内、共通講習(設問5題、5択形式)では60分以内とします。
    上記制限時間内であれば設問には何度も回答することができます。
  • その他、本会が不正受講と判断した場合は単位申請を認めません。
  • 不正受講と認定された場合でも返金はしません。

日本専門医機構認定リハビリテーション科専門医1単位・日本リハビリテーション医学会認定臨床医10単位取得可能です。(1講演/1,000円)

申込受付期間

  • 2021年4月27日(火)~7月9日(金)正午

取得単位上限

  • 日本専門医機構認定リハビリテーション科専門医2単位
  • 日本リハビリテーション医学会認定臨床医20単位

申込方法

  • 受講される方は、WEB参加登録時に日本リハビリテーション医学会単位の対象セッション受講のお申込を行ってください。お申込の際は、必要事項をご入力の上、学会参加費と併せて受講料(1セッション1,000円)をお支払いください。
  • オンラインでは最初から最後まで必ず受講してください。申込、受講ログが照合されない場合、受講証明書は発行されません。ご注意ください。

ご利用ブラウザによってはPDFページが開かないことがあります。
その場合は、右クリックでファイルを保存(ダウンロード)のうえ閲覧ください。

受講方法(ライブ配信のみ)

本会のオンライン参加登録をしていただき、6月17日(木)~19日(土)のライブ配信にて対象セッションを聴講してください。オンデマンド配信では単位の申請はできません。
受講にあたり、下記をご留意ください。

  • セッション開始前と終了後に表示されるパスコードを必ず書き留めてください。
    受講証明書申請に必要になります。
  • 申請と聴講ログを照合し、受講が認められた方に受講証明書を発行いたします。

ご利用ブラウザによってはPDFページが開かないことがあります。
その場合は、右クリックでファイルを保存(ダウンロード)のうえ閲覧ください。

受講証明書申請

受講後に下記より、受講証明書の申請を行ってください。
複数セッションの受講証明書申請をする場合は、セッションごとに申請をしてください。

※申請受付期間:2021年6月17日(木)~2021年6月21日(月)正午

更新研修受講修了申請方法

指定演題(指定演題は後日公開します)を合計4時間(240分)以上聴講してください。各演題は最初から最後まで聴講いただく必要があります。

「出席確認カード」の指定演題のうち、聴講したものの「受講」欄に○印をつけ、合計時間および必要事項をご記入のうえ、送付期限までに日本スポーツ協会宛にメールまたはFAXにて送付してください。

「オンラインにて参加」の場合は、学会ネームカードのお渡しがございません。代わりにオンライン参加証明書を貼付してください。

「オンライン(オンデマンドのみ)で受講された方は、出席確認カードの提出の他に、下記の申請フォームより受講セッションの申請を必ず行ってください。

オンデマンド受講申請

申請期間:2021年6月22日(火)正午~7月13日(火)

※スポーツ指導者マイページ上の義務研修受講状況へは、8月下旬頃までに反映します。

※JSPO-ATの方は一次救命処置(BLS)資格の認定証(コピー可)も貼付してください(貼付がない場合は義務研修の実績になりませんので、ご注意ください)。

※「出席確認カード」は日本スポーツ協会のHPからもダウンロード可能です。

送付先

メールアドレス:drat-kakunin@japan-sports.or.jp

FAX:03-6910-5820

【件名】JOSKAS-JOSSM2021 出席確認カード提出

【本文】以下の4項目を必ず記載してください。

  • 登録番号(数字7桁)
  • カナ氏名
  • 生年月日(西暦)
  • 提出方法(携帯またはPC から送信)

【添付ファイル】出席確認カード(両面で2ページ)

※登録番号・資格有効期限は指導者マイページからご確認いただけます。

出席確認カード送付期限

2021年7月20日(火)

義務研修受講状況および資格有効期限確認方法等

スポーツ指導者マイページ(https://my.japan-sports.or.jp/login)にてご確認ください。

登録状況およびスポーツ指導者マイページに関するご質問は下記までお問い合わせください。TEL:03-5859-0371(公認スポーツ指導者登録係)

スポーツ指導者マイページを利用したことがない方は、ログイン画面下部の「パスワードをお持ちでない方、パスワードをお忘れの方はこちら」を参照いただき、是非ご登録ください。

既に有効期限が切れている方は、資格の更新を希望する場合は「再登録申請書」の提出および再登録料が別途必要となる場合があります。出席確認カードを提出後、日本スポーツ協会までお問い合わせください。

スポーツ指導者マイページ上の更新研修受講状況の反映には、出席確認カードの送付期限から3〜4週間程度お時間をいただきますことを、予めご了承ください。

申込受付期間

  • オンライン受付:6月上旬より受付開始予定

オンライン受講(オンデマンドのみ)

※ライブ配信の視聴では受講が認められません。

オンライン受講を希望される方は、下記より受講希望セッションのお申し込みを行ってください。

申込内容と受講ログを照合し、受講が認められた方に証明書を発行いたします。

日時 会場 セッション名 演者/所属 演題名 認定番号
6月17日(木)
10:50~11:50
第7会場 教育研修講演8 佐藤 和毅/
慶應義塾大学医学部 スポーツ医学総合センター
アスリートの手・手指外傷と障害 21-013-01
面川 庄平/
奈良県立医科大学 手の外科学講座
アスリートの手関節外傷と障害 21-013-02
6月18日(金)
10:45~11:45
第4会場 教育研修講演11 Peter Chalmers/
Department of Orthopaedic Surgery,
University of Utah, USA
Ulnar Collateral Ligament Tears in Baseball:
Etiology and Prevention
21-013-03
古島弘三/
慶友整形外科病院
The operative treatment of ulnar collateral ligament injuries in
professional Baseball Players
21-013-04
6月19日(土)
10:10~11:10
第3会場 教育研修講演19 高原政利/
泉整形外科病院手肘スポーツ
肘離断性骨軟骨炎 21-013-05
松浦哲也/
徳島大学医学部整形外科
野球選手における肘離断性骨軟骨炎 21-013-06
オンデマンドのみ 教育研修講演25 Kevin Hildebrand/
Department of Surgery,
Cumming School of Medicine, University of Calgary, Canada
Clinical Considerations in the Arthroscopic Management of
Elbow Osteoarthritis and Motion Loss
21-013-07
Denny TT Lie/
Department of Orthopaedic Surgery,
Singapore General Hospital, Singapore
Reverse Shoulder Arthroplasty: is lateralizing the Deltoid always beneficial?
Radiological analysis in correlation with clinical outcomes
21-013-08
日本手外科学会認定手外科専門医制度教育研修講演
オンデマンド受講受付

受付期間:2021年6月22日(火)正午~7月13日(火)

本会では、本登録更新に必要な履修単位として、講義3.0 単位が認められます。
(認定番号: 216318)

LIVE 配信・オンデマンド配信での受講手続き

会期終了後、「氏名」「参加登録番号」を明記のうえ、「健康運動指導士証および健康運動実践指導者証」を、メール添付にて運営事務局(joskas-jossm2021@congre.co.jp)にお送りください。
運営事務局で確認のうえ「受講証明書」をメール添付で発行しますので、申請まで各自保管してください。

本単位は日整会認定スポーツ医のみ対象となります。
本会で教育研修講演の受講申込み をすると、自動的にスポーツ医資格継続単 位が1単位取得できます。
なお、教育研修講演を受講申込みされない 方は、本会終了後に参加証明書をコピーして日本整形外科学 会事務局にFAXしてください。

本会の参加をもって、10ポイント取得可能です。
なお、発表者は更に5ポイント取得可能です。
日本理学療法士協会のホームページに掲載されている「マイページ修正依頼フォーマット」に 参加証のコピー(発表者は抄録のコピー)を添えて、協会までご申請ください。
申請書類の到着後、協会にて約1ヶ月で登録されます。

ページトップ