参加者・座長・演者へのご案内

開催延期後の詳細につきましては、決まり次第改めてご案内いたします。

登録

  • 学会総会への参加登録受付は以下の通り行います。
    受付日時: 3月12日(木)7:15~18:00
    3月13日(金)7:30~15:30
    受付場所: 名古屋国際会議場 1号館1階 アトリウム
  • 学会総会参加費は以下の通りです。参加登録受付で参加費を納入し、参加証をお受け取りください。会場内では必ず参加証をご着用ください。
    医師・一般 13,000円
    初期臨床研修医 5,000円(所属長の証明書のご提示をお願いいたします。)
    メディカルスタッフ 1,000円(各職種の身分証明書のご提示をお願いいたします。)
    医学部学生(大学院生除く) 無料(学生証のご提示をお願いいたします。)

    ※クレジットカードは取り扱っておりません。また、会場近辺にはATMの設置はございませんので、あらかじめ現金をご準備の上でご来場ください。

    会員(評議員・正会員・一般会員・準会員)の大会参加登録費は消費税の課税対象となりません。
    非会員の大会参加費は消費税の課税対象となります。

  • 演者・共同演者とも、本学会会員に限ります。
    未入会の方は至急、学会事務局で入会手続きをお願いいたします。

    学会事務局(入会手続きFAX送信先)
    一般社団法人 日本腹部救急医学会
    〒112-0012 東京都文京区大塚5-3-13 小石川アーバン4F
    一般社団法人学会支援機構内
    TEL:03-5981-6011 FAX:03-5981-6012
    ホームページ:https://plaza.umin.ac.jp/jaem

  • 令和元年度会費納入および新規入会をご希望の方、会員で所属・住所変更のある方は、総合受付内の学会事務局デスク(名古屋国際会議場 1号館1階 アトリウム)へお越しください。

司会・コメンテーターの皆様へのご案内

  • ご担当セッション開始15分前までに、会場内の次司会席・次コメンテーター席にお着きください。
  • ご担当セッションの各演題・演者の紹介や進行をお願いいたします。特に、セッション時間は厳守していただきますようお願いいたします。

演者の皆様へのご案内

利益相反・「医の倫理」手続き申告スライドについて

利益相反

第47回総会より、抄録提出時および発表時において筆頭演者の利益相反の開示が必要となっております。これは、平成22年3月17日の平成22年度第一回定例理事会ならびに平成22年3月18日の評議員会において承認された事項であり、平成22年9月1日より本学会総会の発表者の利益相反状態の開示が必要となるというもので、詳細は「腹部救急医学臨床研究の利益相反に関する指針」に明記されております。つきましては、大変お手数ですが「腹部救急医学臨床研究の利益相反に関する指針」Ⅳ.開示・公開すべき事項(P.3)で定められたものを、発表スライド、あるいはポスターの最後に、「筆頭演者の利益相反自己申告書」(P.15の様式1)に従って開示していただきますようお願いいたします。詳細は「利益相反」をご参照ください。

「医の倫理」手続き申告スライド

演題発表時に利益相反申告スライドと同様に「医の倫理(Medical ethics)」手続きの申告スライドを提示していただきます。詳細は、「「医の倫理」手続き申告スライドのご案内」をご参照ください。

PC発表要領

Windows :

USBメモリに記録してご持参ください。また、PC本体の持ち込みも可能です。
会場で用意するPCのOSはWindows10です。
アプリケーションはPower Point 2010/2013/2019がインストールされております。

Macintosh: PC本体の持ち込みをお願いします。
PowerPointデータの場合、会場で用意するPC(Windows)でも開けますが、正常に表示されない可能性もございます。

※VGA変換アダプターをご持参ください。

※メディアは、ウイルス定義データを最新のものに更新された状態のセキュリティーソフトで、ウイルスに感染していないことをご確認の上、お持ち込みください。

発表データの作成

発表データは以下の条件で作成、準備をお願いいたします。

OS:Windows7/8/10

アプリケーション:Power Point 2010/2013/2019

※上記の環境のPCで画面の全てが不具合なく表現されていることを、あらかじめご確認ください。また、会場のPC受付にてご確認ください。

※Macintoshで作成したPower PointファイルをWindowsで変換または修正した場合は正確に表示できない可能性がございます。十分にご注意、ご確認をお願いいたします。

※会場で用意するプロジェクター画面の解像度はXGA(1024×768)のため、4:3のデザインで作成をお願いいたします。16:9で作成された場合、会場では若干小さく表示されます。

フォント

Windowsで標準インストールされているフォントのみ使用可能です。

日本語: MSゴシック、MSPゴシック、MS明朝、MSP明朝、メイリオ
英 語: Times New Roman、Arial、Arial Black、Arial Narrow、Century、
Century Gothic、Courier New、Georgia

上記以外のフォントを使用した場合、文字、段落のずれ、文字化け、表示されないなど、トラブルが発生する可能性があります。

データの総量

データ総量の上限はありませんが、500MBを超える場合は、ご自身のPC持ち込みを推奨いたします。

動画データについて

動画データを使用される場合、Windows Media Player 12以降の初期状態に含まれるコーデックで再生できる動画ファイルをお持ちください。(WMVを推奨いたします。)Office2010以降は動画を埋め込む機能がありますが、ファイル単体も念のためお持ちください。プレゼンテーションに他のデータ(静止画・動画・グラフなど)をリンクされている場合でも元のデータを保存していただき、必ず事前に他のPCでの動作確認をお願いいたします。

PCデータの受付

受付場所

名古屋国際会議場 1号館1階 イベントホール

受付時間

3月12日(木)7:15~18:00
3月13日(金)7:30~16:00

※発表1時間前までにPC受付で発表データの登録をお済ませください。
なお、早朝の発表の方は、発表の30分前までに受付をお済ませください。

※第2日目の早朝の発表の方は、できるだけ前日の夕方までにPC受付で発表データの登録をお済ませください。なお、第2日目の発表データ登録は、前日も受付可能です。

※PC持ち込みの場合でも外部出力確認をさせていただきますので、PC受付へお越しください。

受付方法

PC受付にて発表データの登録、動作確認を行ってください。
お預かりしたデータは、総会終了後に運営事務局にて責任を持って消去いたします。

データ持ち込みでの発表方法

発表データの1枚目をスライドショーの状態でスクリーンに映写いたしますので、ご自身で演台上のマウス・キーボードを操作してプレゼンテーションを行ってください。
発表者ツールは使用できません。
なお、タイトルスライドの次に、利益相反および「医の倫理」手続きの申告スライドのご提示をお願いいたします。

PC持ち込みでの発表方法

mini D-sub

外部モニターの出力端子形状を確認し、必要な場合は接続用の 外部出力変換アダプターを必ずご持参ください。
接続はMini D-sub15ピン3列コネクター(VGA端子)です。
専用の変換アダプターが必要な場合はご持参ください。
また、バッテリー切れ防止のため、電源(AC)アダプターを必ずご持参ください。
PC受付にて発表データの登録、動作確認後、ご発表予定時間の20分前になりましたら、会場内左手前方演台付近のPCオペレーター席へPCをお持ちください。
起動時にパスワードを設定している場合はあらかじめ解除し、省エネ設定やスクリーンセーバーも作動しないように設定をお願いいたします。
発表データの1枚目をスライドショーの状態でスクリーンに映写いたしますので、ご自身で演台上のマウス・キーボードを操作してプレゼンテーションを行ってください。原則としてご自身のPC本体は演台脇のPCオペレーターデスクに設置いたしますので、発表者ツールの使用はできません。

その他

  • 発表データ作成後、作成したPC以外のPCで正常に動作するかをチェックしてください。
  • PC受付や講演会場ではデータの修正はできませんので、あらかじめご了承ください。

発表時間について

  • 会場、日時等についてはプログラムをご参照ください。
    なお、事前打合せがある場合は、総会事務局より個別にご案内いたします。
  • 発表時間15分前までに講演会場へお越しいただき、ひとつ前の発表が始まりましたら次演者席にお着きください。
  • 講演終了1分前に黄ランプ、終了時は赤ランプでお知らせいたします。
    発表時間を厳守してください。
  • セッションの発表時間は次の通りです。
    質疑応答や討論については司会の指示に従ってください。
    セッション名 発表時間 総合討論
    特別教育セミナー
    特別講演
    若手医師研究報告 10分(質疑含む)
    プロジェクト研究報告 10分(質疑含む)
    シンポジウム
    パネルディスカッション
    ワークショップ
    ビデオワークショップ
    認定医制度セミナー 発表25分
    (セミナー6のみ55分)
    教育セミナー 発表60分(質疑含む)
    ERセミナー 発表30分(質疑含む)
    イメージ・インタープリテーション・セッション
    生涯忘れられないこの一例 発表5分・質疑2分
    主題演題関連
    要望演題
    研修医セッション
    一般口演
    ポスター

    ※セッションにより異なります。事前に運営事務局よりご案内いたします。

ポスター発表について

ポスターの貼付および撤去時間は以下の通りです。

日付 貼付時間 発表時間 撤去時間
3月12日(木) 8:00~11:00 16:00~17:30 17:30~19:00
3月13日(金) 8:00~11:00 14:50~16:20 16:20~17:45

※1日ごとの貼り替えとなります。

  • 貼付用の画鋲は各パネルに設置いたします。
    これ以外のピンやテープ類は使用しないでください。
  • 発表時間は5分、討論時間は2分です。
    時間を遵守し、座長の指示に従ってください。
  • ポスターの展示板は,右図の要領にてご用意いたします。
    演題番号は20cm×20cmで事務局にて用意いたしますが、
    演題名、所属、演者名は各自ご用意ください。
    発表内容は横90cm×縦190cmの枠内にご準備ください。
poster

その他のご案内

会長賞、研修医奨励賞について

本総会において会長賞、研修医奨励賞を設けます。
表彰は3月13日(金)13:40~14:40の総会内で行います。

討論・発言について

会場での活発な討論をお願いいたします。
討論はすべて挙手の後、司会の指示に従い、所属・氏名を述べてから発言してください。

企業展示・休憩コーナーについて

企業展示は名古屋国際会議場 1号館1F イベントホールにて実施いたします。
休憩コーナー・ドリンクコーナーも併設しておりますので、どうぞご利用ください。

Wi-Fiについて

名古屋国際会議場のイベントホールおよびロビーにてWi-Fi接続が可能です。
Wi-FiのIDは会場内の掲示または抄録集P.127をご確認ください。
※会場内部ではWi-Fiは使用できません。

クロークについて

時間: 3月12日(木)7:15~19:10
3月13日(金)7:30~17:45
場所: 名古屋国際会議場 1号館1階 アトリウム

※荷物のお預かり状況に応じて、返却対応のみとさせていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

呼び出しについて

会場内でのお呼び出しはいたしません。「会員連絡板」をご利用いただけますので、利用の際は総合受付(名古屋国際会議場 1号館1F アトリウム)までお越しください。

学術共催セミナーについて

3月12日(木)、13日(金)の両日に開催いたします。
本セミナーは整理券制となります。
整理券の配布は以下の通り行います。

配布場所: 名古屋国際会議場 1号館1F イベントホール
配布時間: 3月12日(木)7:15~12:25
3月13日(金)7:30~11:45
(各セミナーとも定員に達し次第配布終了)

日本腹部救急医学会認定医制度セミナー

第52回総会より開始しております認定医・教育医取得のためのセミナーです。
今回の認定医制度セミナー6(分野Ⅴ(外科治療)-C. Trauma surgery)受講は、日本外科学会専門医制度研修プログラムの「経験すべき手術・処置等:外傷の修練」の1点に認定されています。

認定医・教育医制度単位 取得可能プログラムのご案内

第56回日本腹部救急医学会総会時、下記の特別教育セミナーが単位取得可能プログラムとなりましたので、ご案内申しあげます。

日本腹部救急医学会認定医・教育医制度セミナーと同様にオンラインにてご登録・受講申請手続きをお願いいたします。詳細は「認定医制度セミナー」をご覧ください。

※オンライン事前参加受付期間:2020年2月3日(月)12時~3月11日(水)24時まで

特別教育セミナー

タイトル アンサーパッドを用いた「ソクラテス法」の学会での実践
―不知の自覚と共通認識に至る道―

(分野I (疫学) 領域B:膵炎 胆管炎・胆嚢炎)
開催日時 2020年3月12日(木)9:50~11:50
会場 第1会場(名古屋国際会議場 4号館1F 白鳥ホール)
企画・総括 高田 忠敬
(帝京大学名誉教授、日本腹部救急医学会名誉創立者・名誉理事長)
司会・進行役 伊佐地秀司
(三重大学医学部附属病院長)
吉田 雅博
(国際医療福祉大学市川病院一般外科、人工透析センター)

ページトップ