「医の倫理」手続き申告スライドのご案内

2019年8月5日

一般社団法人 日本腹部救急医学会
会員 各位

一般社団法人 日本腹部救急医学会
理事長 山本 雅一
倫理委員会担当理事 太田 哲生
倫理委員会委員長 藤村  隆

<重要なお知らせ>

演題発表時にCOI申告スライドと同様に「医の倫理(Medical ethics)」手続きの申告スライドを提示していただきます。

日本腹部救急医学会総会で発表される医学系研究は、研究倫理に関する指針や法律等を遵守して行われることが求められているため、演題応募における本学会の「倫理指針」を作成しました。

会員が総会へ演題を応募する際には本学会倫理指針を遵守する義務があります。本学会倫理指針は、会員の自由な研究活動に制限や拘束を加えるためのものではなく、あくまで研究者が研究対象者の福利を最優先に考え、指針・法律等を逸脱することなく幅広い研究活動を行うための規範であり、同時に会員を守るためのものでもあります。

本学会倫理指針を熟読して、各位の発表がどのカテゴリーに属するのかを判断し、必要な「医の倫理」手続きを完了してから演題登録を行ってください。「医の倫理」手続きが完了していない演題についても受け付けますが、必ず総会までに「医の倫理」手続きを完了して下さい。一方、倫理審査制度が常設されていない施設からの演題登録については、人体から採取した試料を用いない観察研究と人体から採取した既存の試料を用いる観察研究に限っては、所属施設の施設長の許可があれば、本学会での倫理審査による代行審査を可能としました。しかし、新たに人体から採取した試料を用いる観察研究や介入研究、侵襲を伴う研究は学会での代行審査を受け付けませんので、関連の大学病院や医師会の倫理審査制度を利用して下さい。

演題登録時の「医の倫理」手続きの申告に加えて、演題発表時にも、COI開示スライドと同様に、「医の倫理」手続きの申告スライドを提示していただき、その手続きに瑕疵がないかどうかを教育的配慮から検証します。医の倫理手続きの申告スライドは、ホームページの「医の倫理」手続き申告スライドの中から各位の発表に合致するスライドを選択し、該当項目の☐にチェック✔を付けて発表の最後に提示してください。

【本件に係わるお問い合わせ先】
一般社団法人 日本腹部救急医学会 事務局
〒112-0012 東京都文京区大塚5-3-13小石川アーバン4F一般社団法人学会支援機構内
TEL:03-5981-6011
FAX:03-5981-6012

各種文書、および提示スライドは下記よりダウンロード願います。

ページトップ