• ホーム
  • 会長挨拶
  • 開催概要
  • プログラム
  • 演題募集
  • 事前参加登録
  • 参加者へのご案内
  • 宿泊申込
  • 託児施設のご案内
  • アクセス
  • リンク
第60回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会

第60回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 The 60th Japan Society of Gynecologic and Obstetric Endoscopy and Minimally Invasive Therapy

演題募集

会員各位

会員の皆様からの多数の演題応募と学術講演会へのご参加をお待ち申しあげます。

  1. 演題登録は、全て「UMINオンライン演題登録システム」からとなります。
    それ以外からの受付は、一切出来ませんのでご注意ください。
  2. 演題登録時に、倫理設問に回答いただく必要がございます。
  3. 演題登録画面で講演内容・発表形式の選択は可能ですが、演題のお申込み状況により、他の講演内容・発表形式への振り分けをさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。
  4. ご発表は、電子ファイルでのお持ち込み、またはパソコン接続とさせていただきます。
    動画をお使いの方は、Macintosh・Windowsに関係なく、当日パソコンを必ずお持ちください。

公募演題の募集要項

<演題募集期間>

2020年2月5日(水)~ 4月28日(火)
5月28日(木)17時
演題募集を締め切りました。
  • 締切日以降は、受付が自動的に停止されますので、期限を厳守してください。
  • 締切間際には、新規登録や修正が殺到し、アクセスしにくくなる可能性がございますので、十分に余裕をもった登録をお勧めいたします。

<応募資格>

筆頭著者は会員に限ります。
未入会の方は「一般社団法人日本産科婦人科内視鏡学会事務局」へ入会手続きをお願いいたします。
※筆頭著者がメディカルスタッフの場合、会員でなくとも応募可能です。

<入力規定>

著者 20名以内 (筆頭著者含む)
所属機関 15施設以内
演題名 全角70文字以内
抄録本文 全角800文字以内
図表の挿入 不可

<発表形式などについて>

  • 演題の採否は大会長にご一任ください。採否結果の郵送通知はいたしません。
  • シンポジウムやワークショップに応募いただいた場合でも、最終的には大会長の判断で一般演題に振り分けられることがあります。
  • 採択された演題は、学術講演会ホームページのプログラムに掲載させていただきます。
  • 時間割の都合上、一人で筆頭著者として4演題以上応募される場合には、一部が示説発表となる可能性があります。
■発表形式

01. 一般口演(公募)
02. 一般示説(公募)
03. 学会賞(動画部門)(公募)
04. シンポジウム(一部公募)若手医師に対する腹腔鏡手術の教育
05. シンポジウム(一部公募)技術認定医合格を目指す!「TLHの勘所」
06. シンポジウム(指定のみ)腹腔鏡からロボット手術へ
07. シンポジウム(一部公募)婦人科疾患に対するロボット支援下手術の適応と限界
08. シンポジウム(一部公募)子宮頸癌に対する腹腔鏡下広汎子宮全摘術
09. シンポジウム(一部公募)子宮体癌に対する腹腔鏡手術(術式選択やセンチネルリンパ節生検を含める)
10. シンポジウム(指定のみ)移植医療と低侵襲手術
11. シンポジウム(指定のみ)がん・生殖医療と内視鏡下手術の Pros and Cons
12. シンポジウム(一部公募)子宮内膜症手術の技を磨く
13. シンポジウム(一部公募)難症例子宮筋腫手術の技
14. シンポジウム(一部公募)ここまで出来る 子宮鏡下手術
15. ワークショップ(一部公募)女性が内視鏡外科医として活躍するために
16. ワークショップ(一部公募)若手医師が腹腔鏡手術教育を考える(若手医師ならではの斬新なアイデアを募る)
17. ワークショップ(一部公募)医療格差を無くせ!地方都市における内視鏡外科医の育成
18. ワークショップ(一部公募)ロボット手術の安全な普及に向けて
19. ワークショップ(指定のみ)DaVinci時代のレオナルド「新たなテクノロジーの夜明け」
20. ワークショップ(一部公募)卵巣癌における低侵襲手術
21. ワークショップ(一部公募)腹腔鏡下傍大動脈リンパ節郭清
22. ワークショップ(一部公募)卵巣子宮内膜症性嚢胞に対する機能温存手術
23. ワークショップ(一部公募)妊孕性に配慮した子宮筋腫核出術
24. ワークショップ(一部公募)卵巣腫瘍茎捻転に対する機能温存手術
25. ワークショップ(一部公募)腹腔鏡下・ロボット支援仙骨腟固定術「正しい適応と手技の再考」
26. ワークショップ(一部公募)周産期予後を考慮した子宮鏡下手術
27. ワークショップ(一部公募)帝王切開瘢痕部症候群に対する低侵襲手術
28. ワークショップ(一部公募)ミュラー管発生異常における内視鏡手術
29. ワークショップ(一部公募)中小規模病院での内視鏡手術 大規模病院にはない魅力
30. ワークショップ(公募)技術認定医取得へ向けて「腹腔鏡ビデオクリニック」
31. ワークショップ(公募)技術認定医取得へ向けて「子宮鏡ビデオクリニック」

■カテゴリー
01. 腹腔鏡一般
02. 子宮摘出
03. 子宮筋腫核出術
04. 子宮内膜症
05. 子宮腺筋症
06. 不妊症
07. 腟・子宮奇形
08. 卵巣腫瘍
09. 異所性妊娠
10. 悪性疾患
11. 単孔式手術/reduced port surgery(細型腹腔鏡含)
12. 骨盤臓器脱
13. ロボット支援手術
14. 手術手技
15. 手術機器
16. 合併症
17. 教育・トレーニング
18. 手術解剖
19. 治療成績・統計
20. 子宮鏡
21. 卵管鏡
22. MEA
23. 胎児鏡
24. 高齢者
25. 肥満
26. 基礎研究
27. メディカルスタッフ
28. その他

<注意事項>

  • 非会員が筆頭著者の演題は、原則として受理できません。演題登録には「会員番号」が必要です。
    入会手続き中の場合は、仮会員番号99と入力してください。演題募集期間中に会員番号を取得できた場合は、速やかに、確認・修正画面から正式な会員番号へ修正してください。
    ※筆頭著者がメディカルスタッフの場合を除き、公募演題の非会員へプログラムは郵送されません。
     非会員のまま演題登録は受け付けられません。
    ※会期当日ご欠席となり、発表されなかった演題は学会雑誌の学会履歴へ記載いたします。
    ※入会手続きが未完の場合、プログラムなどは事前に郵送されませんのでご注意ください。
  • 演題登録された内容は、更新毎にUMINから自動配信メールが送信されます。このメールをもって更新受領のご連絡となります。
  • UMINではご自身でパスワードを設定していただきます。また演題登録時には、登録番号が自動発行されます。(※二重登録のないよう、登録番号は確実にご確認ください。)
  • 演題募集期間中に限り、登録番号とパスワードでログインの上、登録内容の確認・修正が可能です。
    セキュリティー上、パスワードのお問合せには応じられませんのでご注意ください。
  • 運営事務局での代理登録や訂正等には応じられませんのでご注意ください。
  • 特殊文字を使用する際は、UMINオンライン演題登録システム内に記載の注意をよくご確認ください。
  • 演題登録者のコンピュータ環境や技術的な問題が原因で、演題登録に不備をきたしても、事務局および運営事務局は責任を負いかねます。
  • ネットワークやサーバートラブル時の連絡および、演題募集期間の延期等は、全て学術講演会ホームページにてご案内いたします。これ以外の問合せには応じられません。

<学会賞(動画部門)へ応募ご希望の方へ>

応募資格・条件: 2020年3月31日現在45歳以下の会員
応募は、応募者1名につき、学会賞(論文部門)、学会賞(動画部門)各々1題とします。
学会賞(動画部門)演題が多数の場合、選考委員会で一次選考を行い、一般演題(口演)と学会当日の学会賞(動画部門)セッションのノミネートに仕分けされます。
応募方法:演題登録時に、発表形式で「03.学会賞(動画部門)」を選択し、あわせて事前にご講演発表動画を学会事務局へご提出ください。

-ご注意-
応募する方は、会員専用ページ掲載の<学会賞選考に関する内規>をご確認のうえご応募ください。

■応募動画
  1. 収録時間:5分以内
  2. 動画の収録仕様:市販のDVD再生機で再生できることをご確認後、ご提出ください。
    例:WMV形式、MPEGなど(なお、ブルーレイディスクでの提出は、再生できないPCが多いため受付できません。)
    但し、応募動画は学会時プレゼンデータそのものとしますが、全てを動画で纏めずに一部スライドショーに動画をリンクさせる場合には、その動画のみをご提出ください。なお、その場合には発表全体での総合評価が出来ませんので予めご了承ください。
  3. 送付方法:宅配便又はレターパックでお送りください。
  4. 提出期限:2020年 5月15日(金)必着
    4月28日(火)
    5月28日(木)
    締め切りました。
    演題登録画面上も「④提出期限:2020年5月15日(金)必着」となっておりますが、
    5月28日(木)必着」へ変更となりましたので、ご注意ください。

    提出期限までに未着の場合には学会賞動画部門応募を辞退されたものとして対応いたします。
  5. 収録動画送付先:
    一般社団法人日本産科婦人科内視鏡学会事務局
    〒102-0075 東京都千代田区三番町2 三番町KSビル
    株式会社コンベンションリンケージ 内
    TEL: 03-3263-8697  FAX: 03-3263-8687  E-mail: jsgoe@secretariat.ne.jp

<演題登録画面>

■暗号通信(推奨)
■平文通信