第61回 日本核医学会学術総会 / 第41回 日本核医学技術学会総会学術大会

ENGLISH

ご挨拶/第41回日本核医学技術学会総会学術大会

第41回日本核医学技術学会総会学術大会
大会長 石黒 雅伸
藤田医科大学病院放射線部
石黒 雅伸

この度、第41回日本核医学技術学会総会学術大会の大会長を拝命しました。大会開催にあたり、会員ならびに関係者の皆様に謹んでご挨拶申し上げます。

会期は2021年11月4月(木)~6日(土)の3日間、会場は名古屋国際会議場(名古屋市熱田区)にて、第61回日本核医学会学術総会(外山宏会長 藤田医科大学医学部放射線科)と合同開催を予定しております。名古屋での開催は2016年の第36回学術大会に続き2回目となります。会場も同じ名古屋国際会議場を予定しています。

大会のテーマは、“好きです、核医学。:We love Nuclear Medicine.”としました。核医学診療に携わる皆様は、敢えて口に出しておっしゃることはないと思いますが、多くの方々にご賛同頂けるテーマであると思います。

COVID-19感染拡大が続く中、現状ではOn siteおよびWeb配信を交えたハイブリッド形式を考えておりますが、多くの皆様にご参加いただけるよう、実行委員会にて検討を続けています。核医学専門技師認定更新の単位取得ができる教育プログラムは勿論のこと、教育講演はプログラムの時間だけでなく、大会中を通して別会場、Webでの聴講が出来るような準備を進めています。また例年に続き基礎講座は核医学技術の各分野における専門の先生方にお願いし、これから核医学に携わる方々にもご興味を持って頂ける内容を考えています。情報交換会では前回名古屋大会の際、多くの先生方にお褒めの言葉を頂戴しました「名古屋めし」やその他企画を考えています。また特別講演は外山会長のご尽力により、日本ラグビーフットボール協会副会長の清宮克幸さんをお招きします。

とある書籍によりますと、「名古屋に観光名所は無い」とされていますが、そのようなことはございません。会場の名古屋国際会議場近くには、三種の神器の一つである草薙の剣を祭神とした熱田神宮、徳川家康が築いた金のシャチホコで有名な国宝・名古屋城など、広大な敷地を有した密にならない観光が楽しめる名所が数多くございます。名古屋グルメといえば「名古屋めし」ですが、名古屋城横に2018年にオープンした金シャチ横丁はA級B級織り混ぜた名古屋めしがご堪能いただけます。

COVID-19感染拡大が収束し、これらの企画が実現できますよう、皆様と名古屋でお会いできますことを祈願いたします。

ページの先頭へ