The 65th Annual Meeting of Japan Society for Reproductive Medicine 生殖医療の明日に架ける橋

座長・演者の先生へのご案内

発表時間・セッション形式

セッション 発表時間 形式
招請講演・教育講演 講演40分 ライブ配信
+
後日オンデマンド配信
(12月15日(火)より)
シンポジウム 個別にご案内したお時間
パネルディスカッション 個別にご案内したお時間
ワークショップ 個別にご案内したお時間
編集委員会企画セッション 講演30分
一般演題(口演) 口演6分 スライド(音声あり)

※オンデマンド配信のみ

一般演題(ポスター) スライド10~15枚 スライド(音声なし)

※オンデマンド配信のみ

講演動画提出方法

1. マニュアルを参照し、発表時間内で講演動画をご作成ください。

2. 講演動画提出期間

11月5日(木)正午~11月17日(火)17時

期日までに指定の方法にて講演動画をアップロードしてください。

  • データの提出方法は事務局より追ってご連絡いたします。
  • プレビューは11月17日(木)17時までご覧いただけます。
講演動画アップロード

第65回日本生殖医学会学術講演会・総会
公式バーチャル背景

ライブ配信用に、総会公式のバーチャル背景を作成しました。
ご自由にダウンロードしてご活用ください。

口演セッションについて

1. ライブ配信対象の座長・演者

任意の場所より、ご自身のPCでZoom(WEB会議システム)を使用してセッションにご参加いただきます。
ご参加いただくセッションのZoom URLは、個別にメールにてお送りいたしますので、当日はそちらからご参加ください。
別途メールにてお送りいたします「発言者用Zoomマニュアル」を必ずご確認の上、セッションにご参加ください。

  • インターネットにつながる通信環境がよい場所でご参加ください。
  • 極力静かな場所で雑音が入らないようお願いいたします。
  • お持ちのPCにカメラ、スピーカー、マイクが付属されているかご確認ください。
    可能な限り、マイク付きイヤホンやヘッドセットマイクなどをご使用ください。
  • ご自身のPC上では、セッション中に不要なアプリケーションは全て閉じてください。

2. ライブ配信Q&A機能

ライブ配信中は、視聴画面上で参加者からのQ&Aを閲覧可能です。
座長の先生方は、質疑応答の際にご活用ください。

3. 一般演題(口演)の座長・演者

  • 座長は12月3日(木)・4日(金)の期間中にWEB学術講演会システム内にて対象セッションの演題に質問・コメントの投稿をお願いいたします。
  • 演者は事前に音声付スライドをご提出ください。

詳細は学術講演会ホームページをご確認ください。

4. オンデマンド配信Q&A機能

12月3日(木)正午から12月23日(水)正午まで、WEB学術講演会システム内にてオンデマンド配信をいたします。また、システム上には、各演題のQ&A BOXがあります。参加者が各演題に対して質問をすると、演者へ自動的にメールが送られます。演者の方は、できる限り質問に対する回答をお願いいたします。

ポスターセッションについて

発表スライド閲覧

ポスターセッションは当日の発表はなく、事前にご登録いただいたスライドデータを参加者に閲覧いただく形になります。12月3日(木)正午から12月23日(水)正午まで閲覧可能です。

演題発表時の利益相反状態開示方法について

本会では平成23年9月2日に利益相反に関する指針を制定いたしました。
学術講演会におきましても演題発表時に利益相反状態開示を義務付けております。
方法は以下の通りといたします。

1. 開示しなければならない筆頭演者

全ての発表において、利益相反状態の有無にかかわらず開示しなければなりません。

2. 口頭発表における開示方法

演題名・演者名・所属・顔写真のスライドの次のスライド(第2スライド)に、以下に示す雛形に準じたスライドを呈示した上で、利益相反状態の有無を述べてください。

利益相反状態にある場合の雛形

利益相反状態にある場合の雛形

利益相反状態にない場合の雛形

利益相反状態にない場合の雛形

3. ポスター発表における開示方法

口頭発表に準じます。利益相反状態の有無に応じて上記の雛形に準じたスライドを提示してください。
詳細は日本生殖医学会ホームページ よりご確認ください。

ページトップ