第17回肩の運動機能研究会

お知らせ

2020.08.01
Sapporo Shoulder Courseの申し込み受け付けを開始しました。
2020.07.31
ワークショップを公開しました。
参加者の皆様へを更新しました。
2020.07.13
Sapporo Shoulder Course 2020のホームページに「Sapporo Shoulder Course 2020の開催について」を
更新しました。
2020.07.10
採択通知をメールにて配信しました。
2020.07.08
「第47回日本肩関節学会および第17回日本肩の運動機能研究会の開催方法について」

SARS-CoV-2の感染拡大を受けて第47回日本肩関節学会の開催方法を検討してまいりました。現在のところ通常開催を目指して鋭意準備中ですが、世界的な感染の収束が見通せないことより、大変残念ですが海外ドクターの招待は断念することとなりました。また、今後も感染拡大が続き通常の規模・形式での開催は難しいと判断した場合は、感染対策を徹底した上で、人数を制限しての会場参加とライブ配信を併用するハイブリッド開催を行う予定です。その場合は、会場の入場人数は通常の50%以下に制限し、入りきらない参加者のために別室にモニターを設置いたします。また、ポスター発表は密になること、e-posterはPCを共有することによる感染リスクがあることより、e-oral presentationとして音声入りスライド動画を登録していただきオンデマンド配信とする予定です。ランチョンセミナー、ワークショップは密を避けた上で開催予定です。学会参加者の総数も通常よりはおさえる必要があるため、参加者の条件を設定させていただき、ご参加いただけない先生方にはライブ配信でご視聴していただけるよう準備する予定です。
また、今後の感染拡大状況により他都道府県への移動制限が発せられた場合などは、会場での進行は北海道内の参加者で行い、発表者には発表動画を送っていただき、可能な先生にはZoomなどのシステムを介してのweb討論などを考えております。
今後の状況により学会開催方法について変更がありましたらHP上でお知らせいたしますので、ご確認いただければ幸いです。皆様のご理解をよろしくお願いいたします。
2020.05.11
参加者の皆様へ(新型コロナウイルスの感染拡大に関して、
学会参加費・ランチョンセミナー・ワークショップについて)を掲載しました。
演題募集を締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。
2020.05.08
SARS-CoV-2の流行により大変な思いをされていることと存じ上げます。そんな中5月7日時点で沢山の演題応募頂きありがとうございます。
締め切りについては延長はありません。
これから応募いただける先生方におかれましては5月11日正午までに演題登録よろしくお願いします。
2020.04.01
演題募集を開始しました。
利益相反についてを公開しました。
2019.07.07
ホームページを公開しました。

ページトップ