参加者の皆様へ

学会開催形式について

SARS-CoV-2の感染拡大を受けて第47回日本肩関節学会および第17回日本肩の運動機能研究会の開催方法を検討してまいりましたが、現状では通常開催は困難であると判断し、感染対策を徹底した上で、参加人数を制限しての会場参加とライブ配信を併用するハイブリッド開催とすることといたしました。会場の入場人数は定員の1/4程度に制限し、入りきらない参加者のために別室にモニターを設置いたします。ポスター発表は行わず、e-oral presentationとして音声入りスライド動画を登録していただきオンデマンド配信と致します。ランチョンセミナー、ワークショップは密を避けた上で開催し、ライブ配信やオンデマンド配信も行う予定です。ワークショップの現地参加についてはN95相当のマスク着用でのご参加をお願いいたします。お手持ちのマスクがない場合は会長展示コーナーで、数に限りはありますがご用意しておきます。会場参加者の総数も制限する必要があるため、日本肩関節学会理事会に承諾をいただき、参加できる方は(1)代議員(2)現地参加希望の名誉会員(3)現地参加希望の口演発表者(4)その他大会事務局の認めたもの、に限らせていただくことといたしました。何卒、ご理解のほどをよろしくお願い申し上げます。なお、現地参加できない口演発表者については、発表動画を送っていただきリモートでの質疑を行えるよう準備する予定です。
また、今後の感染拡大状況により他都道府県への移動制限が発せられた場合などは、会場での進行は北海道内の参加者で行い、発表者には発表動画を送っていただき、Zoomなどのシステムを介してのweb討論を考えております。
今後の状況により学会開催方法について変更がありましたらHP上でお知らせいたしますので、ご確認いただければ幸いです。

2020年8月1日

※重要※ 事前登録について

オンラインクレジットカード決済による事前登録を9月1日(火)より10月9日(金)(学会1日目)までに変更いたしました。受付での対面でのやり取りを最小限にするため、できるだけ事前登録にご協力いただけるようお願いいたします。

2020年8月19日

ランチョンセミナーについて

ランチョンセミナーは、会場入場者数を制限し感染防止対策を徹底した上で、予定通り行う予定です。入場列や会場内での密を避けるため座席指定制とし、定員になり次第締め切りとさせていただきます。お弁当はお席にご用意いたしますので、早くから列にお並びいただく必要はございません。受益者負担の考えから聴講費として1,000円をお支払いいただきます。日整会単位登録を必要とされない方でも聴講は可能ですが、聴講費は必要となります。日整会単位申請をする方は、単位申請1,000円と合わせて2,000円となります。また、会場参加されない方は、ライブ配信およびオンデマンド配信でも聴講・単位取得が可能です。同じ時間帯のセッションは取ることができません。ランチョンセミナーの申し込みも9月1日(火)より10月9日(金)までの事前登録に変更させていただきましたので、どうぞよろしくお願いいたします。

2020年8月19日

ワークショップについて

ワークショップは、会場入場者数を制限し感染防止対策を徹底した上で、予定通り行う予定です。先着順で定員になり次第締め切りとさせていただきます。一部のワークショップはライブ配信およびオンデマンド配信も行う予定です。申し込み開始は8月1日からの予定でしたが、9月1日(火)よりホームページで申し込み受け付けを開始いたします。参加費は3000円です。日整会単位申請をする方は、単位申請1,000円が別に必要となります。同じ時間帯のセッションは取ることができません。

2020年8月19日

Sapporo Shoulder Course 2020に現地参加予定の方へ

SARS-CoV-2感染拡大防止のため、第47回日本肩関節学会および第17回日本肩の運動機能研究会では、現地参加できる方を制限させていただいております(「学会開催形式について」参照)。学会後に開催されますSapporo Shoulder Course 2020は学会とは別のセミナーとなりますので、Sapporo Shoulder Course 2020に現地参加されても学会に優先的に参加できるということはございません。学会の現地参加の条件は変わりませんので、ご了承いただけますようよろしくお願いいたします。

ページトップ