日本外科代謝栄養学会第57回学術集会

利益相反(COI)について

発表者の皆さまへ

学術集会での演題発表の際は、抄録提出前1年間の発表内容に関し、筆頭演者の利益相反状態について開示を行っていただきます。つきましては、雛形を参考に利益相反関連事項に関する開示をお願いします。

学術集会での発表に際して個人情報開示項目

  • ※当日のご発表の際に、口頭発表者はスライドの1枚目に、掲示してください。(必須)
  • ※開示すべき内容がある項目のみ提示。
  • ※該当する開示事項がまったくない場合も、以下のスライド例の「申告すべきCOI状態がない時」を 参考にして入れてください。

COI自己申告の基準について

COI自己申告が必要な金額は、以下のごとく、各々の開示すべき事項について基準を定めるものとする。
(筆頭演者の利益相反)

  1. 報酬額:1つの企業・団体から年間100万円以上
  2. 株式の利益:1つの企業から年間100万円以上/当該株式の5%以上保有
  3. 特許使用料:1つにつき年間100万円以上
  4. 講演料:1つの企業・団体からの年間合計100万円以上
  5. 原稿料:1つの企業・団体から年間合計100万円以上
  6. 研究費:1つの企業・団体からの研究経費を共有する所属部局(講座あるいは研究室)に支払われた年間総額が200万円以上「研究費」には治験費用、産学共同研究費、受託研究費、奨学寄附金を含む
  7. 寄付講座:企業などからの寄付講座に所属している場合に記載
  8. 旅費、贈答品などの受領:1つの企業・団体から年間5万円以上

COI開示スライド例

※画像をクリックすると、pptxファイルがダウンロードできます。

口頭/ポスター発表時、申告すべき利益相反(COI)状態がない

< PPTスライドサンプル >
利益相反(COI)状態がない

口頭/ポスター発表時、申告すべき利益相反(COI)状態がある

< PPTスライドサンプル >
利益相反(COI)状態がある