発表データ登録

発表データ(音声付きスライドおよび動画ファイル)事前提出

登録期間: 2021年4月1日(木)~ 4月23日(金)
5月7日(金)正午まで延長しました

注1)上記の締切に遅れると動画の公開が開催日に間に合わない場合があります。
注2)シンポジウム15および教育セミナーは4月30日(金)正午の締切です。

発表データ動画は、ライブ配信およびオンデマンド配信期間(2021年5月19日(水)~6月25日(金))に第49回日本血管外科学会学術総会「WEB開催特設サイト」にて配信させていただきます。

予め発表時間内の音声付き発表スライドおよび動画ファイルを作成のうえ、2021年5月7日(金)正午2021年4月23日(金)までにページ下部「発表データ登録画面」より、スライドと動画を両方ともご登録ください。

発表時間

発表時間以内の音声付きスライドおよび動画ファイルを作成してください。

セッション名 発表時間 質疑応答時間
医療安全講習会 60分
教育講演1~2 25分 5分
禁煙セミナー 25分 5分
ランチブレイクセミナー 12分 3分
シンポジウム1 血管外科医として生きる(50歳未満限定) 8分 2分
シンポジウム2 ビデオ:ステントグラフト合併症に対する二次手術 8分 4分
シンポジウム3 Malperfusionを伴う急性A型大動脈解離に対する治療戦略 8分 4分
シンポジウム4 Shaggy aortaを呈する大動脈疾患に対する治療戦略 8分 3分
シンポジウム5 Uncomplicated B型大動脈解離に対する治療戦略 10分 5分
シンポジウム6 ステントによる内膜損傷をめぐる問題(RTADとd-SINE) 8分 3分
シンポジウム7 若年者AAAの治療戦略(EVAR vs OS) 8分 3分
シンポジウム8 Short neck AAAに対する治療戦略(EVAR vs OS、中期成績を含めて) 8分 3分
シンポジウム9 EVAR長期予後改善のための工夫 8分 3分
シンポジウム10 血管外科医が行う大腿動脈病変の治療 8分 3分
シンポジウム11 透析患者の包括的高度慢性下肢虚血(CLTI)に対する治療戦略 8分 4分
シンポジウム12 内臓動脈疾患に対する治療戦略 9分 4分
シンポジウム13 下肢静脈瘤に対する新しい治療デバイス登場と治療戦略 個別指定
(7~10分)
3分
シンポジウム14 バスキュラーアクセス合併症への対応 8分 4分
シンポジウム15 若手血管外科医のためのトレーニング(心臓血管外科専門医指導医講習会) 8分
シンポジウム16 女性医師の会シンポジウム 9分 3分
シンポジウム17 血管外科チーム医療に望むもの 8分 4分
CVIT合同セッション 10分 10分
(ディベート)
優秀演題セッション 7分 4分
会長要望演題 7分
一般演題 7分
第32回日本血管外科学会教育セミナー 20分
ランチョンセミナー1~14 全体で50分
コーヒーブレイクセミナー1~8 全体で50分

音声付き発表スライドおよび動画作成について

音声付き発表スライドと、スライドを変換した動画を、両方ともご登録ください。

  • ・学会ホームページ「臨床研究のCOI(利益相反)に関する指針策定のお知らせ」をご確認いただき、発表スライドの2枚目(タイトルの後)にて開示ください。
  • ・スライド作成方法については、下記「発表動画作成マニュアル」をご参照ください。
  • ・スライドサイズは標準的なサイズ、ワイド画面(16:9)、または標準(4:3)で作成してください。
  • ・動画変換時は、HD(中程度の品質)を選択してください。
  • ・ご登録前に、録音した音声がスピーカーから十分に聞こえるか、必ずご確認ください。
  • ・ウイルスチェックを行ってください。
  • スライドと動画を合計したファイルサイズの上限は、発表時間に応じて、15分以下は500MB、20~30分は700MB、45〜60分は1024MBとします。上限を超える場合は、運営事務局(jsvs49@congre.co.jp)へご連絡ください。
  • ・ファイル名にはお名前と演題番号を付けてアップロードしてください。(例:O5-6血管太郎)

発表動画作成マニュアル

上記の内容を承諾し、発表データを登録します。