第74回日本臨床眼科学会 The 74th Annual Congress of Japan Clinical Ophthalmology

屈折矯正手術講習会・オルソケラトロジー講習会

第74回日本臨床眼科学会は参加予定の皆様の健康と安全、および新型コロナウイルス感染拡大防止を最優先に考え、東京国際フォーラム・JPタワーホール&カンファレンスでの開催は中止し、WEB開催のみ(11月5日(木)~12月6日(日)17時)で実施することに変更しました。屈折矯正手術講習会・オルソケラトロジー講習会につきましてもWEB開催のみとなり、現地会場での開催はありませんので、ご来場されないようお願いいたします。

■受講料 無料(第74回日本臨床眼科学会参加費に含む)

※WEB開催期間中はオンデマンドでいつでも視聴可能です。

■受講証について

該当セッションに事前申込の上、WEB開催期間中に該当セッションを最初から最後まで閲覧された眼科専門医の方には、後日、 日本眼科学会事務局より受講証をお送りします。なお、厚生労働省承認済エキシマレーザー 装置及び厚生労働省承認の関連機器に関する実習、厚生労働省承認オルソケラトロジーレンズに関する講習については、医療機器会社が独自に開催し、その会社が受講証を発行します。

■プログラム

①日本眼科学会屈折矯正手術講習会

オーガナイザー 根岸一乃(慶應大)
1.屈折矯正手術の歴史(最新術式まで含む) 根岸 一乃(慶應大)
2.手術適応の選択と決定(ガイドライン含む) 福岡佐知子(多根記念眼科病院)
3.機器整備・安全管理・LASIK手術の実際(術前検査・手術)  中村 邦彦(たなし中村眼科クリニック)
4.有水晶体眼内レンズ(後房型)の実際(術前検査・手術)  中村 友昭(名古屋アイクリニック)
5.角膜屈折矯正手術と有水晶体眼内レンズ(後房型)の合併症  稗田  牧(京都府医大)
6.屈折矯正手術・国内外の現状と今後の展望 神谷 和孝(北里大・医療衛生)

②日本眼科学会オルソケラトロジー講習会

オーガナイザー 吉野健一(吉野眼科クリニック)山田昌和(杏林大)
1.原理と角膜への影響 土至田 宏(順天大・静岡)
2.検査と適応の決定 柿田 哲彦(柿田眼科)
3.処方と効果判定 吉野 健一(吉野眼科クリニック)
4.合併症と対処法 平岡 孝浩(筑波大)
5.保険と関連法制 植田 喜一(ウエダ眼科)
6.診療ガイドライン 吉野 健一(吉野眼科クリニック)

■受講資格

各講習会とも第74回日本臨床眼科学会の参加登録をされた方ならどなたでもご参加いただけます。

■申し込み受付期間

2020年9月18日(金)~2020年12月6日(日)17時
下記「講習会申し込みはこちら」から申込フォームにアクセスいただき、必要事項を入力してください。